無器用  独り言



人気ブログランキングへ 

大河ドラマでは幾度も配役に配置される戦国大名の毛利元就氏の名言に戦の例に挙げ、「全て主人が家内の者を失う事は、その主人が無器用だからである。器用ならば、そのような事はない筈である。その家の主人が器用であったならば、人を失わないで、よく治めて行ける訳である」と言うものがある。これは未だに「長」が付く役職者は念頭に置くべき名言だろう。当たり前だが、部下を従える者は、その部下を守るのも仕事の内。実際に支えられて成り立っているのだから、そこを蔑ろにすると遂には自身に跳ね返って来る。そんなものだと思う。

最近、パワハラが問題となっているが、それこそ「驕り高ぶる事なかれ」で、部下や部隊単位としての仕事を見るのならば、それ在っての仕事が成立するので、部下を尊重して使うと上手く行く。部隊の者に格差を付けても駄目だ。その理由は部隊自体の連帯性がなくなるからだ。中には互いに競わせスキルを上げれば全体のスキルが上ると思っている人も居るようだが、それは大いなる勘違い。部隊自体の協調性が無くなる。即ち連帯性が成り立たなくなり、部隊が崩壊してしまう。これ一見、理想論みたいな感もあるが、組織の基本だ。それ程に協調性と言うものは大事なものなのだ。何でもそうだが、初めて何かをする時に最初からベテランの人は居ないのだ。教える人が居るから覚えて仕事が出来るようになるのだ。よく有り勝ちな事として、人によっては自身が器用だと言って、教えた人よりも上手くものが出来るようになったからと、師匠に辺る人を見下す者も居るようだが、大いなる勘違いだ。「初心に戻る」と言うのは、それを含めているのだ。なのでそんな人を見た時は逆に「可哀想な人だな?」と思う。人間は知性があるから人間なので、知性も蔑ろにしてはならない。精神まで壊れてしまう。

さて「巷では?」だが、芸能界きってのおしどり夫婦として知られた藤本敏史(49)、木下優樹菜(32)夫婦が離婚だ。あのタピオカ騒動以前から別居状態だったとの事だが、やはりそのタピオカで踏ん切りがついたと見られても(内情は)仕方ない状態らしい。大晦日にこんなゴタゴタもアレだが、フジモンはともかく、ユッキーナの場合は復帰のリスクが更に重くなった感がある。しかし芸能人とは言え、所詮は他人の家の事。冷たいようだがどうでも良い。それとこの手の記事は「講釈師、見て来たように嘘を言い」なのだから内情については想像に過ぎないだろう。政界関連の記事も取り上げておこう。然もこれは互いにイメージの悪い政治家の話だ。それは「立憲民主党」蓮舫副代表と「NHKから国民を守る党」丸山穂高衆院議員のTwitterによる罵詈雑言合戦だ。

デイリー新潮の記事を引用すると、それは29日の事で、蓮舫氏は「国会を休み何も説明していない河井衆議院議員と河井参議院議員。安倍総理は法務大臣辞任の時には『深くおわびする』と陳謝したが、自民党総裁として彼らに説明を求めてはいない。カジノ疑惑の秋元元副大臣の件では陳謝も、全容解明も口にしていません」とtweet。そこで丸山氏、「そういう、蓮舫さんの二重国籍の問題はいつのまにか曖昧なままですよねー(棒)」。 「いつもあんたら立憲国民らが言うように、それも(ついでに最近なら初鹿議員のも)国民や他の政党が納得するまで説明すべきではー、と多くの方が思ってますね」と指摘した。「良いお年を!」との突っ込み。こんな政治家に税金を払っていると思うと馬鹿しいが、これも現実か?後は年の瀬にアレだが、朝鮮戦争が再開する可能性がある。来年も色々と在りそうだ。米韓関係も崩壊寸前なのだ。北朝鮮問題も解決していない。

