限界は自分  コラム



社会・政治blogランキング

「限界は自分で考えているよりも遥か先にある」これはプロサッカー選手(トルコスュペル・リグ・ガラタサライ所属)の長友佑都(1986年9月12日 - )氏の名言。スキルが上がる程、その限界も上がるような感じがする。そんなものだ。小生、本職が技術屋なのでよく解る。(現在は開店休業中だが?)しかしながら技術屋のスキルは何かと役に立つ。それは日常生活でも趣味でも何でもいいのだ。小生の場合は映像や音響だが、割りと応用が出来るものだ。さて「新型コロナウイルス」の拡大防止の対策として、厚生労働省では、本日9日から(日本人を含む)中国や韓国からの入国者に2週間の待機を要請する事となったのだが、これは政府が6日に閣議決定をした『入国制限』に追尾したものだ。今更ながらの対策ではあるが、やらないよりはマシだ。尚、それについては韓国のみが理解をしていない。そこに自国民からの疑問の声が挙がっているらしいが、実際の処は不明だ。それにしてもと思うのが北海道の感染者数だ。なんと昨日(8日)にも新たに3人増えて計101人である。そこで何故、北海道の感染者数が最多になったかだが、それとて今更だ。「ニセコを見よ!」。これが答えだ。

クリックすると元のサイズで表示します

その元町長と言えば現在、立憲民主党政務調査会長で同党北海道連合代表でもある逢坂誠二衆議だが、確かに地元では悪い評判は聞かず、大先生さま扱いだ。しかしニセコでやった経済活性化政策が、その後の大々的なインバウンドの受け入れに繋がるのだから解らないものだ。その点では確かに先駆者で、発端を作った張本人ではあるものの、如何にせん、バランスが偏ってしまった。現在のニセコは外国人に占領された状態だ。つまりあれだけ中国人や韓国人旅行客を受け入れても、日本人旅行客とは違い、お土産屋さんが儲かる訳でなし、そもそもメモリアルなんて感覚がないので、逆に値段で叩かれ、ギリギリの状態で受け入れるしかなくなる。金は払わないが文句は多いのだ。温泉街では定番である饅頭さえ売れない。だから観光で食っていた記念写真屋も大打撃。その手の団体は写真なんて撮らないのだ。斯くして観光に付随していた定番の商いが衰える。

明らかにマーケティングリサーチ不足だが、そもそもリサーチすらしないで受け入れたのではあるまいか?そこで北海道のインバウンドだが、それは小泉政権下の2003年(平成15年)に立ち上げた『ビジット・ジャパン・キャンペーン』に端を発する。(国土交通省が音頭を取った。)それから間にはリーマンショックはあったものの、10年位で形になっていた。その頃から国内旅行客とインバウンドの比率が逆転してくる。観光に付随していた定番の商いも目に見えて衰退してきた。インバウンド関連の観光客の御目当ては家電量販店であり、ドラッグストアである。然も中国人観光客は、アノ『爆買い』だ。つまり以来の観光客とは異質なのだ。だから(インバウンドに関しては)ホテルと旅行代理店しか儲からない不思議な事が起きる。そのオチが関連企業の衰退だ。目先の利益だけで、国内旅行客を蔑ろにした天罰であると言えるだろう。これはバランスの問題だ。

クリックすると元のサイズで表示します

で、この人は相変わらず単純だ。北朝鮮がこの期に及んでミサイル発射をするなかで、新型コロナウィルスに対しての政府対応への批判。然も見事な掌返しだ。「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)で今日(9日に)またやらかした。同局解説員の玉川徹氏がこんな事を言っていた。スポニチによると「新型コロナウイルス感染者21人を乗せて米西部カリフォルニア州沖にとどまっているクルーズ船「グランド・プリンセス」が、同州サンフランシスコ近郊のオークランド港に入港し、乗客約2400人は順次下船させる見通しになったことに言及した」との事。それに対し玉川氏曰く「米国がクルーズ船の中の乗客を降ろすと決断したってことですよね。そうすると日本政府は降ろさないっていう決断が正しかったと言ってるんですけど、米国はそう見てない。つまり日本の対応が良くないと思ってるからこそ日本と違う対応を取るってことでしょうね」と。とは言うものの、日本でのそれは全く「新型コロナウィルス」に対しての情報が極めて薄い状態での対応。一律にものを言うものではない。逆に事態を軽く見て、簡単にクルーズ船の乗客を降ろしたイタリアの現状が7000人の感染者だ。検査のやり方にしても優先順位を考慮しないと韓国のようになる。方法もそれぞれだ。ちょっと前まで政府方針に賛同した玉川氏だが勝手なものだ。話は戻るが、朝鮮労働党委員長の金正恩氏が後継者の指名を済ませてからの相次ぐミサイル発射は何かしらの意図あっての事か?こちらも相変わらずではあるが、状況が今までとは少しばかり違う感じがする。

中韓からの入国制限、第三国経由も対象 新型コロナで
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO56541420Y0A300C2CZ8000
北海道 新たに3人感染確認 道内の感染者101人に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200308/amp/k10012319961000.html
玉川徹氏 米国のクルーズ船対応に「日本の対応が良くないと思ってるからこそ…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200309-00000120-spnannex-ent
北朝鮮が弾道ミサイル複数発射か 日本のEEZ外側に落下 政府
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200309/amp/k10012320531000.html
蓮舫氏「水際対策すべて後手後手、許しちゃいけない」
https://www.asahi.com/sp/articles/ASN363PKYN36UTFK009.html

クリックすると元のサイズで表示します

これぞ「いけしゃあしゃあ」とだ。朝日新聞の政治家の発言録(2020/3/6 11:30更新)から立憲民主党参院幹事長の蓮舫氏が参院会派の会合で話した事だが、その内容は「後からならば、どうとでも言えるわ!」てな感じで憤りを覚える程だったので取り上げるが、こんな事を言っていた。「この内閣は危機管理意識があまりにもなさすぎる。昨日は、なぜ今なのか、韓国、中国からの渡航者、我が国の帰国者も含めて2週間、(入国した際に)とめ置くと。この措置は水際対策が、失敗だったことの表れではないでしょうか。すべてが後手後手、すべてが場当たり的な対応というのは、絶対許しちゃいけないと思います」と。この発言には突っ込まざるを得ない。「おまえら散々、その時に「桜」で引っ掻き回したろ!」と。もしかしたら立憲民主党の支持率低下の原因は、「蓮舫氏と辻元清美氏にあるのではないか?」と思う程だ。男の方も酷い。

0




AutoPage最新お知らせ