己を見つめ直す勇気  独り言



人気ブログランキングへ 

「生まれ変わる事は簡単だ、己を見つめ直す勇気さえ持てればいい」。これは森田まさのり氏による野球漫画「ROOKIES」での主人公、川藤幸一の名言だ。設定では熱血教師だが、今時にスポーツ根性ものは珍しい。それを原作にテレビドラマになり、映画にもなった。ちなみにその連載は、1998年から2003年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)にされた。この名言も言うべき事は解る。なので余計な説明は要らないだろう。さて久々にカセットデッキが復活してからは色々と調整だのをしていたが、その段階も越えたので、これからは有効活用である。そこで古くから名盤扱いをされているレコードを録音して「何故、名盤か?」と繰り返し聴こうと思っている。そんな時に在り合わせのテープしかないので苦慮するが、そこはヤフオクでも利用して大人買い(一度に大量に買う事。)でもしよう。それで最初はまづ二点だ。そのレコードは、イタリアのチェトラ社のフォニットチェトラレーベル(歴史的録音シリーズ)で発売されていた「フルトヴェングラーエディション」から1954年にザルツブルク音楽祭で演奏されたウエーバの歌劇「魔弾の射手」だ。指揮はもちろん、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー博士である。(演奏者省略)これは1954年収録ながらステレオ表記があるレコードなので発売当時は物議を醸したが、今になって聞き直すと、確かに右と左のチャンネルには別々の音が入っている。しかしステレオ録音と言うよりは、主音声と副音声が分かれて収録された感じだ。マイクの位置が左右、明らかに違うのだが、ステレオ収録を意図されたマイクセッティングはされているようには聞こえない。そんなレコードだ。またどうでもいい話だが、もうひとつのレコードは、1955年に英国のDECCA社で録音されたカール・ベーム博士が指揮したリヒャルト・シュトラウスの楽劇である「影のない女」だ。これは博士の指揮が質実剛健過ぎて、難解な楽曲が更に難しく聴こえる演奏だ。(敢えて「聞く」と「聴く」を使い分けた。)そこでそれをカセットテープに録音して繰り返し聴けば「何等かの発見があるだろう」と思った次第だ。解る人しか解らないが、そんな処か?またくだらない話の枕になった。これでは殆ど独り言だ。

クリックすると元のサイズで表示します

さて「巷では?」だが、中央社フォーカス台湾の記事によると「李登輝元総統が30日午後7時24分ごろ、台北市内の病院で死去した。97歳だった。入院先の台北栄民総医院が発表した」との事。年齢的には大往生だが、今年2月に自宅で牛乳を誤嚥したのが元で、肺浸潤となり、入院を余儀なくされたが、容体も(目を落とす数日間に)悪化したらしい。それにしても残念だ。それだけ日本にも関わりの深い御仁だった。では経歴だが、記事を引用すると「1923年、日本統治下の台湾で生まれた。太平洋戦争中に台北高等学校(現台湾師範大学)を卒業し、京都帝国大学(現京都大学)農学部に進学するも、学徒出陣で旧日本陸軍に入隊し、日本で終戦を迎えた」との事。それで「戦後は台湾に戻り、後に2度にわたり米国に留学。1968年に米コーネル大学で農学博士号を取得後、農業問題の専門家として当時の国民党政権に重用され、行政院政務委員(無任所大臣)や台北市長、台湾省政府主席、副総統などを歴任」。「副総統を務めていた1988年、蒋経国総統の死去により台湾出身者として初めて総統に就任。憲法改正で実現させた史上初の総統直接選挙(1996年)で当選して続投を決め、2000年に退任するまで12年にわたり総統を務めた。台湾の民主化に大きく貢献し、米ニューズウィーク誌から「ミスター・デモクラシー」と称された」と。その時代の政治家は骨のある人ばかりだった。親日家としても知られるが、兵役経験があるので、靖国神社への参拝にも元気な頃はよく来ていた。講演では今時の若者に対し、「日本精神(大和魂)とは何ぞや!」と説いていた程の親日家だ。当然、中国共産党にも睨まれたし、(台湾では)売国奴扱いもされたが、それは日本と台湾の関係が解る世代なればこそである。そこで遺影を、どの写真にしようかと思ったが、嘗て李氏が指導している李登輝学校の青年達が、イメージぴったりと言う事で李氏に申し出、宮下あきらの漫画「魁!!男塾」の塾長「江田島平八」の扮装をした時の写真にした。2004年の事だった。ちなみに李氏は、そのイメージを得る為、「魁!!男塾」に一通り目を通した。それで撮影したが、貫禄充分で人柄も伺える写真だ。

