楽しくないもの  社会・政治



社会・政治blogランキング

明石家さんまさんがこんな事を言っていた。「楽しくないものをどうすれば楽しいか、と言う事を考えていくと楽しいんです」と。この人は根っからのコメディアンなのが解るが、だからこそ、いつもあんな調子なのだろう。嘗ては還暦で引退なんて事を言っていたが、若手のレベルも落ちていて、何せあのM1グランプリでは出場者が審査員への口答えをするのも当たり前になった。呆れたものだ。なんと言うか、若手芸人の笑いの範囲が狭いのだ。つまりある世代にはウケるのだが、そのポイントが狭い。なのに現状を認めたくはない若手芸人が割と居て、折角のヒント(審査員のコメント等)を活かせない。実際、そんな芸人は芸のトゲが別の面に出て、見るのがキツイ。個人攻撃等がそうだが、政治批判は特に的外れだと言えるだろう。風刺で触れるだけの芸がないので、どうしても直接の批判になってしまう。そんな批判は市民団体の集会レベルだ。それを寄席とかでするのが"そもそもの間違い"である。だから現在のお笑いには興味がない。世代交代がないからだ。

さて巷は益々「新型コロナウィルス」で持ちきりだが、総理の"緊急事態宣言"に関し、この現状で文句を言っている場合ではない。実際にそんな連中は当事者になれば結局は同じ対応か、体制すら整える事も出来ないだろう。民主党政権が『東日本大震災』で実例を見せている。それと災害の際にはデマも付き物だ。全く関係ないのに巷では紙不足だそうだ。更には納豆も?これはSNSやらTwitter、Instagramで拡散された噂が元のようだ。結局、スマートフォンやらの小型端末での通信が普及しても、やる事は同じなのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな時に(本当に)役に立たないのは特定野党だが、『国民民主党』だけが、切羽詰まるとマトモな行動をする。代表の玉木雄一郎氏が2月28日の自身のTwitterで「先ほど安倍総理に直接連絡し、今回の一斉休校について現場から上がってきている問題点を伝え、速やかに対応してほしい旨申し入れた。特に仕事を休まざるを得ない人に対する休業補償や、急速に悪化する経済に関し、補正予算を組んで緊急経済対策をやるべきと伝えた。やらせてもらいますとの返事だった」と様子を伝えている。これが野党のあるべき姿で、非常事態なれば尚更なのだが、立憲民主党は相変わらずだ。何でも反射的に物事に逆らうばかりでは進歩がない。

「マスクと同じ原料」などデマ拡散でトイレットペーパー品薄に…業界団体「在庫は十分」
https://topics.smt.docomo.ne.jp/amp/article/yomiuri/nation/20200229-567-OYT1T50209
新型コロナのデマに踊る人々に映る深刻な錯乱
https://toyokeizai.net/articles/amp/331322?page=3
首相、全国の小中高校に3月2日からの臨時休校を要請
https://www.asahi.com/sp/articles/ASN2W652BN2WULFA03L.html
外務省が韓国全土に危険情報、注意呼びかけ  2月28日
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3917933.html
韓国外交省、日本全土への「旅行留意」警報発令  2月29日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200229-00050045-yom-int
記事関連Twitter
玉木雄一郎 (@tamakiyuichiro) :
https://twitter.com/tamakiyuichiro/status/1233277286331240448

クリックすると元のサイズで表示します

これは後書きだが、何となくこんな状態なので、心がのんびり出来るようなものでも観ようと言う事で、信州の民話「龍の子太郎」のアニメ映画を観た。この作品は1979年公開だが、東映動画(株)では久々の長篇で、然も極めて日本的な題材だ。そのモチーフは、TBS「まんが日本昔ばなし」のOpで使われているが、改めて観ようと思ったのは昨年春のNHK朝ドラ「なつぞら」で主人公のモデルになった奥山玲子さんが、作画監督を務めた作品だったからだ。昨今は何故か日本的なもの自体が否定をされているようだが、その裏は在ると思う。特に民話なれば作り手が光を当てないと作品として表に出るような事はないだろう。だからこそ何かと『韓流』を絡める風潮では、益々埋もれてしまう。それでなくとも日本映画自体のナショナリズムが弱くなっている。それが意図的なものか、組織が絡んだものかは不明だが、それも今更野暮と言うものだろうか?とても残念で悲しくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