フジモン、ユッキーナ離婚 1年前からマンション内別居 夫婦共演CM満了で“けじめ”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000001-spnannex-ent
丸山穂高議員 蓮舫氏の自民批判&説明要求に「二重国籍の問題は」「いつもあんたら…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000046-dal-ent
平壌に住民総招集令、北朝鮮で今起きていること
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191230-00058807-jbpressz-kr

クリックすると元のサイズで表示します

此処で私事だが、クリスマスイブに大腿骨骨折の為に入院した父が、無事に手術を終え、痛みが消えた事から絶好調のようだ。年を越える前に一件落着だ。しかし実は、その怪我をした足も高齢の為に軟骨が擦り減っていた事から、こうなる前から歩行に苦労をしていた。処が骨折をした事で大腿骨の根元を人工骨で継いだので、今まで難儀していた痛みが解消されたようだ。もう足首からリハビリが始まっているが、術跡が完治したら膝から上のリハビリも始まるので来年に家に帰って来るのも割と早そうである。戻って来たらクリスマスと正月のやり直しを食べ物でやってみよう。今日は宝くじの抽選日である。当たれば良いが?

0
タグ: 大晦日 無器用

七分は怠り  ニュース



人気ブログランキングへ 

戦国大名でもある武田信玄の名言だ。曰く「およそ戦と言うものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず」と。つまり「何事も程々に」と言う事。書いてある通りだが、完全無欠は理想でも、そんな完全なものは存在はしないものだ。豊臣秀吉も似たような事を言っていた。今日は父が大腿骨の修復手術をする日だ。その当人は、既に術後のスケジュールを立てているので気力は充分だ。(それが一番の救いだ。)手術は執刀医からのリスクの説明後、約4時間の予定だが、コンディション次第だろう。(それを整える為の様子見だった。)無事に終わる事を祈るばかりだ。そんな事があったので、こんな話の枕になった。しかし高々(何の影響力もない)弱小blogである。

クリックすると元のサイズで表示します

さて「巷では?」だが、作家の室井佑月さんは(とやかく政府批判をする割には)、政治への知識が(変に)ない事が幸いし、その矛盾点に気がついたようだ。そこでアノ案件について、自らのTwitterで発信をしてるのだが、経緯を順に追うとこんな感じだ。とても素直な意見だ。

室井佑月 @YuzukiMuroi 7:23 - 2019年12月27日
「ネトウヨな人がカジノ反対する前にパチンコだろっていってくるけど、パチンコだって IRに参入する。
だって、外国人観光客じゃなく、ほぼこの国の人間をカモにしようと思ってんだから。
早くわかってくれ。」

https://twitter.com/YuzukiMuroi/status/1210325234957484032

室井佑月 @YuzukiMuroi 7:31 - 2019年12月27日
「7?8割は日本人客になるといわれている。
パチンコ依存症などが問題にされて等しいが、博打をする場所が増えれば、もっと問題を大きくすることにならないか?」

https://twitter.com/YuzukiMuroi/status/1210327375579242496

クリックすると元のサイズで表示します

室井佑月 @YuzukiMuroi 7:48 - 2019年12月27日
「カジノに賛成する人が、国民が依存症になろうが、パチンコに制限をかけるわきゃない。
IRにはパチンコ会社も絡んでる。一緒に儲けようとしてる。
そして、パチンコ会社にも政治家が絡んでる。結婚式に出たりするくらい仲良くね。」

https://twitter.com/YuzukiMuroi/status/1210331685146873856

室井佑月 @YuzukiMuroi 7:50 - 2019年12月27日
「けど、ネトウヨな人はそれがわからず、カジノ反対というと、パチンコはいいのかよ、と絡んでくるわけ。」
https://twitter.com/YuzukiMuroi/status/1210332144872017920

室井佑月 @YuzukiMuroi 7:53 - 2019年12月27日
「と、ここまで書いてもわからない人がいる。」
https://twitter.com/YuzukiMuroi/status/1210332859174551552

