取り損ねても、そこから  社会・政治



社会・政治blogランキング

「月を取りに行け。例え取り損ねても、そこから星を目指す事が出来る」。とてもロマンチックな名言だが、これは米国民主党出身の第32代大統領(1933年 - 1945年)、即ちフランクリン・ルーズベルト(Franklin Delano Roosevelt:1882年1月30日 - 1945年4月12日)氏のものだ。つまり日本を大東亜戦争に巻き込んだ張本人だ。戦後はトルーマン大統領が、その意思を継いだが、そんな米国が作った国際秩序の代償は大きかった。それらの束縛は徐々に解けつつあるが、ドイツ同様、馬鹿を見た。国際秩序の背景には絡むものも予想はつくが、オカルトネタでは(偽)ユダヤ系財閥の影響力が示唆される。しかしながら、それを追及するには信憑性が問われるので、想像だけで論じる訳にも行かず、此処までとしておこう。ロスチャイルド家のネタは、そこが難しい。さて朝のニュースでは、沖縄県那覇市の首里城で火災が発生した旨を伝えていたが、既に正殿は燃え落ちたようだ。ちなみに首里城は世界遺産。沖縄の象徴みたいなものでもあるので、地元はガッカリだろうが、地元でなくともショッキングな火災だ。琉球新報によると、31日、「午前2時41分、首里城の警備員から那覇市消防に通報があった」との事。原因の特定はされていないが、誰もが「放火」と思う惨事だ。神社仏閣や歴史的建造物には、(近年)それでなくとも不審火が続く。到頭、沖縄までもだ。真っ先に「特定外国人による犯罪では?」と示唆をされても仕方ない。あの基地移転反対運動家は明らかに(その)特定外国人と思われる者だらけなので思わず危惧せざるを得ないのだ。そんな拠点でもあるので粗方の想像は出来るだろう。おまけに沖縄県知事は「沖縄」を中国に渡す気満々だ。後のニュースでは「首里城」の全焼が伝えてられた。「首里城祭」が開催される手前の出来事だった。

此処で近年?の各種媒体の悪習だ。それは報道でも脚色し、局や新聞社の意向で扇動を絶えず試みる点だ。これはドイツでは厳しく「民衆扇動罪」等に辺るが、日本の場合は左派系団体が憲法を傘に21条の「表現の自由」を理由に逃げ道を作ろうとするが、悪用には変わりない。その論点ずらしが如何にもで、"馬鹿とハサミ"でもないが、「左翼と憲法は使いよう」だ。印象操作には当事者も利用する。嘘には少しの真実を混ぜるだけで『本当の事だ』と大衆は騙されるものだ。尚、21条の拡大解釈を避ける意味で、12条がある事をお忘れなく。

クリックすると元のサイズで表示します

そこでこんな事があった。千葉県は台風の次は大雨で災害も相次いだ為に自衛隊が対応に当たったが、余りにも大規模災害だった事から、その労を労い、防衛相の河野太郎氏の自身の政治資金パーティーで「雨男」発言があったが、反政府媒体では奇妙な言葉の切り取り方をした事から騒ぎとなった。それに関して千葉市長の熊谷俊人氏が自らのTwitterで苦言を呈していたが、やはりこう見られていた。引用すると「被災地の首長として全く気になりません」。「いい加減、報道機関は「問題視される可能性もある」等の世論誘導的な文末の悪癖を直した方が良いと思います」。「こういう文章が入っている時点で、その記事を書く記者、もしくは記事に挿入させたデスク、最終的にはその報道機関を信用できなくなります」と。そこでこう言っちゃあ何んだが「そんなのとっくに解っとるわい!」てなものだ。だから旧媒体離れが深刻になっている。なのに飽きずにやっている。これでは嫌気が指されても当たり前だ。民主党系野党の思惑が外れているのは、その為だ。いい加減にしてほしい。

首里城で火災 正殿ほぼ全焼、他建物に燃え広がる けが人の情報なし
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000001-ryu-oki
石平が警告、玉城デニー「中国一帯一路に沖縄活用」提案の危険度
https://ironna.jp/article/12528
首里城の正殿、北殿、南殿が全焼 沖縄
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20191031-00000068-nnn-soci
玉城デニー沖縄知事、受注業者との会食問題で謝罪
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00000595-san-pol
韓国政府の責任で是正を=菅官房長官
https://www.jiji.com/sp/article?k=2019103000619&g=pol
第二次世界大戦はロスチャイルドとロックフェラーの勢力争いでした。
http://rapt-neo.com/?p=17901
記事関連Twitter:熊谷俊人(千葉市長)@kumagai_chiba
https://twitter.com/kumagai_chiba/status/1189021659253989376

