未知の自分  社会・政治



社会・政治blogランキング

2017年に105歳で亡くなった医学博士(医師)の日野原重明氏の名言に「人生とは未知の自分に挑戦する事」と言うものがある。その「未知の自分」て言葉に「オラ、ワクワクするど〜!」とクレヨンしんちゃんみたいな台詞を言いたくなる。人の可能性なんてものは未知数なのだ。さて昨日は休みだったが、今日も連休を取っているので休みだ。そこで昨日だが、TEACの「A-450」てな年代物のカセットデッキの修理とメンテナンスをしたのだが、その制作年は、まだ現役で使っているLUXMAN社製の「507]」同様で、1972年の製造。それもあるのか、アンプとの相性は良好。そこで一通りの作業を済ませたのだが、メンテ中はアイワのミニコンポ用のアンプでオーディオテクニカ製のミニスピーカーでモニターをしていたので、今日は改めてLUXMANのアンプでメインシステムに接続して当blogの打ち込みの際のBGMとして聴いている次第だ。ちなみに聴いているのは、J・S・バッハの楽曲「音楽の捧げもの」だ。(ハープシコードを小林道夫さんが弾いている。)録音をしたのは1981年。NHK−FMでのエアーチェックだった。テープはソニーのBHF、室内楽と言う事もあり、Dolbyを掛けている。そこで聴いていて残念なのはモーターのトルクか回路のコンデンサーが寿命なのかピッチが急に落ちて少しすると元に戻るヘンテコな状態。音質が良いだけに「あらあら?」と思う。磁気フォーマット特有の粘りの良い、腰のある音色が魅力だ。

クリックすると元のサイズで表示します

この後は、1980年に巨匠、カール・ベームと共に初来日したウィーン国立歌劇場の公演録音で「フィガロ結婚」でも聴いてみよう。これは今や伝説的名演だが、現在では話題にもされないので「幾ら素晴らしいものでも、時代の変遷で風化されるものだな?」と残念な気持ちになった。さて「巷では?」だが、連日、「新型コロナウイルス」の話になるのは仕方あるまい。特定野党が話題を提供してくれる。環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんでもないが「よくそんな事が出来ますね!」だ。朝日新聞御馴染みの政治家の発言録を取り上げるが、社民党でまた党首に舞い戻った福島瑞穂氏が25日に国会内での記者会見でこんな事を言っていた。「新型コロナウイルスの感染が広がる中で、(東京五輪の)延期はやむを得ない。ただ昨日1年の延期を決めたが、その根拠に関して明確な説明がないのは問題だ。なぜ中止ではなく1年の延期なのか、なぜ2年後ではないのかということについての明確な説明がない」。「安倍晋三首相は以前からオリンピックのときの総理大臣でいたいという思いがにじみ出ていると感じていたけれど、もしこれが首相の自民党総裁任期と合わせて、任期中にとにかくオリンピックをやるために1年後というふうに決めたのであれば、それは全く違うという思いだ」と。

クリックすると元のサイズで表示します

まるで東京五輪に関し、体制を崩壊させたいようだ。日本の政治家(?)なのに此処まで「反日」的な立場を示す人は居ないだろう。正に世界は「新型コロナウイルス」のせいで非常事態なのに「何処の国の政治家なのか?」と思う程に他人事だ。「福島氏は政治家の筈?」と疑念を持つ程に国家の「非常事態」には無関心だ。こちらの党も支持母体は労働組合の筈だが、その労働者を守る事もしない。何もせずに文句ばかりの政治家モドキである。いつもの事で諦めても良いが、無視が出来ない最悪な人物だ。だから逆に国民はこんな人を監視する必要がある。何をやらかすか危険だからだ。(そこまで頭が回るか疑問だが、)テロの首謀者にもなり兼ねない。

テレビ報道でも東京の緊急事態が伝えられているが、その「新型コロナウイルス」に関し、25日に小池都知事が記者会見で感染拡大を防ぐ為にこんな事を言っていた。要約すると「今まさに「感染爆発 重大局面」「今日、25日に新たに感染が確認されたのは計41名」「オーバーシュートを防ぐため都民の協力が必要」「平日 仕事は自宅で」「夜間の外出、週末の不要不急の外出を控えてほしい」「帰国者 帰国から14日の外出自粛を厳守」だと。北海道では既に条件付きで「緊急事態宣言」は解除となったが、「次の都市は何処だろう?」てな状態。そこで東京だが、首都閉鎖が現実的になった。それで北海道の状況を他人事で見ていた都民や芸能人が慌てた訳だ。しかしながら当事者にならなければ理解出来ない事はある訳で、そこで「北海道は如何に解除となったか」を冷静に見つめる時期がやってきたと言えるだろう。検査も結構だが、治療する患者との「順番を間違えないように」としか言えない。当たり前の事だが、そのウイルスによって肺炎を発病した患者を治さないと治療出来ない患者が増えるだけだ。その例が当初の中国武漢市であり、韓国も土壷に填まり、イタリア語も医療崩壊。遂には米国もだ。日本に押し付けられた、あのクルーズ船で対応の見本を見せた筈なのに何も学習していないとは何たる事だろう。国内での感染者の対応も参考になった筈だ。そこで「日本流の治療法を見習わなければならない」と言った韓国やイタリアの医者の意見は日本向けの印象操作か?だから媒体のする事は信用出来ない。

此処で「新型コロナウイルス感染者」の世界統計だ。Worldometerと言うサイトでは次のような調査結果が出た。これは2020年3月25日時点のものである。 総合計:417,042人(+42,529)だが、その内訳はこうだ。