まあネトウヨ批判はともかく、事の真髄を突いているのは知識不足による無垢な反応と見て良かろう。その疑問は室井さん当人の意識とは無関係に与野党政治家に絡む案件だけに、実はデリケートな問題。民放局なれば、当たり前に番組のスポンサーだったりするので、これをテレビで発言すると、番組MCに話を反らされるかも知れない。そこが業界の都合だ。

クリックすると元のサイズで表示します

それと「此方も都合なのかな?」だが、読売新聞によると「日本政府は、韓国憲法裁判所が元慰安婦らの請求を却下したことについて、「当然の結論だ」と受け止めている。韓国憲法裁が却下の理由で「元慰安婦らの賠償請求権などを侵害する可能性があるとは見なしがたい」と指摘したことについては、外務省幹部は「日本政府は日韓間の賠償問題は、1965年の日韓請求権・経済協力協定で解決済みとの立場だ」と強調した」と。27日の事だ。思わず「そりゃそうだ」だが、色々と言いながら結局、韓国は日本にどうにかしてほしいのだ。しかしながらこれ、韓国憲法裁判所としては韓国政府の見解を尊重はするが、元慰安婦らの請求は「また別の話」なのだ。だから茂木外相は釘を刺すように「日韓合意は慰安婦問題について最終的かつ不可逆的な解決を日韓両国で確認し、国際社会も評価した。日本は合意を誠実に履行している」と韓国政府に慰安婦問題終結合意の履行を促している。その件に関しては幾度も述べるが、韓国側がどう言おうと全てのボールは韓国政府にある。

元慰安婦らの請求却下、日本政府「当然の結論」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00050207-yom-pol
立・国幹事長、合流で一致 年明け党首会談で最終判断
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019122700932

クリックすると元のサイズで表示します

さて危惧した父の大腿骨の復元手術は無事に終わり、すっかりと安心したが、これで生活のリズムも元に戻す事が出来る。ありがたい事だ。そこでblogの続きだ。年明けの話だが、やはり民主党系政党は合流をする予定。だが方針の違いで仲違いをしたのに正直"今更"で「またどうせ分裂するんでしょ?」と、あまり期待はしていない。その会談は27日で東京都内のホテルだったが、立憲民主党の福山哲郎と国民民主党の平野博文両幹事長で行った。時事通信によると「年明けの党首会談で最終判断する」との事。この時点で「ダメじゃん!」だが、内容は「衆参一体での合併を確認。(1)次期衆院選の小選挙区と比例代表の重複立候補は比例名簿登載を同一順位とする(2)代表選規定を速やかに策定する」らしい。ちなみに両幹事長が記者団に述べた事だが、福山氏曰く「一つの政党になることを目指し、自民党政権に代わって政権を担い得る強力な態勢を築く必要性を共有した」とし、平野氏曰く「大義のために大きな固まりを目指して頑張っていく」との事。そこで「肝心の政策は?」と相変わらず『国民そっちのけ』な事に呆れる。支持率が政権交代に届く状態にする事が先だ。(それこそ反日思考の帰化人以外は期待をしないだろう。全く現実味がない。)民主党政権の失政が国民に与えたのは失望だけではなく、取り巻く組織や黒幕がした「政権交代」のプロセスがバレた事だ。だから反日媒体によるプロパガンダも今や効力はない。民主党政権時代と共にネットユーザーの旧媒体に関する不信感は増した。扇動効果も薄れた。

0

常々  ニュース



人気ブログランキングへ 

「負ける事のない戦いに負け、滅ぶ事のない家が滅ぶのを、人はみな、天命と言っている。自分は天命とは思わず、皆そのやり方が悪い為であると思う。常々やり方をよくしておれば、負ける事はあるまい」。武田信玄の名言だ。武田信玄については何の説明も要らないだろう。その名言もアレだが、何事も要領次第だ。さて明日は父の手術日である。年の瀬に世話しないが仕方ない。リスクと言えば、父の年齢だが、本人の気持ちとは裏腹に病院側ではその後のリハビリの話ばかり。そりゃあ患者には早く退院をしてもらって病室を空けたいだろう。そんなものだ。その当人と言えば、大晦日の「年末ジャンボ」の抽選を楽しみに待っている。理由はともかく気力がある。

