弱音は死んでから  独り言



社会・政治blogランキング

「弱音は死んでから吐けばいい」。これは漫画家の真鍋昌平さんの名言。その名でピンとこない人も居るだろうが、「闇金ウシジマくん」の作者と説明をすれば解る人も居るだろうか?この手のジャンルの作品の作家とはそう言うものだ。さて今日は休みだ。気になるのは父の病状だが、病院に症状を確認する度に危機的な状況は「以前よりは軽くなったのかな?」てな感がある。病院には色々と釘を刺しておいた。これは日本医師会の指示もあるのだろうが、今月の15日まで「新型コロナウイルス」対策の為に各病棟の面会を禁じている。そもそも総理による「緊急事態宣言」も日本医師会の希望(助言)なのだから当然の事だろう。朝日新聞がネットで「新型コロナウイルス」に対し、「デマを広げるな!」と言う主旨の記事を挙げているがトンだお笑いだ。そんな「デマの宝庫が何を言わんや」だ。昨日の国会での参院予算委員会で立憲民主党の福山哲郎氏が「総理、嫌でしょうが、桜を見る会について質問させて頂きます。時間が余ればコロナ対策もやります」なんて事を言っていた。これだけ感染が拡がろうが国民の事なんぞどうでもいいのだ。それにしても立憲民主党は何処を見て政治活動をしているかが解らない。国会での各議員の質疑もまるでテレビの報道バラエティー番組状態で全て逆張りの質問しかしない。常に難癖ばかりである。まるで文句を言う為に文句を考えているような質疑ばかりをしている。特にそのオールスタア達はそうだ。本気で『政権交代』を考えているようにも思えず、支持率や党の評判も大して気にもしていないように思える。だからあれだけの滅茶苦茶をやっても、どうでもいいような状態なのだろう。

こんな時にタイムリーな記事。日本維新の会の鈴木宗男参院議員が、そんな左派系政党の国会でのやり取りを批判したのだが、これを「国会で機会が在ったら追及してほしいな?」と言う内容の記事がzakzak(夕刊フジ系)にあった。夕刊フジが鈴木氏に取材をした際のものだ。そこで氏の意見のみを抜粋すると「安倍政権は『未知のウイルス』に手探り状態でも、感染拡大を抑えるために必死にやっている。一方、国会で質問に立つ(左派の)野党議員は揚げ足取りや、重箱の隅をつつくような質問ばかりで、無責任だ」と。以下、2日の参院予算委員会での批判だ。続けると、「国家の緊急事態には、与野党関係なく知恵を出すべきだが、(左派野党の質問は)お粗末だ。実は、政治家として自らの限界を感じているのではないか」とも。それとこのblogでも取り上げたが、辻元氏が代表を務めた政党支部が2016年の政治資金収支報告で、民進党(当時)のサポーター会費を、生コン業界の労働者でつくる「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(関生支部)から集めて、同党大阪府連のパーティー代に“流用”したと受け取られかねない事務処理をしていた疑惑についてだ。同紙では「辻元氏の事務所は「会計帳簿、収支報告書は(郵便)払込取扱票に基づき、正しく処理されていた」「払込取扱票を振替伝票に張り付ける際、事務処理上のミスがあった」「サポート会費がパーティ代に使用された事実はない」と回答した」と。それに対して鈴木氏は「辻元氏は事務処理ミスを認めているが、ふざけた話だ。疑惑を持たれた以上、堂々と記者会見して説明責任を果たすべきだ。2月12日の衆院予算委員会で、辻元氏は『鯛は頭から腐る』と捨てゼリフを吐いた。安倍首相は『全く意味のない質問だ』と返していたが、当然の反応だ。辻元氏はいつも世論受けする、どぎつい表現をするが自己満足に過ぎない。辻元氏は政治家としての矜持(きょうじ)を持つべきだ」と語った」のだが、これを機会があったら是非とも国会で追及してほしい。あの政党に突っ込めるのは鈴木宗男氏のような議員しか居ない。それにしても日本維新の会に鈴木氏のような議員が居るのは心強い。

デマを広げない力 トイレ紙は十分、27度の湯は無意味
https://www.asahi.com/articles/ASN32571ZN32PLBJ001.html
蓮舫氏「安倍内閣の新型コロナ対応は1月半のあいだ後手後手!」→ 立憲民主党の1ヵ月半がこちら…
https://snjpn.net/archives/183199
“ムネオ節”炸裂! 鈴木宗男氏、“天敵”辻元氏に「会見して説明責任果たせ」「野党は重箱の隅つつく質問ばかりで無責任」
https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/200303/pol2003030001-s1.html
記事関連Twitter
Mi2 (@mi2_yes):
https://twitter.com/mi2_yes/status/1235072603955400704/video/1

クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