たった一つの命  ニュース



人気ブログランキングへ 

プロボクサー(元WBC世界バンタム級王者)の辰吉丈一郎さんがこんな事を言っていた。「この世にたった一つの命や。とことん生き抜いたれ」と。これは覚悟を決める時の心意気だ。そう思う事は、長い人生の中では幾度もあるものだ。小生も幾度かあった。そんな最中の「新型コロナウィルス」騒ぎである。覚悟すべき事は勿論ある。そのウィルスの出処だが、殆どの見解は『中華人民共和国(以下中国)』の武漢市にあるウィルス研究所との認識だ。それが元の「新型肺炎」の発症が武漢市からなので普通は(素人でも)そう考える。なのに中国は否定。だから話が面倒になる。そこでYahoo Newsにあった在米ジャーナリストの飯塚真紀子氏の記事「新型コロナ「武漢研究所起源はありえる」WHO顧問、中国に抗議しなかったWHOを疑問視」を参考に話を進めて行こう。

その『武漢研究所起源』説だが、米国のポンペオ国務長官が、ABCテレビ「This Week」で、こう発言した。「新型コロナが武漢の研究所に由来するという大きな証拠がある」と。トランプ大統領も豪語しているので尚更だが、まだ口頭だけで調査中だ。しかしそれなりの証拠は掴んでいるのだろう。だから強く主張が出来た。だが物事には「事実と真実」がある。そこで「ちなみに」だ。記事を引用すると「米紙ワシントン・ポストが入手した、在中国米国大使館の外交官が米政府に2年前に送った外交公電に、武漢研究所の安全運営上の問題が指摘されていた」と。しかしWHO(世界保健機関)は武漢研究所起源を否定。それに関しては「WHO」と中国政府との親密過ぎる関係が指摘されるが、近年の国連関連機関自体がそんな状態なので今更でもある。そうは言うものの「腐っても鯛」でもないが、こんな意見もある。「ヒトゲノム編集に関するWHO国際諮問委員会」のメンバーの1人であるジェイミー・メツル氏の見解だ。「ナショナル・レビュー誌」でのインタビューに対する発言だ。引用すると。

「中国での感染爆発を見た場合、動物からヒトへのウイルスのジャンプは、武漢や湖北省ではなく、広東省南部か雲南省で起きる傾向がある。武漢研究所は中国にある、ただ1つのレベル4のウイルス研究所で、武漢にあり、危険なコロナウイルスの研究を行なっている。危険なウイルスを研究している中国の研究所があり、そのウイルスと非常に類似したウイルスがその研究所のすぐそば(海鮮市場は研究所から9マイルのところにある)から出たことを考えると、論理的に考えて(武漢研究所が起源であると)推論してもおかしくないだろう」と。その上で「WHOは、12月終わりから1月初めにかけて中国から出された情報に対し、もっと懐疑的になることができたのではないか」と。しかしながら「諮問委員会」の存在は薄く、その権限も弱いようだ。そこでメツル氏、自身のWebサイトで、こう訴えるしかなかった。

「武漢研究所からの事故による新型コロナ流出の可能性を含め、何が感染の起源であったとしても、危険で現在も進行している中国の情報抑圧活動がこの危機の下地となっている。感染発生初期の重要な時期に、中国がWHOの専門家の武漢訪問を拒否した時、WHOはそれに抗議することができたのではないか(WHOの調査チームはすぐには武漢訪問ができなかった)。WHOは中国のプロパガンダをオウム返しに繰り返す必要はなかった。WHOは、もっと早くから(新型コロナ危機の)警告を発することができただろうに」と。

「WHO」唯一の良心か?だが今となっては後の祭りだろう。尚、メルツ氏は米国のトランプ政権は、感染症専門家の警告を聞き入れず、検査体制を台無しにしたと遺憾の様子。これが「WHO」事務局長のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス氏が言う。「早期から最高レベルの警告を発してきた」との根拠か?しかし内輪で終わらせては駄目だ。確かに何か言われた時には言い訳にはなるが、この現状では何とする?

新型コロナ「武漢研究所起源はありえる」WHO顧問、中国に抗議しなかったWHOを疑問視
https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20200504-00176764/
コロナ発生源の国際調査、「大流行が終わるまでない」と中国大使
https://www.afpbb.com/articles/-/3281867

クリックすると元のサイズで表示します

こりゃまタイムリーな話題だ。これでは答え合わせになってしまう。AFP通信によると「スイス・ジュネーブに駐在する中国の陳旭(Chen Xu)国際機関代表部大使は6日、新型コロナウイルスの発生源に関する調査について、世界的な大流行が終わるまでは国際調査団を招請することはないと述べた」との事。オンラインで行われた記者会見だった。興味深いのが、此処でも 「不条理でばかげた」政治問題化を懸念し、対処する事を見解として述べている点だ。同じ事を「WHO」事務局長のテドロス氏が述べている。その上で「WHOの招請はいつになるだろうかとの質問に対し、陳氏は「現時点での最優先事項は、完全に勝利するまでパンデミックとの闘いに集中することだ」と」質問を反らした。だが「われわれはあらゆる種類の調査、質問、評価を 忌避しているわけではない」と封じた。更に「(国際調査団の)招請を行うかどうか、またどのように行うかについては、今は適切な優先順位設定が必要であり、また適切なムードが必要だ」と結局は逃げた。まるで「武漢市のウィルス研究所の調査には来ないでくれ!」と言っているかようだ。余程困るのだろう。

0




AutoPage最新お知らせ