クリックすると元のサイズで表示します

それとこれはデイリースポーツの記事だが、28日に放送されたフジテレビ系「とくダネ!」で、メイプル超合金のカズレーザーが、何かと批判が多い、政府配布のマスクについて一言。医療機関や介護施設、保育施設に配布するマスクの件だ。ちなみにこの案件は、現在では「現場のニーズに合わない」との理由で見直しがされてるのだが、こんな事を言っていた。記事を引用すると、カズレーザー曰く「もともとそういう契約だから、残りを作っちゃってるって事だと思うんですけど…」と切り出し、「一応、国内メーカー、国内事業所で作ってるんですよね?」。「多分、回ってない工場とかあって、そこにお金を落とすという理由があって回してて、ということだと思うんですけど…」と語ったが、そんな事だと思う。しかし既に決定されていた案件が後から急に騒がれる事は、よくあるのだが、それを思い出したように指摘するネタ元は何処だろう?そこで「たぶんねぇ〜?」と思うのが、媒体と官僚の癒着だ。例のハッシュタグ騒動では検察と媒体の癒着が問われたばかりだが、それにより、内部告発みたいなネタが出易いのだろう。だから「実はね?」てな話もひょっこりと出るのだろう。だが、どんなに癒着していても媒体はお咎めなしである。そこが矛盾している。まあ癒着をしてなきゃ、出ないネタばかりである。

李登輝元総統が死去 97歳 台湾の「ミスター・デモクラシー」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba128ed49c57f5cf18659ac08e04962b554696b3
李登輝(中華民国第7,8,9,総統 中華民国の政治家):
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E7%99%BB%E8%BC%9D
わしが李登輝塾長である。
http://clumsy.blog1.fc2.com/blog-entry-1.html
カズレーザー 更に配布のアベノマスク「回ってない工場にお金を落とすという理由も…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2900fbf009682cf0a13c68d505be29a0dde0718
日本のマスコミ界に潜む韓国マネー? 「対日世論工作」予算が3・3倍…メディアで「韓国に学べ」と叫ぶ人々の矛盾
http://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/200528/for2005280001-s1.html
衆議院議員 長尾たかし @takashinagao
https://twitter.com/takashinagao/status/1287702820565553154?ref_src=twsrc%5Etfw

クリックすると元のサイズで表示します

それとこれは今更ながらだが、政治評論家の室谷克実氏が、共同通信でした評論が、夕刊フジ系のzakzakにあった。そこで室谷氏は「韓国の駐日大使館の「対日世論工作予算」が、2020年は前年の3・3倍にも急増した」事を明かしたが「日本のあるテレビ局は最近、「むやみに新型コロナウイルスのPCR検査数を増やすべきではない」と述べた医師のコメントを、“編集詐術”により、「韓国のようにしろ」と主張したかのように放映した。そこまでして、「韓国持ち上げ」に狂奔する背後には、何があるのか」とした偏向報道こそが、その予算の成果なのだろう。テレビ朝日の「モーニングショー」で同局解説員の玉川徹氏が矢鱈とPCR検査数に拘ったが、局にその「工作予算」が入り込んでいれば、当然そんな事にもなるだろう。まるで答え合わせだ。各局も似たようなものだろう。世論誘導は、こうして行われると言う事か?こんな時に「スパイ防止法」が、この国にはないのは残念だ。