・中国:81,171人(+78) 56
・イタリア:69,176人(+5,249) 1,144 *
・米国:52,921人(+10,478) 160 *
・スペイン:39,676人(+6,587) 849 *
・ドイツ:32,781人(+3,725) 391 *
・イラン:24,811人(+1,762) 295 *
・フランス:22,304人(+2,448) 342 *
・スイス:9,877人(+1,330) 1,141 *
・韓国:9,037人(+76) 176 *
・英国:8,077人(+1,427) 119
・オランダ:5,560人(+811) 324 *
・オーストリア:5,283人(+809) 587 *
・ベルギー:4,269人(+526) 368 *
・ノルウェー:2,779人(+232) 513 *
・カナダ:2,590人(+541) 69
・ポルトガル:2,362人(+302) 232 *
・スウェーデン:2,286人(+240) 226 *
・オーストラリア:2,144人(+257) 84
・ブラジル:2,100人(+404) 10
・イスラエル:1,930人(+430) 223
・トルコ:1,872人(+343) 22
・マレーシア:1,624人(+106) 50
・デンマーク:1,591人(+141) 275 *
・チェコ:1,394人(+158) 130
・アイルランド:1,329人(+204) 269 *
・日本:1,193人(+107) 9
・ルクセンブルグ:1,099人(+224) 1,756 *
・エクアドル:1,049人(+68) 59
・パキスタン:972人(+99) 4
・チリ:922人(+176) 48
・ポーランド:901人(+152) 24
・タイ:827人(+106) 12
・フィンランド:792人(+92) 143
・サウジアラビア:767人(+205) 22
・ルーマニア:762人(+186) 40
・ギリシャ:743人(+48) 71
・クルーズ船:712人(+0)
・インドネシア:686人(+107) 3
・アイスランド:648人(+60) 1,899 *
・シンガポール:558人(+49) 95
・南アフリカ共和国:554人(+152) 9
・フィリピン:552人(+90) 5
・インド:536人(+37) 0.4
・カタール:536人(+35) 183 *
・ロシア:495人(+57) 3
・スロベニア:480人(+38) 231 *
・ペルー:416人(+21) 13
・エジプト:402人(+36) 4
・バーレーン:392人(+15) 230 *
・香港:386人(+30) 51
・クロアチア:382人(+67) 93
・エストニア:369人(+17) 278 *
・メキシコ:367人(+51) 3
・パナマ:345人(+32) 80
・レバノン:318人(+51) 47
・イラク:316人(+50) 8
・ドミニカ共和国:312人(+67) 29
・コロンビア:306人(+29) 6
・セルビア:303人(+54) 35
・アルゼンチン:301人(+35) 7
・アルジェリア:264人(+34) 6
・アルメニア:249人(+14) 84
・UAE:248人(+50) 25
・ブルガリア:218人(+17) 31
・台湾:216人(+21) 9
・リトアニア:209人(+49) 77
・スロバキア:204人(+18) 37


【感染初確認】
・ラオス

【感染者数0人国家】
・北朝鮮:0人
・リビア:0人


以上だが、発症元の中国が最も多いのは仕方がないとして、不思議なのは「何故、欧州(欧米)の感染者数が爆発的に多く、死者も多いのか?」だ。単純に言って免疫力の違いだろうが、それにしてもである。その「新型コロナウイルス」の発症元である中国だが、あまりにも共産党政府が「パンデミック状態になったのは欧米諸国のせいだ!」なんてやらかしたので到頭キレた。Sankeibizによると「米下院の超党派議員は24日、新型コロナウイルスに関し、中国政府がウイルス発生当時の初動対応を誤ったせいで全世界に感染を拡大させ、多数の死者を出したとして非難する決議案を提出した。一方、トランプ政権は同日までに、中国政府による感染拡大の責任を米国に転嫁する工作を事実上頓挫させ、中国のディスインフォーメーション(偽情報)活動封じに向けて一定の成果を収めた」との事。ちなみにその「決議案はバンクス(共和党)、モールトン(民主党)両議員が起草し、2人を含む17議員が共同提出。中国政府に対し、ウイルスは中国で発生したと公式に表明し、中国政府が流布している「米陸軍がウイルスを湖北省武漢市に持ち込んだ」とする陰謀論を非難するよう要求した」との事だ。これこそ「いいぞ!もっとやれ!」だ。ではトランプ大統領の見解だが、時事通信によると25日にトランプ氏曰く「世界保健機関(WHO)による新型コロナウイルスへの対応について「とても不公平だという声が多い。中国に肩入れし過ぎており、それを不満に思っている人も多い」と批判。その上で「WHOに「いい人も大勢居る」としながらも「中国寄りだということは、何年も前から聞いている」と指摘した。同氏はかねて新型コロナウイルス対応で「習近平・中国国家主席は頑張っている」と評価する一方、中国が早期の封じ込めに失敗したため「世界は大きな代償を払わされている」などと批判している」との事。何度もこちらのblogでも指摘をしているが、つまりそう言う事。マトモな見解の持ち主ならば結局そこに辿り着くだろう。

社民・福島氏「総裁任期中に五輪やるための1年延期?」
https://www.asahi.com/sp/articles/ASN3T5TWQN3TUTFK01H.html
中国の新型コロナ対応を非難する決議案提出 米下院、超党派で
https://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/200325/mcb2003251053013-s1.htm
トランプ氏、WHOは「中国寄り」 新型ウイルス対応で不満
https://www.jiji.com/amp/article?k=2020032600346&g=int
オリンピックとパンデミックと東アジアの冷戦の変容
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020032000003.html?page=1
グレタさん「新型コロナ感染の可能性」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200325/k10012348651000.html
新型コロナウイルス世界統計(20200325):https://www.worldometers.info/coronavirus/
ライブドアニュース
https://mobile.twitter.com/livedoornews/status/1242773778238558208

0




AutoPage最新お知らせ