クリックすると元のサイズで表示します

これも「いい加減理解せや!」てな事だが、そこを認める気がないから現在のような状態になっているのが「日韓関係」だ。しかしながら既に破綻をしている事は何故か認めない。その原因となった事だが、日本政府としても、こう言わざるを得ない。そこで時事通信の記事では「菅義偉官房長官は30日の記者会見で、日本企業に韓国人元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁判決を「国際法違反」と批判し、韓国政府の責任で是正策を講じるよう改めて求めた。菅氏は「韓国政府は三権分立や司法権の独立を主張するが、いずれも韓国の国内問題で、国際法上の義務違反を正当化する理由には当たらない」と語った」と。つまりこれ以上の事は、良いよもないのだ。然もこれによる韓国政府のダメージも大きいが、だから「守れ」と言い続けてきた。だが無視。斯くして条約や協定が守れない国家として国際的にも周知されてしまった。此処で「あれは韓国と日本だけの問題!」と言い張ろうが、世界ではそうは見ない。自然と話にもならないので国際経済会議に出席しても相手にされなくなる。現在はその状態だ。その時点で「亡国の危機」だが、とても能天気に見える。

0

1回の伝説  コラム



人気ブログランキングへ 

タレントの江頭2:50が、こんな事を言っていた。「1クールのレギュラーよりも、1回の伝説」と。この人の来歴は言わずもがなだが、芸能事務所「大川興業」の筆頭株主であり、その大川興業は、あの応援団風のグループだが、芸能事務所としても独立していた。その名言?は、つまり物事はインパクトの方が重要だと言っている。「だからなんだ?」だが「そう言う事」なのだ。今日も大したネタはない。民主党系政党は相変わらず、人(与党)の揚げ足を取る事ばかりを考えている。しかし何でも政局化するのは無理もある。だから行き詰まると(国会では)審議拒否だ。基本的に本会議しか出ないが、審議内容も把握すらしていない。なのに「政権交代」を念仏のように唱える。だが国民からの信用は「民主党政権」が失政状態だった事から失い、お手上げの筈。これからの将来、与党になる事はないだろう。今や暗闇にも光が当たる時代だ。仕掛けや仕組みもバレるので「真実一路」しか道はないが、それが「民主党系政党には出来るかね?」だ。

此処で終わらせても良い位だが、何かないかネットで漁ってみよう。すると文春オンラインで「文藝春秋」10月号の特選記事を引用し、「政界引退したアントニオ猪木76歳が安倍首相の対北朝鮮外交を批判する理由」と題したものが在ったが、その内容は単なる責任転嫁だった。これはインタビュー記事だが、政界には参議院議員を計2期務めた。つまり議員を12年務めたのだが、6月末には引退したので今では「どの肩書きになるのかな?」てなものだ。その記事によると「政治家アントニオ猪木のもっとも知られた活動は北朝鮮との外交だ。師匠である力道山が北朝鮮出身だったため、その想いを受け継いで関係を深めてきた。訪朝回数は実に33回。日本の国会議員としてはもちろんトップだろう」とある。そこで引退するに辺り「もの申す」てな訳だ。そこで「拉致問題」に関しての安倍政権の取り組みについてこう言う。「日本にこそ、アメリカ、北朝鮮、韓国を仲介する役割を果たしてほしかった」。「今、日本の外交力は非常に弱体化している。もし安倍首相の周囲にしたたかな参謀が何人かいれば、日本も米朝の電撃会談に何らかの関与ができたはずだ。安倍首相が側近に気の合うかわいい奴ばかり寄せ集めた結果、国家のためと言いながら、実際には自分たちの権力を維持するための政治しかできなくなっているんだろうね。“絶対的権力は絶対的に腐敗する”の格言通りに」と。その上で「日本の外務省から私の話を聞きに来たことは一度もない。外国の外交官からのコンタクトはよくある。日本政府は私を利用すればいいのにね」と。勝手に訪朝しておいてそれはなかろう。何故その際に政府に呼び掛けをしないのか?本人にはそれなりの目的が在っても、拉致問題解決についての案すら、国会で話した事もないではないか?だから傍から見れば、単に私用で行ったようにしか思えない。