0

淡々とした日常  社会・政治



社会・政治blogランキング

「自分の足元を見つめ直す事です。淡々とした日常の生活に目を向ける事です。そこには小さな幸せがたくさん落ちています」。これは評論家の森本哲郎(1925年10月13日 - 2014年1月5日)氏の名言。なかなか洒落ており、「小さな幸せがたくさん」とは微笑ましい。氏は文明批評の第一人者として知られているが、元々は聞(文)屋で、東京新聞記者だったり、今や悪名高い朝日新聞記者だった事もある。その後、フリーの批評家となったが、東京新聞にせよ、朝日新聞にせよ、結構、記事内容には偏りがあるので、正に「類は友を呼ぶ」てなものか?尚、哲郎氏は現在、フリーアナウンサーの森本毅郎氏の実兄である。話は戻るが、哲郎氏が朝日新聞記者だった1972年には、グアム島で発見された横井庄一氏の現地取材を担当されており、その話題も今や昔話である。そこで巷の話題だが、「本当にこれだけなのかな?」と疑問なのが、数日前に"片やニセコ町を外国人に乗っ取らせた元町長"と片や"2015年に軍艦島をめぐるユネスコ文化遺産登録の際、韓国側が主張する「強制労働」を認めさせられた元外務大臣"が会談をしたのだが、何だか悪い予感しかしない。日テレニュースによると「立憲民主党の逢坂政調会長が自民党の岸田政調会長と会談し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、PCR検査をさらに増やすよう求めました」とあるが、自民党と立憲民主党の政調会長が会談をした処で何が出来るのだろう?然も記事には「この会談は岸田氏が逢坂氏の内々の要請に応じる形で実現したもので、水面下での会合は異例のことです」と書いてある。互いに政局には無縁だけに「何で?」と思う。それにこの期に及んで親韓政治家同士の会談とは、悪い予感しかしない。つまり「PCR検査」を出汁に何かを企てたとしか言いようがないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

その岸田氏だが、最初は堅実に見えたが、外相時代に関わった「ユネスコ文化遺産登録」の際、韓国側の主張を通した言い訳が軽く、「こりゃあ国政に関わるのは危険な人だ」と思った。おまけに同年の末には「慰安婦問題終結に於ける日韓合意」に於いての日韓外相の共同記者会見では、終結合意をしたのに「当時の軍の関与」を認める発言をした上に像の撤去については合意の文書すら残さず帰国したのだから、何の為の合意だったかが解らない。確かに米国を仲介させた合意ではあったが隙間だらけだ。これでは撤回されるのは当たり前だ。現在ではネットでも風化しつつある案件だけに敢えて取り上げた。そんな事が2015年に続けてあった。

クリックすると元のサイズで表示します

未だに思い出すのだが、韓国と終結合意をした際、岸田氏が急に鼻高々と調子に乗っており、とても自慢気に話をしているのを見るにつけ、すっかりその程度の人だと呆れてしまった。ちなみに記事の結びには「安倍総理大臣が野党との対決姿勢を鮮明にしてきたのに対し、「ポスト安倍」の候補とされる岸田氏には、立憲民主党も含め幅広い人脈を構築しようとする狙いもあるものとみられます」てな事を書いているが、しれっと書かれている内容は、実はトンでもない事で「党内での人望がどれだけあるのか?」とさえ思う。あれから5年も経っているので今や「ユネスコ文化遺産登録」にしても「慰安婦問題終結合意」にしても印象が薄い国民も居るだろうが、朝鮮人徴用工問題が拗れたのは、岸田文雄氏が"ユネスコ文化遺産登録"の際にやらかした事が原因になっている事をお忘れなく。そんな人が自民党総裁になったら日本は特亜に占領されてしまう。

