輝ける未来  コラム



人気ブログランキングへ 

これって、とても深いと思うのだが、GACKTさんがこんな事を言っていた。「今日と言う日は亡くなった者達にとっての輝ける未来」なのだと。確かにそう思う。説明は野暮だろう。生きていれば色々な事があるものだ。だから克服しなければならない事にも遭遇するが、それが壁だ。乗り越えれば光が見える。未来が見えるのだ。だから何事も諦めたら終わり。そう言うものだと思う。一時期は「もしや?」と心配だったが、昨年末に大腿骨を骨折した父が、どうにか来月には『退院』の目処がついて来た。最近の病院は患者家族が起こす訴訟例が絶えないのか、病状なりを説明する際、圧迫面接みたいな事をするが、これって逆効果だと思う。小生も遭遇したが、病院は患者の病状を話した後からが仕事。そこで本来は「だから」が必要なのだが、そこで説明が終わり、「解りましたか?」は患者の家族を馬鹿にし過ぎだ。だから「では病院は?」と、その先を聞いたのだが、これが功を奏したようだ。逆に病院側で頭を下げて来た。しかしそれで正解。その後の病院の対応は早かった。そんなものだ。

似たような状況が国会でも起きている。特定野党が政府に対し、政策批判をしても何もない。国民たる有権者は「じゃあ、お前らその後、何がしたいんじゃ?」と。政治家は法律を作るのが仕事。相変わらずの事が「新型コロナウィルス」が蔓延している中でもようやるものだ。「ようやる」と言えば北朝鮮も同様だ。最近矢鱈とミサイルを発射し、アピールをする。早速早朝から速報が入った。たぶん「新型コロナウィルス」の為に手一杯なのだろう。確かに頼れる国はない。余程困っていると推察するが如何なものだろう?

クリックすると元のサイズで表示します

そんな感じで北朝鮮とも縁が深い特定野党は予算委員会で衆参問わず邪魔ばかりだ。然も週刊誌をネタに質問をする。だから国会中継を見ていると、野党の質疑が芸能レポーターのようだ。確かに実際、番組レポーター上がりとか、元局アナ議員も居る。27日午前の参院予算委員会での立憲民主党参議の杉尾秀哉氏の質疑が正にそうだった。(この人は同党衆議の逢坂誠二氏張りのキレ芸を見せる。)そのネタは 小学館の「週刊ポスト」の記事を「NEWSポストセブン」が先出ししたが、即座にネットで論破された。参考に当日の質疑を引用すると、

杉尾秀哉(立憲民主党)「昭恵夫人が花見自粛要請中に花見!」

安倍総理「都内レストランで記念撮影とのこと」

杉尾氏「都内公園と報道!」

総理「公園ではなくレストランの敷地内」

杉尾氏「レストランならいいのか!花見自粛してるんだぞ!」

と。そこで「週刊ポスト」での写真だが、これ実は昨年の写真だ。見ると昭恵夫人がNEWSの手越祐也さんとモデルの藤井リナさんと写っている。その手前が雑にモザイク処理をされているが、手越さんのファンが「髪型が昨年のものだ」と指摘。それで誤報と言う事になってはいるが不自然な処理から「フェイクかも?」と色々と怪しい。確かに昭恵夫人の自由過ぎる行動もアレだが、反政府派に利用されやすい隙だらけだ。そんな軽さが確実に総理の足を引っ張っているのだが、それをネタに国会で騒ぐ野党も野党だ。国会がワイドショー化している。ちなみにその質疑をした杉尾秀哉氏は元TBSの報道部の人。「ニュースの森」でキャスターをした事もある。

クリックすると元のサイズで表示します

さてその言い分の花見だが、何処にでも顔を出す昭恵夫人の行動が裏目に出たのは見た通りだ。(あちらこちらにネタにされるような写真があるのだろう。)今回も案の定利用されたが、その杉尾氏も言うに事掻いて「レストランにも行くな」とは飲食店さえ敵に廻す。ついでに言うと、テレビのワイドショーも野党と同列。解らない人が解らない話をして、解らないけど解ったと片付けている。そんな繰り返しを年柄年中やっている。危険だ。

北朝鮮が飛翔体発射と韓国軍
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00000011-kyodonews-int
民主党「総理夫人が花見をしていた!ソースは週刊誌」 ← よく見たらレストランで飯食ってただけだった
https://togetter.com/li/1486164
東国原英夫氏、桜の下での集合写真を報じられた安倍昭恵夫人に「終わってるわ。森友でもこの方が震源地。あきれてモノが言えない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-03270159-sph-soci
記事関連Twitter:福島みずほ @mizuhofukushima
https://twitter.com/mizuhofukushima/status/1243508773953474566
Dappi @dappi2019
https://twitter.com/dappi2019/status/1243344244485443586

クリックすると元のサイズで表示します

この人もアレだ。社民党代表の福島みずほ氏は自らのTwitterでこう発信。「緊急事態宣言は大問題。豊中市議の木村真さんたちは森友問題の集会を公園で開こうと市に申請し承認されたが市は取り消す。取り消しの取り消しを求めて提訴。市は公園を使ってもいいとした。緊急事態宣言で公民館や公園も使えないとなると森友問題や政府のコロナ対策が問題だという集会が開けなくなる」と。27日のTwitterだ。『緊急事態宣言』の本質を福島氏は理解していないのか、見ている寧ろ『どうでもいい』とでも思っているのだろう。そんな福島氏も感染すれば掌返しをする事だろう。日本人の感染者が増える事に関しては、寧ろ歓迎だとしか思えない。

0




AutoPage最新お知らせ