此処で仕切り直して「さて巷では?」だが、日経新聞(元記事:共同通信)では日本の媒体、テレビ局も然りで、その現状を示すような記事があった。引用すると「酒に酔い、路上で面識のない男性を殴って負傷させたとして、青森県警八戸署は28日までに、傷害容疑で、日本テレビ社員で報道局所属の韓国籍玄昶日容疑者(47)=東京都荒川区東日暮里3=を逮捕した。逮捕は27日。容疑を認めており、送検後の28日午後に釈放された。署が任意で捜査するとみられる」と。以前では韓国籍である事は隠され、単に日テレ社員のみの報道だろうが、最近は変化が見られる。とは言え、なれば名番組の「世界まる見え!テレビ特捜部」が時に"韓国まる見え"になるのは当たり前だ。民主党政権時代が特に酷く、ワイドショーみたいな番組でも海外の話題が特亜がトップなのだった。

クリックすると元のサイズで表示します

何も日本テレビに限った事でもないが、フジテレビを先頭にずいぶんと感覚が狂っている。まるで特亜の話題が国内報道扱いなのだ。だから日韓は『韓日』、日中は『中日』のような感覚だ。NHKでさえ、報道では国旗の扱いが変で日本の国旗を先頭にしない。つまりそれらのテレビ局では韓国や中国が国内なのだ。その「世界まる見え!」では、よく「我が中国は」とのナレーションがあるが、やはり違和感がある。共産党員みたいだ。

日テレ社員、男性殴打疑い 逮捕後に釈放
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO53967080Y9A221C1000000
「北の挑発」を総力監視…米国「潜水艦キラー」がまた韓半島飛行
https://s.japanese.joins.com/jarticle/260959?servcode=500§code=500
中国人の7割「中国のイメージは良くなってきている」
https://www.recordchina.co.jp/b770337-s10-c10-d0046.html

クリックすると元のサイズで表示します

中央日報(韓国)の記事によると北朝鮮のXデーは1月8日だそうだ。その根拠だが、米国はやはり警戒しており、記事を引用すると「北朝鮮の挑発予告当日の25日にも、米国はE−8C、RC−135S、RQ−4グローバルホーク、RC−135Wリベットジョイントの4種類の米軍偵察機を通じて韓半島状況を偵察した」とある。それは結局なかったが、「26日(現地時間)のCNNによると、トランプ米政権は北朝鮮が武力挑発をする可能性がある期間を来年1月8日までとみている」と。その日は金正恩国務委員長の誕生日なのだ。「だからなんだ?」だが、一時期は罵詈雑言の大喜利状態なので、互いに観測気球でも上げている状態か?北朝鮮と米国との緊張状態は割とポーズだけのような感じがする。では中国だが、そんな情勢から環球時報傘下の環球世論センターはこのほど年度世論調査「中国人の見る世界」を実施した処、こんな結果が出た。レコードチャイナの記事によると「オンライン上のアンケート記入方式で無作為抽出調査(11月20〜29日)を実施。中国の大部分の省(自治区・直轄市)から2286件の有効回答を得た」との事。すると「過去13年の調査と同様、中国に対して最大の影響がある二国間関係として回答者が筆頭に挙げたのは「米中関係」(82.1%)だった。次が「中露関係」(42.1%)で、「米中関係」を大きく下回った。3位は「中国EU関係」(33%)で、他の二国間関係はいずれも10%未満だった」とある。確かに今や米中冷戦みたいなものだ。なればロシアしか組めないと世論が靡くのは理解出来る。米国は日本みたいな訳には行かず、場合によっては最悪を考えねばならないだろう。

0




AutoPage最新お知らせ