日本では政府閣僚でも、そんな事をやらかす人が居る。なので「裏で何等かの繋がりがあるのか?」と疑いたくもなる。米国も、その辺が気になったのか、中国共産党との繋がりがある日本の政治家を注視したようだ。韓国も然りだが、中国共産党は、今や世界の敵だ。そこで中国の統一戦線工作部等の諸機関が日本に対し、どの程度の影響力があり、成果があるかについての広範な調査をした報告書がある。それは米国の有力政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)が米国務省の支援で7月下旬に作成したもので、題して「日本における中国の影響力」である。些か内政干渉の印象もあるが、それだけ日本の政治家が中国どっぷりなのは、民間への影響力を見ても明らかだろう。産経新聞によると、その報告書には、安倍総理の対中政策に大きな影響力のある人物として、首相補佐官の今井尚哉氏が名指しされていた事が明らかになった。その上で「今井氏が長年の親中派とされる自民党の二階俊博幹事長と連携し、「二階・今井派」として首相に中国への姿勢を融和的にするよう説得してきたと指摘」した。つまり米国務省は、首相補佐官の今井尚哉氏と自民党幹事長の二階俊博氏がマークされた訳だ。ちなみにその報告書は、約50ページに及び「CSIS研究員やコロンビア大学教授を歴任した国際政治学者のデビン・スチュワート氏が主体となり、日米中3カ国などの専門家約40人との面接調査や広範な資料を基に、約2年をかけて作成した」と。そこには実例(「中国の日本でのシャープ(鋭い)パワー・汚職」との項目)も示されており、記事を引用すると「珍しい汚職の事例として統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、収賄罪で起訴された衆院議員の秋元司被告の中国側との関係などについて詳述していた」との事。

クリックすると元のサイズで表示します

思わず「嗚呼、やっぱりねえ〜?」てなものか?(あの事件の被告である秋元被告は二階派所属だった。)尚、産経新聞の米国、ワシントン駐在客員特派員の古森義久氏の見解では「米側がこうして日本の中国への政策や認識に強い関心を示すのは、トランプ政権が対中対決を強める中で日本に共同の対中姿勢を求めていることにも起因する」との事だ。しかしながら内政に於いても安倍政権の対中戦略には悪い影響があり、確実に足を引っ張っている。現にウイルス研究所のある中国武漢市から発生した「新型コロナウイルス」が元で、世界ではまるで奇襲攻撃でも受けたような死亡者の数が挙がる最中に、そのウイルスに関しての陰謀論の当事者たる中国国家主席の習近平氏を国賓で迎えようとする程だった。だがそれが却下されて明確に怒りを露にしたのは、やはり二階氏だった。実は連立している公明党もその気だったので、そこも調査して貰いたいものだ。

立憲・逢坂氏 岸田氏にPCR検査増求める
https://news.yahoo.co.jp/articles/13fae858bbbf9da5c615d4588d4aa1ecec9c07b2
米有力研究所が安倍首相側近を「対中融和派」と名指し
https://www.sankei.com/smp/world/news/200727/wor2007270014-s1.html
韓国の慰安婦に土下座像、立民・福山幹事長「極めて遺憾。強く抗議したい」 
https://www.sankei.com/smp/politics/news/200728/plt2007280019-s1.html

クリックすると元のサイズで表示します

尚、立憲民主党の福山哲郎幹事長は韓国の植物園に設置された「安倍総理土下座像」について、国会内での記者団の質問に対し「報道が事実であるとすれば、極めて遺憾だ。強く抗議したい」。「日韓の二国間関係に非常に悪い影響を及ぼす。事実ならば、韓国政府に速やかに撤去するように求めていきたいし、日韓関係が決定的に悪くならないように善処を強く求めたい」と述べたが、裏で何かあったか?28日の事だった。

