失敗や無駄  コラム



人気ブログランキングへ 

「何を始めるにしても、ゼロからのスタートではない。失敗や無駄だと思われた事等を含め、今までの人生で学んできた事を、決して低く評価する必要は無い」。これは、KFCコーポレーション(ケンタッキーフライドチキン)の創業者、カーネル・サンダース氏の名言だ。実際、こんなものだと思う。経験こそがものを言うのだ。「新型コロナウィルス」が蔓延してから自宅には殺菌剤も置いたが、事前な予防に越した事はなかろう。巷は『そればかり』だが仕方ない。なので話題を逸らすが、これも碌な記事ではない。何せ「AKB48運営の元社長、22億円申告漏れ 国税局指摘」だ。朝日新聞によると「アイドルグループAKB48などを運営する「AKS」(東京都千代田区)の窪田康志元社長(48)が東京国税局の税務調査を受け、約22億円の申告漏れを指摘されたことが関係者の話でわかった。個人で保有していた株式の譲渡益を申告しなかったという。所得税の追徴税額は過少申告加算税を含め約4億円で、すでに修正申告した模様だ」との事。御存知の方も居るだろうが、「AKBグループ」と言えば、パチ屋と電通だ。裏表の明暗もあり、だからこそ色々と胡散臭い。修正申告済みではあるが、指摘がなければ恐らくそのままだっただろう。それでなくとも散々怪しい 「AKS」だ。こんな事が明るみになると「嗚呼、やっぱり?」と思ってしまう。辻本清美氏と関西生コンでもないが、北朝鮮への関わり合いの実態でも調べた方が良いのではあるまいか?これは別に驚くような記事ではない。芸能界の裏側だ。

クリックすると元のサイズで表示します

続いてこれもお金の話。この時事通信の記事は文章の区切りから順番を変えて読むと解りやすい。それによると「日本が今週、WHOの同ウイルス対策に1億5500万ドル(約166億円)の資金拠出をしたとして、謝意を表明した。また、中国と韓国、シンガポールについては「積極的な検査、接触者の捕捉」が感染拡大を防げることを示したと評価した」と。そこで記事冒頭には、こう書かれである。「世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は13日にジュネーブで行った記者会見で、新型コロナウイルスへの日本の対応について「安倍(晋三)首相の主導の下での政府挙げての対策」が、感染の抑制に決定的な役割を果たしていると称賛した」と。思わず「なんだい、口封じかよ?」だが、この感想しか浮かばない。世の中に複雑なものはない。人が複雑にしているだけだ。

クリックすると元のサイズで表示します

で、「コイツも面倒な奴っちゃな?」だが、立憲民主党参院幹事長の福山哲郎氏が14日の安倍総理の記者会見にケチをつけた。産経新聞によると福山氏曰く「国民の不安に全く応えず、ますます不安と混乱を大きくする」と。その上で「改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を回避するよう求め」たとの事だが、相変わらずの現状無視ばかりで進展性がない。たぶん自身が感染したら「『何故、早く発令しない』と騒ぐんだろうな?」と思う。更に「感染がいつ終息するのか、一斉休校やイベント中止要請がいつまで続くのかの見通しを明らかにしなかった」。「経済対策も具体的に示さず、危機意識が希薄すぎる」と非難したのだが、その終息に関しては神様仏様の世界で「そこを」を要求するキチガイ加減が如何にも"この人"らしい。それと「危機意識が希薄すぎる」のは、この期に及んで『桜』ばかりだったコイツらだろう。

AKB48運営の元社長、22億円申告漏れ 国税局指摘
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00000005-asahi-soci
パチンコ屋って北朝鮮に送金してるの?→業界人「してません」
https://sp.ch.nicovideo.jp/smoky/blomaga/ar1245567
WHOトップ、安倍首相を称賛 資金拠出に謝意:https://www.jiji.com/sp/article?k=2020031400249&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit
野党「国民の不安高める」 終息予測回避を批判
https://www.sankei.com/smp/politics/news/200314/plt2003140032-s1.html
記事関連Twitter
原口 一博 (@kharaguchi)さん

https://twitter.com/kharaguchi/status/1239289857765019653

クリックすると元のサイズで表示します

国民民主党の代表は、玉木雄一郎氏だが、この人は意外に素直で、たまに忖度度外視の正論を述べるが、立憲民主党と比べ、割と印象が薄い政党なので"本音"も出やすいのだろう。だがやはり民主党の残党だ。揃った議員は個性的。その国会対策委員長は、原口一博氏だが、今まで思いつく、数々の過去の『迷言』が全て狙ってのものであれば、逆に頭の良い人だと思う。つまり、それだけ壷を心得ているのだ。そこで原口氏の16日のTwitterだが、流石に此処までくるとコントである。「グーグルアースも斯くや」だ。

氏曰く「いつ審議拒否しましたか?事実を教えてください。@大臣がカネの問題で辞めた時ですか?
⇒右️説明するから待ってくれと自民党さん
A法務相が検察を貶めた時ですか?
⇒辞任すべしの声に今、努力しているから待ってくれと自民党さん。
法案成立に協力してくれてありがとうと安倍総理からも言われましたよ」と。

これは流石に笑うしかない。狙っての事でないのならば狂人である。

0




AutoPage最新お知らせ