何よりも愛情  社会・政治



社会・政治blogランキング

元サッカー選手のペレは言った。「成功は偶然の出来事ではない。勤勉、忍耐、練習、研究、謙虚、そして何よりも愛情が必要である」と。それは言えてると思う。それが一致した時に形が表に出ると、小生も思っている。経験とはそう言うものだ。さて今日は休みだが、今度こそ終わらせようとしているのがカセットデッキ(TEAC C3RX)の修理だ。それは部品交換だが、結局、代用品で充分だと判断が着いたので、そうする事にした。それはアイドラーゴムだが、使うのは水道管のパッキンだ。丁度、径の合うゴムリングがあるので代用する。300円位だろう。そんな予定でいる。その前に髪の毛が伸び過ぎたので散髪してからジョイフルAKにでも買いに行こう。傷んでいるネジもピッチを測っておこう。(それも交換)そこで巷の話題だが、やはり碌なネタがない。だから趣味の話から始めたのだが、カセットデッキの修理を始めるとどうしても、そのカセットデッキが実動していた時代のテ=プを聴く事になるので懐かしい「昭和アイドル」の歌も自然と掛かる。当時にエアチェックしたものも結構在るのだが、40年以上も経た時間の流れは「あれ何処にいったかな〜?」と見つからない物もある。それらのテープはカーステレオでも散々鳴らしたので積み替えの時に行方不明になっている物もあるのだ。何とも残念だが仕方ない。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで今では珍しい部類のテープに女優の秋本奈緒美さんがジャズ歌手としてレコードデビューしてから初のライヴを発見したのだが、久々に聴いて「だから今は歌手をしていないのかな?」なんて思ったりする。小生、その時代には彼女のファーストアルバムを殆どジャケット買いをしたのだが、「女は魔物だな〜?」と、すっかりレコードジャケットに騙されてしまった。印象通りの歌唱力があれば、そのレコードとて手放していないのだろうが、小生なりに我慢ならないものがあったのは事実だ。何せ(小生の)ジャズボーカルの聴き始めはエラ・フィッツジュラルドであり、その次にビリー・ホリディに填まったのだから、古いCMでもないが、「その差は大きいよ!」なのだ。ちなみに彼女の歌は5年程前に久々にテレビで聴いた事がある。その時の感想を述べると「彼女はやはり彼女であった」。それ以上に付け加える言葉はない。その代わりに美貌は勝り、綺麗な人だ。

「報ステ」「ニュース7」も視聴率ダウンで進む報道番組離れ コロナ慣れか不信感か
https://otonanswer.jp/post/67432/
「逃げるなら政権渡して」立民 枝野代表 国会会期延長求め
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200612/k10012468101000.html

クリックすると元のサイズで表示します

話は変わりテレビだが、所謂「報道バラエティー」の視聴率がガタ落ちだ。その理由は言うまでもあるまい。しかし短絡的に述べると印象操作が出来なくなっただけだ。つまり「視聴者をどれだけ馬鹿にしてきたか?」だ。「そんな事は解るまい」と。毎日、テレビ局のイデオロギーに付き合う程、国民は暇ではないのだ。おまけに折しも「新型コロナウイルス」の感染拡大の懸念が国民一番の感心事だった時を狙って政府批判やら、情報の攪乱までしている。当初でもウイルスの検査等についてはキャパシティの関係で、それに合わせて医療上の順番を決めていく事を専門家は言い続けていたのだが、その限界を無視して、「何故、検査を増やせないんだ!」と発狂する番組解説員や専門外の医者や教授に連日、(勝手な思い込みの)コメントをさせるのだから、そりゃあ信用もなくなるだろう。だからこのblogでも、「卵が先か鶏が」と意見した事もあったが、政府での専門家会議の座長の説明も国会で立憲民主党参院課次長の福山哲郎氏よりも前に、そんな報道バラエティー番組ではゲストやコメンテーター達が(専門家でもないのに)否定した。そこを今回は(局のイデオロギーに疎い高齢層の)視聴者が気がついた。それだけの事だ。だが日本テレビの「スッキリ」のMCである加藤浩次氏以下のレギュラー陣だけがマトモ(な見解)だったのは、せめてもの救いだろう。なので立憲民主党幹事長の福山哲郎氏での専門家会議座長への態度は逆効果だった。だからそんな極左の媒体や所謂「特定野党」(と言われる日本共産党以下、民主党系政党)は嫌われた。だがその自覚が無いように感じられる。でなければ自ら墓穴を掘る愚行ばかりを繰り返さないだろう。立憲民主党代表の枝野幸男氏は「国会を予定どおり閉会するのは、感染症対策を放り出して逃げることにほかならない。感染症対策から逃げる政権なら、政権そのものを渡していただきたい」と記者会見で述べていたが、現状で「政権交代」自体があり得ない。民主主義を理解してほしい。

0




AutoPage最新お知らせ