能力を信じる。  コラム



人気ブログランキングへ 

ミランダ・カー(Miranda Kerr、1983年4月20日)さんと言えば、オーストラリア出身の女性ファッションモデルだが、日本企業のテレビ・コマーシャルに立て続けに起用された事もあり、知名度も高い。特に「P&G」での山田さんの印象が未だに強いので尚更だ。なので「親日家なのかな?」と思ったらそのようだ。「へぇー?」と意外な処では、元AKBの小嶋陽菜さんとの親交もあるようだ。そのミランダさんの名言に「自分自身と、自分の能力を信じるようになれば、誰かに拒絶されても挫けずに進んでいける」と言うものがある。その意は兎に角、何があっても自分を信じる事だ。(間違いがないのなら。)話は変わるが、来週は休みをまとめて取ったので、パーツ屋にでも行って電子部品でも揃える予定。だが当日次第だ。揃えるのは標準ジャック(オス/メス)、ミニジャック、ミニミニジャック、ピンジャック、端子、その他だが、その手の変換コードを探すと割とない。そこでまた自作。パソコンにテレビ信号と音声をUSB接続で取り込む為のインターフェースを自作する為に基盤やケースを吟味するのが目的だ。そのインターフェースだが、回路の考察中。(現在はそんな感じだ。)それと部品が既に揃っているのでスマートフォン用の電池式の充電器を作ろうかと思う。昨年、9月の胆振東部大地震時に起きたブラックアウトには参った。つまり転ばぬ先の杖だ。

こんなくだらない個人の戯れ言でも臆する事なく配信出来るのが昨今の情報社会だ。それこそインターネット様々だが、膨大な情報から物事を調べる事が出来る為に世の中の「嘘」が判明したりする。だから闇にも光が当たるようになったのだが、そこで日本を対象にした政治的プロパガンダが明らかにされたのは、仕掛けた側としては誤算だったろう。媒体が特に影響を受けたが、報道に関してはその信憑性から信用を失った。(急に本題だが、)思えばあの民主党政権が「怪我の功名」だ。と言うのも、そりゃあテレビで朝から晩まで"中国韓国"ばかりではおかしく思わないのがおかしい。国内ニュースと海外ニュースの比率も(当時は)逆になった。日本国内のニュースは二の次だ。海外ニュースが全面に押し出された。然もそれも名ばかりで(海外ニュースなのに)"中国韓国"しかやらない。このしつこさも「嫌韓」の原因のひとつだ。韓国人による犯罪も目立って増えた。結局、四六時中、"中国韓国"の話題しか媒体では取り上げないので余計に目立ったのだ。正に「過ぎたるは猶及ばざるが如し」である。おまけに民主党政権は、中国人民と韓国の国民の方を「国民」として認識した。対外政策は日本相手だった。こんな政権は始めてだった。確かに最初は自民党政権のマンネリから国民も飽き飽きしていたので歓迎をしていたのだが、国内感覚まで真逆の政権には面食らった。だから鳩山内閣の終盤は(国民も)悲惨だった。後は御存知の通りだ。現在、民主党系政党が地に落ちた理由も今更だろう。民主党政権は国民の「トラウマ」なのだ。そのマニフェストは、民主党系政党にもトラウマだろうが、国民の失望の度合いが違う。

クリックすると元のサイズで表示します

では「嫌韓」だが、J-CASTニュースによると、北海道余市町にある『ニッカウヰスキー』のサービス関連会社に勤める営業部長の男性が、自身のTwitter上で差別的な投稿を繰り返していた事が問題視され、到頭記事にもなったが、愚痴みたいなもので犯罪ではない。そもそもそれが何故、ニッカウヰスキーの関連会社の人だと判明した理由だが、記事を引用すると「載っていた写真情報などから、ニッカ関係者を名乗っている人物のフェイスブックと結び付けて、「ニッカ関係者が、こんな差別的発言を投稿しているのか?」といった趣旨の指摘もあった」との事。これを調べ上げるのも大したものだが、その男性のTwitterのアカウントには、本名や所属企業名は記されてはいなかった。だが特亜(中国/韓国)ユーザーからの日本人や国家に対するヘイトは問題にもならない。とても納得がいかないが、公平に扱わない風潮を作ったのは「特亜」か関連した組織や団体だろう。尚、23日にはJ-CASTニュース編集部の方で会社側の広報担当者を取材しており、問題の投稿は本人のものであるとを認めていた。(現在、本人のTweetは全て削除済)そこで「事実関係を詳細に確認した上で、厳正に対処したい」と答えていた。(子細は元記事(URL)を参考にして頂きたい。)ではJ-CASTニュースでの記事の扱いだが、引用すると「この男性の過去のツイート内容とされる画像を紹介する投稿が22日頃から注目を集めた。複数の投稿によると、男性ツイッターではこれまでに、複数の著名な野党国会議員を名指しして、「国賊」「朝鮮人」と書いたり、「日本人全て韓国に対して嫌悪感を感じている。反日の方以外ですが」と投稿したりしていた」と。更にニッカを統括するアサヒグループホールディングスの広報部門担当者によると「22日夕以降、投稿に気づいた外部の人々から社に十数件問い合わせのメールがあり、社内で本人への聞き取り調査を行った。その結果、本人の判断により、23日午前0時ごろ、本人がTweetを削除した」との事。まるで犯罪者扱いだ。なれば日本人に関してならば、どんなに蔑視しても良いのか?しかしこの御時世、国内で反日活動をしている政治家は、税金を貰ってまでする事でもなし、朝鮮系の人が起こす事件も益々目立った状況では「何か一言でも言ってやりたい」気持ちも解る。

ニッカ関連会社の部長が差別的ツイート 削除のうえ、会社側「厳正に対処したい」
https://www.j-cast.com/2019/01/23348684.html
北海道のブラックアウト、なぜ起きた?
https://www.google.com/amp/s/business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/022700115/090700147/%3fAMP=1#ampshare=https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/022700115/090700147/

クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