0

自分を素直に  社会・政治



社会・政治blogランキング

「自分を素直に見つめ直すと、一人の人間として今後やるべき事が見えてくるんです。そう言う時間を持つ事で目標が明確になり、パワーが湧いてくるんです」。これは東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手である鈴木大地氏の名言。確かにそんな時間は必要だ。冷静になれる。それがないのが媒体だ。現在も政府事業により、医療機関や介護施設、保育所に配布が続いているマスクだが、それが左派系媒体では恰も最近、政府が決定し、製造を始めたように取れる報道をしているが、あれは全戸向けの配布も関係なく、その時に決めた物の残りがまだ在るだけの事。それが印象操作されていた。すると翌日の日本テレビの報道では「医療機関や介護施設に配布される」としれっと修正されていた。実はそのマスク報道だが、唐突に問題視された日にネットでは、韓国の植物園に設置された「慰安婦少女の前に跪き謝罪する安倍首相像」に対する報道があった。地上波との温度差が酷いが、それについては菅官房長官が定例会見で抗議をしていたので、今日になって仕方なく取り上げたようだ。(だが何10秒かだ。)なのでその土下座像の「報道をしない自由」で、目を反らすのを目的に「マスクの偏向報道でもしたのかな?」とも思うが、「案外それも図星なのかも?」と勘繰ってしまう。それだけタイミングも怪しかった。尚、菅官房長官は会見で「国際儀礼上、許されない」。「仮に報道が事実であれば日韓関係に決定的な影響を与えることになる」と警告したが当然だ。何度も韓国は一線を越えているが、日本政府が此処まで言い切るのも初めてだろう。これが他国なれば、とっくに「宣戦布告」と見なされ、開戦となっているだろう。

そんな事をしながらでも結局、日本に頼るのも韓国である。だが日本側の対応には変化が見られる。共同通信によると「京都朝鮮中高級学校(京都市)の生徒が2018年、関西医科大(大阪府枚方市)を受験するための入学資格審査を申し込んだ際、要領に記載がないのに「各種学校は要件を満たさない」として、朝鮮学校生としての受験を門前払いされていたことが25日、分かった」との事。しかしこの記事も変だ。それは「要領に記載がないのに」とわざわざ断りを入れている点だ。なので気の早い人は記事前文だけで納得してしまうだろう。しかし続きには「朝鮮学校は学校教育法の「各種学校」扱いで、以前は高校卒業程度認定試験(旧大検)に合格しないと受験できなかった」と断りを入れている。前文の主旨と続きが明らかに意味合いが違う。即ちこれは前文が印象操作で、続きは「ちゃんと報道したぞ!」と言わんばかりのアリバイ作りだ。その辺は巧みだ。そこで現状だが「在日本朝鮮人人権協会によると、現在は各大学が個別に審査した上で入学資格を判断できるようになり、認定されることがほとんどという」との事。尚、「各種学校は要件を満たさない」点は協会も納得している。

国の慰安婦に土下座像「日韓関係に決定的影響」 菅官房長官
https://www.sankei.com/smp/politics/news/200728/plt2007280010-s1.html
「慰安婦少女の前に跪き謝罪する安倍首相」像…私費で建設した本人が取材に語る
https://news.yahoo.co.jp/articles/155a9601ce63b33144544d12bcf6c14e3c22210a
政府、韓国ビザの厳格化を検討:https://this.kiji.is/659668236824446049
関西医大、朝鮮学校生受験認めず 「各種学校」理由に:https://this.kiji.is/659647349441709153

クリックすると元のサイズで表示します

日韓関係は既に破綻をしているのだ。朝鮮人徴用工問題に於いての韓国最高裁による判決では「日韓請求権協定」を覆しているので、その時点で日本と韓国の講和条約である「日韓基本条約」は破綻をしているのだ。それで日本企業が賠償をする事になったのだが、こんな状態でも頼ってくるのだから思考の根源まで不思議だ。そこで話は戻るが、これまた共同通信の記事だが「差し押さえられた被告企業の資産売却を裁判所が命じた場合に備え、報復措置の検討を本格化させた。韓国を対象とした査証(ビザ)発給条件の厳格化や、駐韓大使の一時帰国が選択肢に浮上している。複数の政府筋が25日、明らかにした」との事。正直遅い位だ。

0




AutoPage最新お知らせ