そんな中でも前向きに  社会・政治



社会・政治blogランキング

「生きていると間違いを犯したり、人から嫌な思いをさせられたりする事もある...でもそんな中でも前向きに生きなきゃいけない。強くあり続け...自分が良い方向へ向かうように学ぶ事」。これはカナダのポップミュージシャンで俳優、シンガーソングライターのジャスティン・ドリュー・ビーバー(Justin Drew Bieber, 1994年3月1日)の名言だが、だからこそ人生だ。ザ・ドリフターズの1967年の映画に「ドリフターズですよ!前進前進また前進」と言う東宝・渡辺プロ共同制作の作品がある。とにかく前向きにやっていれば道も開けるだろう。だが昨今はそんなスローガンめいた理念は古く、軽視され勝ちだが、ある程度の目標に向かって前進する事は必要ではないか?(白けた時代だけに余計にそう思う。)現在の日本には、そんな気質が足りない。バブル期に目の前の欲に翻弄された日本企業は本来のグレードを失った。白物家電の現状を見るにつけ、「Made in Japan」が崩壊したのは悲しい。嘗ての日本製品は、所有する事に優越感があり、実際高性能だった。それは人件費が商品性能に比例するからだ。日本人が作る日本人の為の製品は高品質(高性能)だったのだ。だから世界に通用した。そこで安倍総理に一言。「労基法の改善をせよ」と。企業が厳守出来ない労基法は要らない。ニートが出来る環境を作ったのは労基法の欠陥だ。余剰人員なんてもの日本には居ないのだ。外国人労働者の受け入れに関しては、EU諸国に対しての辻褄合わせだろうが、邦人労働者がまづ先だ。なのに自然の摂理に合わない労基法が足を引っ張っている。性別は差別ではなく、区別なのだ。「一億総活躍社会」は「男女特有の能力を如何に活かすか?」。そこが要の筈。十把一絡げに物事を考えてはいけない。少子化対策にも繋がる案件だ。

クリックすると元のサイズで表示します

さて今やこれしかないが仕方ない。崩壊した「日韓関係」だ。しかしこれ、(遡ると)韓国政府が対日政策として「反日教育」の実施を始めた時代から既に破綻していた。それを隠していたのは帰化政治家やら、その息が掛かった媒体だ。今や世界のネットユーザーからも韓国に取っては日本が敵国なのが周知された(ようだ)が、"この期に及んで"煮え切らないのが公明党や自民党左派の親韓議員達だ。要するに今までお茶を濁していた連中だが、今回は「なあなあ、まあまあ」では済まされない。なのに今更主張する。(そこがズルい。)そこでFNNの記事だが、自衛隊機へのレーダー照射問題に関して開かれた1月22日の自民党の国防部会では、「仏の顔も使い切った」「経済制裁を」「韓国艦船の日本の港への入港拒否を」などと韓国への強硬対応を求める言葉が飛び交ったこの会議で、通常国会において「非難決議を採決すべき」とする意見が出た」ものの、23日には「自民党の森山国会対策委員長は、記者団から韓国非難決議について聞かれ、「まだ私は部会から報告を受けておりませんので」と言及を避けたほか、岸田政調会長も次のように明言を避けた」との事。流石、ユネスコの世界歴史遺産の時に朝鮮人徴用工問題を助長させる原因を作った岸田政調会長だ。(これぞマッチポンプ)

その国防部会では、森山国会対策委員長は曰く「国防部会において決議についての意見も出たということも承知している。ただ、具体的にどこでどういった決議をするのかということについては現在、安保調査会長が外遊中で不在であるということもあり、部会としても引き続き検討するということになっていると聞いている。今後、検討したうえでより具体的なものになれば、改めて、政務調査会長である私のところにも説明あるいは相談に来るのではないか。検討の結果を聞いたうえで、対応について関係者とも相談しながら考えていきたい」と発言したが、どうも歯切れが悪い。尚、公明党幹部からは「そんなことやるもんじゃないよ。(レーダー照射問題は)音だ、映像だってこれだけ証拠もあって勝負はついているんだから。あちら(韓国)をこれ以上追いつめる必要はないでしょう。提案されるまでもなく、そんなのは自民党のなかで潰れますよ」。なんて意見が出た。早い話がどうにか緩和をさせたいのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