クリックすると元のサイズで表示します

なのに、こんな事を言う。「昨年6月、安倍首相が拉致被害者家族会と面会したとき“私は(北朝鮮に)騙されません”と発言したのには驚いたね。もし友好的に話を進めたいのであれば、相応の言葉を選ぶべきだ。大学も出て、それなりの教育も受けているはずなのに、どうしてあの程度の言葉遣いしかできないんだろうね。私は学校も行っていないバカだけど、それでもあれがおかしいことくらいはわかる」。「それなのに今は“無条件で対話する”と言う。発言にブレがあるよ。アメリカから言われたんだろうね。まあ、それでも対話するならいいよ。私は前向きだから(笑)」と。そこで「今からでも、もし政府に協力を求められたらいくらでも私はできる限りのことをする。北朝鮮との交流も、向こうが望むのであれば、そして私にしかできないことがあるのであれば、これからも続けるつもりだ」とまで宣うが、何故そこまでの腹案がありながらも「現役時にアピールさえしなかったのか?」と疑問でならない。後からは何とでも言える。そう言いながらも「拉致被害者家族会」には関わろうとでも思わなかった時点で終わりだ。結局は何も自主的に協力すらしなかった。後からは何とでも言える。
 
政界引退したアントニオ猪木76歳が安倍首相の対北朝鮮外交を批判する理由――文藝春秋特選記事
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191030-00015070-bunshun-pol
反移民の催し「明確にヘイト」 大村知事、法的措置も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000026-asahi-soci

クリックすると元のサイズで表示します

さてヘイトも所詮は、立場上による御都合主義である。特にその手の話題を朝日新聞の記事を参考に取り上げると、依り解りやすい。それによると「「反移民」などを掲げる政治団体が愛知県の施設「ウィルあいち」(名古屋市東区)で開いた催しに対し、ヘイトスピーチ(差別扇動表現)に反対してきた市民団体などが抗議した問題で、愛知県の大村秀章知事は29日の記者会見で、催しでの展示内容はヘイトスピーチに当たるとして、当日に施設側が催しを中止させなかった対応を「不適切だった」と述べた」と。その展覧会だが洒落ていて「あいちトリエンナーレ」に対抗して、なんと「あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」だ。取り替(変?)えなはれだ。これは【日本人のための芸術祭】の一環との事。主催は「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元会長が「党首」を務める政治団体が27日に開いたものだ。記事を続けよう。「展示作品には「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタの読み札など在日コリアンへの憎悪をあおる内容のものがあり、ウィルあいち側も展示内容を確認した。会見で大村氏は「内容からして明確にヘイトに当たると言わざるを得ない」と指摘」。その上で「ウィルあいちを含む県の各施設の利用要領には、「不当な差別的言動が行われるおそれ」がある場合には利用を不許可とする条項がある。市民団体などが当日、施設側に中止を申し入れたが、施設側は「中止を判断できない」として応じなかった。大村氏はこの対応について、「(展示内容が)分かった時点で中止を指示すべきだった」と述べた」と。「政治団体側は施設側の事前の確認に対し、「ヘイトスピーチは行わない」と答えたため、県は施設使用を許可していた。大村氏は「法的手段が講じられるのかも含めて検討するよう指示した」とも話し、催しを開いた政治団体への法的措置も視野に対応を考える方針も明らかにした」とある。しかしこれ在特会の私費での開催。それを愛知県でやった訳だが、あちらは日本に対してのヘイトのみならず、個人への名誉棄損を公費でやっても「表現の自由」なのだから呆れたものだ。それと大村知事だが、その「あいちトリカエナハーレ2019」の法的措置を取ると言う。この人は韓国の知事なのだろうか?何処の為に訴訟を考えているのかを聞きたいものだ。

0

毎に起きる事  ニュース



人気ブログランキングへ 

「我らの最大の栄光は、一度も失敗しない事ではなく、倒れる毎に起きる事にある」。これは英国の詩人(小説家、劇作家)のオリヴァー・ゴールドスミス(Oliver Goldsmith, 1730 年11月10日? - 1774年4月4日)氏の名言。正に七転び八起きだ。それで何処が自身に取って良い時代だったかと振り返るのも、当人がどれだけの事をしてきたかに掛かるだろう。そんなものだ。そこで訃報だ。宝塚歌劇団出身の元東宝女優の八千草薫(本名:谷口瞳)さんが、24日、(午前7時45分)に膵臓癌で死去。享年は88歳だった。大阪府出身との事。葬儀、告別式は既に近親者で行ったそうだ。(記事元:Livedoor News)残念ながら清純派女優として知られた時代は、その作品でしか偲ぶ事しか出来ないが、三船敏郎主演の「宮本武蔵」三部作(東宝:1954)での お通役は正に清純派女優としての「面目も斯くや」たるもの。しかし私生活では不倫の末に20歳近くも年上の映画監督である谷口千吉氏と結婚。谷口氏は再々婚だった。そんなこんなの婚姻関係だったので、後には鴛鴦夫婦として知られたが、その馴れ初めを御存知ないと面喰らうだろう。それにしても1951年に「宝塚夫人」で映画デビューをしてからのキャリアは長い。おまけに1954年の「宮本武蔵」は、米国ではアカデミー賞で名誉賞(外国語映画賞)を受賞。海外にもその名が知れた。そこで同年制作(1955年公開)で日伊合作の「蝶々夫人」(監督カルミネ・ガローネ)で主役の蝶々さん役に起用された。その作品はさわりしか観た事はないが、日本ではようやくカラー映画が普及した時代。色調調整もメーカーから技術者が出向し、丁寧に作られていた。当時のカラー作品が、如何にも豪華絢爛な感があるのはその為だ。在り来たりの言葉で恐縮だが「昭和を代表する名女優が亡くなった」。フリーになってからの活動も見ての通りだ。テレビドラマでも然りだが、倉本聰企画のドラマが遺作となった。病気とは言え大往生だ。

