頑張ってない奴に頑張ってる奴  社会・政治



人気ブログランキングへ 

亀梨和也氏は言った。「頑張ってない奴に頑張ってる奴の事、悪く言う資格なんてないんだよ。文句言うなら頑張ってみろよ」と。まあ口で言うのは簡単だ。どうせ他人事だ。だから訳も解らず勝手な事を言うものではない。話は変わるが、胆振東部大地震以来、ようやく映写機(東映の業務用)を整備してから、また欲が出てフィルムに回帰しつつある。そこで全長版ばかりを気にしてネットオークションで探すようになった。てな事から全長版が掛かるようにと、補助で長尺フィルム用のアタッチメントを作る予定。実は材料もある程度は揃っているのだが、なかなか加工に及ばず、作業が進まない。それは道具に変な拘りがあり、「これがあれば加工も楽なのに」なんて事を思ったりしているからだ。贅沢なワガママだが、作らないと片付かないので何かしらの手を付ければ進むだろう。なので取り敢えず、フィルムを巻くリール位は作ろうとは思っている。最低予備を含めて3つは必要だ。また長々と趣味の話となった。近年は思いついたように映像に"回帰"しており、そんな話ばかりになる。それこそ「好きこそ物の上手なれ」である。

クリックすると元のサイズで表示します

さて「巷では?」だが、(株)サイゾーのwebマガジン「wezzy」のコラムに「NGT48事件をCNNが報道! 「女性蔑視大国」として海外に報じられていく日本」と言うものがあった。そこで海外報道だが、18日にはCNN(米)のニュースサイトで「Why a pop idol’s stand against her assault sparked outrage in Japan」。即ち「暴行に対するポップアイドルの立場が日本で憤怒を巻き起こしている理由」と題し、問題を扱い、「TIME」(米)、「デイリー・メール」(英)等でもNGT48の事件を報じている。これは事件なのだ。しかも犯人は初犯と言う事で釈放され、運営側では被害者に謝罪をさせる異常事態だ。その闇は深そうだが、このコラムの筆者は倉野尾実なる人物だが、そのライター活動は殆どコラムニストみたいな事をしている。そこで倉野尾氏曰く「騒動の原因を分析するうえで、これはNGT48というアイドルグループ固有の問題ではなく、日本社会にはびこる女性蔑視の考えが引き起こしたものであるとはっきり評価しているからだ」と断じる。CNNの記事では事件のあらましと共に「日本が「男女平等ランキング」で149カ国中110位にランクされるほど男女格差の大きい国であること、また、安倍首相が「ウーマノミクス」という名のもとで働く女性に力を与える政策を打ち出したものの、男女平等のためのランキングではG7諸国のなかで最下位に留まっている」と説き、「日本の文化においてはいまだに人々の同情を集めるためには「女性らしい方法」で行動しなければならないという考えに縛られており、「西洋では強い女性は尊敬されるが、日本では、たとえ強かったとしても犠牲者を演じなければならない」」との上智大学の文化研究の専門家であるKukhee Chooのコメントを引用。その上で筆者は事件の分析として、「暴行の被害者がステージ上で謝罪させられる」という理不尽極まりない事態は、日本社会の根底に根強くある女性蔑視が引き起こした問題でもあると指摘をしている。だがこの事件が起きた理由を日本特有の文化のせいにするのは少し方向性が飛躍しているのではあるまいか?それよりも何故「検察は、この事件を暴行事件として立件出来なかったか?」と。(それに尽きる。)NGT48の運営には、その手の事に変に手回し(根回し)の早い弁護士が居るようだ。だが今回の処理には裏がありそうだ。「運営でも1枚噛んでいるのか?」と疑いたくなる。だから「女性蔑視」を事件の思想背景とするのは短絡的で的を得ていない。まるで女性人権運動家のコラムのようだ。

それとこの記事も取り上げておこう。だが何とも情けない言い分だ。共同通信によると「国際捕鯨委員会(IWC、本部・英南部ケンブリッジ)は18日、ビビッチ議長(スロベニア)が加盟国に脱退を検討しないように促し残留を訴える、17日付の加盟国宛て書簡を公表した」との事。これで「『国際捕鯨委員会』の正体がバレた」と言う事だ。共同通信の分析としては、「日本政府が脱退を通告したことに危機感を抱いていることが背景にあるとみられる」。としているのだが、詰まる処、運営資金の不足が原因だろう。それだけ日本から大金を巻き上げていたのだ。そのビビッチ議長の言い分(書簡)も女々しい。なんと「IWCは長い歴史の中で加盟国が幅広い意見を表明し、議論する場を提供してきた」と指摘しているのだ。よくこんな事をいけしゃあしゃあと表明が出来るものだ。コイツら「捕鯨反対」としか言わなかったではないか?然も日本以外の捕鯨国には文句すら言わない不思議だ。つまりこれも反日団体だったのだ。でなければ、大量に捕鯨をしている「特亜諸国(中国と南北朝鮮)にでも言ってみろ!」だ。なのに「多様な意見を持つ活発な組織の一員であることは、われわれ全員に利益があることだと考える」として、加盟国にIWCに留まるよう訴える。今更なんだ?日本が脱退をする事で仕掛けがバレただけだ。即ちこの程度の委員会なのだ。

NGT48事件をCNNが報道! 「女性蔑視大国」として海外に報じられていく日本
https://wezz-y.com/archives/63003
国際捕鯨委、加盟国に残留訴え 日本脱退に危機感か
https://this.kiji.is/459156887939171425
韓国国会で反日法「歴史歪曲禁止法」を発議
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010000-socra-pol
【萬物相】日本周辺に配備される英仏海軍艦艇
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019011880081
韓国制裁、官邸決断か…23日に日韓外相会談 半導体原材料「フッ化水素」禁輸の声も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000007-ykf-soci
日本政府“レーダー照射”新たな証拠公開へ
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15893186/

クリックすると元のサイズで表示します

さて既に本末転倒な状態で、何を言っても信用すらされない国家が韓国である。国際社会からも見捨てられた。だがその現状を惚けているのか、自覚がないのかはもうどうでもいい感がある。「嫌韓」のレベルでさえも越えているのだ。News Socraの記事によると、なんと「昨年の12月、(韓国)与党の「共に民主党」は「歴史歪曲禁止法」という新しい反日法案を国会に上程した。日本の植民地時代を賛美、歪曲する団体と個人を刑法で処罰するという法案で、具体的には慰安婦被害者をはじめ、日本の植民統治と侵略戦争行為に対して歪曲・賞賛・鼓舞または宣伝する者には2年以下の懲役または2千万ウォン以下の罰金を科すことになっている」との事。ちなみにこの法律は、ネットでの行為でも有効だそうた。これこそ言論弾圧だ。益々、民主主義国家からは遠くなっている。日本からは防衛省から新たに作年末のレーダー照射についての証拠が出されるが、日本政府からは経済制裁の実行への動きもあり、もう現実からは逃げられない。

0




AutoPage最新お知らせ