何せその公明党の支持母体である創価学会の池田大作名誉会長は、2015年に韓国の北韓大学院大学から「名誉碩座教授」に任命されているのだ。2015年5月8日更新のSOKA-Netによると、その授与式は「2015年5月4日、ソウルの同大学で行われ、創立者の朴名誉総長、宋総長、辛副総長ら大学関係者が列席」。「授与式では、辛副総長が池田名誉会長の経歴や事績を紹介。代理の池田博正SGI副会長に任命状が授与された」との事。「宋総長は授与の辞で、池田名誉会長の人間教育の実践、そして韓日友好のための長きにわたる民間レベルでの交流推進を賞讃。続いて池田名誉会長の謝辞が代読された」とある。つまり日頃の反日活動が評価されたのだ。何せ親日罪があり、反日教育を政府で推進している韓国の大学で交流推進を評価されたのだ。なのでその記事にある韓日友好は殆ど逆の意味だと解釈しても良いだろう。近年は、まるで晩年の金日成のような動向だが、嘗て聖教新聞では一年中、何かの賞を貰っただの表彰されただのと連日記事で絶賛していたので、この名誉碩座教授にしても、その一環みたいなものだろう。同紙は矢鱈と韓国紙のようなホルホル記事が多いが、幾ら信者相手の新聞でもやり過ぎだ。思えばあの「人間革命」とて、まるで共産主義者の発想だ。

海外「もはや韓国は日本の敵だ」 自衛隊機の威嚇飛行を主張する韓国に海外から呆れの声 - 【海外の反応】 パンドラの憂鬱
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2952.html
国会での「韓国非難決議」は幻か 「そんなのやるもんじゃない」与党からも慎重論で雲散霧消?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00010007-fnnprimev-pol&p=1
北韓大学院大学から池田名誉会長に名誉碩座教授称号(2015年05月08日 更新)
https://www.sokanet.jp/topics/kmav7s0000001izs.html
【社説】一触即発危機の韓日関係、速やかな鎮火を
https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=249533
有能ネット民現る! 韓国の公開した画像を3D解析した結果…自衛隊の発表した数値、距離1000m 高度150mが正しいとう結果に
https://anonymous-post.mobi/archives/3191

クリックすると元のサイズで表示します

此処で中央日報(韓国)の社説だが、前半は日本政府に向けての威勢の良い批判を繰り広げながらも急にトーンダウン。引用すると「一方で、われわれ韓国側の外交対応にも問題が多い。連日、日本の「挑発」を強いトーンで非難だけするだけで、偶発的な神経戦を国際紛争水準に引き上げようとする日本の意図を冷静に分析して葛藤を解消しようとする努力は見つけることはできなかった」と。あらあら「駄目じゃん!」だが、そこは新聞社だ。それなりの分析位はしている。結果嘆く。「韓日葛藤が激しくなるほど損害が大きくなるのはわれわれのほうだ」と。具体的には「いま在韓米軍から日本に展開している米軍基地の支援・補給がなければ身動きができなくなる。北核問題も日本を援軍としなければ今後の過程がうまくいかなくなってしまう。下降傾向の経済成長率と不安定な金融環境を見ても日本の対韓投資と通貨スワップ再開は必須だ。毎年800万人の韓国人が日本を訪れている現実だけ見ても、韓日は協力して共に進まなければならない運命だ」と。しかしこんな状態なのに「対韓投資と通貨スワップ再開」を切望するとは身の程知らずだ。こんな事も書かれていた。「安倍内閣は韓国の順位を東南アジアよりも後に置いて、中国との関係を電撃的に改善し、北東アジアの政治地図を揺るがして韓国の孤立だけが加速している局面だ」。「何より文在寅大統領が安倍首相との対話を通じて問題を解決しなければならない。両首脳が最終討論をしてでも、当面の軍事葛藤を解消して、関係を進展させる方案を探っていかなくてはならない」と。そして社説はにっちもさっちも行かない韓国の現状を日本のせいにしながらも文章を結んでいた。話は変わるが、レーダー照射の論点ズラしに指摘した自衛隊機の低空飛行の件だが、韓国防衛省の証拠画像は日本のネットユーザーに解析され、論破されている。民間で出来る程度の捏造をする国家だ。下手に相手にしない方が良い。

0




AutoPage最新お知らせ