クリックすると元のサイズで表示します

これも結局は「言葉狩り」だと思うのだが如何なものか?それは文部科学相の萩生田光一氏による「身の丈」発言だが、この手の報道機関は『反政府で反日』の朝日新聞の記事の方が"意図丸見え"なので、それを参考に伝えよう。引用すると「発言は24日夜のBSフジ「プライムニュース」でのもの。英検などの民間試験の利用で、受験生の経済状況や地理的条件によって不公平が生じないかと問われ、「それを言ったら『あいつ予備校通っていてずるいよな』というのと同じ」と反論。「裕福な家庭の子が回数受けてウォーミングアップできるみたいなことがもしかしたらあるのかもしれない」と述べた。試験本番では、高3で受けた2回までの成績が大学に提供されることを踏まえ、「自分の身の丈に合わせて、2回をきちんと選んで勝負して頑張ってもらえれば」と答えた」と。これは明らかに記者に釣られた発言だが、こうとも書かれている。「萩生田氏は28日、不公平を容認しているとの指摘に対し、「どんなに裕福でも2回しか結果は提出できないので、試験の条件は平等な制度」と強調。「民間試験なので、全ての人が(本番の)2回しか受けてはいけないというルールにはなかなかできない」などと述べた」と。別におかしな話はしていない。学力には個人の素質がある。噛みついたのはどうせ反日左派の野党だろうが、あまりにも劣等感丸出しではないか?記事の締めくくりでは「菅義偉官房長官は28日午前の記者会見で、萩生田氏について「適材適所だと思う」と述べた」が、別に問題のある発言とは思えない。

八千草薫さん死去 88歳 膵臓がんで…映画「宮本武蔵」ドラマ「岸辺のアルバム」
https://news.livedoor.com/article/detail/17297702/
萩生田文科相「身の丈に合わせて」発言を謝罪 英語試験
https://www.asahi.com/articles/ASMBX3H6YMBXUTIL00B.html
菅原経産相辞任、立憲は追求する構え → 松井市長 「国会以外の場所で追求すればいい。日本の課題を先送りする無責任な野党の体質に辟易」
https://snjpn.net/archives/164122
河野防衛相「私は雨男」と発言 台風被害の自衛隊派遣
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00000180-kyodonews-pol

クリックすると元のサイズで表示します

さて何かと政府の反勢力は、政府の足を引っ張る事しか頭にないので、絶えず対象の大臣や政府に近い者達の失言やら行動をチェックしている。そこで酷いのが、そんな野党に媒体が協力してる点だ。その現実について「日本維新の会」代表で大阪市長の松井一郎氏が、囲み会見の際に苦言を呈した。それは元経済産業相の菅原一秀氏の辞任についてだが、記者に問われると松井氏曰く、「政治家個人の倫理の部分で国会を停滞させてはならない、との判断をされたのだろう」と一言。そこで記者から「立憲」が追求する事を伝えられると松井氏は「個人の問題は国会以外の場所で追求すればいい。なんでも政局にして日本の課題を先送りする無責任な野党の体質に辟易」。正にその通りだ。なれば立憲民主党国対委員長の辻本清美氏と関西生コンの関係も国会で追求すべきだろう。河野太郎防衛相が、28日に東京都内での政治資金パーティーでの「雨男」発言に関しての野党の突っ込みも同様だ。しかしこれ、災害派遣された自衛隊員らの苦労を労う上での話。だが共同通信では逆の意味で捉えており、野党に加勢した記事になっている。そこで河野防衛相の発言だが、実際はこんな事を言っていた。河野氏曰く「私は地元では雨男と呼ばれている。現に私が(防衛)大臣になってから、台風が3つ。その度に自衛隊に出動してもらって大変申し訳ないし、ありがたい。自衛隊の処遇を上げるよう尽力せねば」と。なのにこれを切り取り、不謹慎として印象操作をしたのはテレビ朝日等の反日左派のテレビ局だ。この前もテレビ朝日は報道姿勢について、問題視されたばかりではなかったか?その報復ならば馬鹿らしい。

0




AutoPage最新お知らせ