二流の人  社会・政治



社会・政治blogランキング

自己啓発のセミナー講師のスティーブ・シーボルド氏は「謙虚さは周囲の人の助けを得るのに重要な役割を果たす。二流の人は謙虚さを過小評価している。一流の人は謙虚さをいつも心掛けている」と言うが、やはり派手なものは軽く、地味なものは重い。現総理の菅義偉氏の政治姿勢に、それが言えると思うが、余計なパフォーマンスがないから、共産党の旗降りでいい気になった立憲民主党が、世論の後押し処か、その世論から見捨てられている。(尚、国民民主党は慎重だ。)そりゃそうだ。騒ぐから今まで国民が何の関心もなかった「日本学術会議」への税金の動きが明るみとなり、頓珍漢な思想の元、出鱈目な活動をしている事の方が、今や国民の関心事になったのだから、これは「全ての目論見が裏目に出た」としか言いようがなく、完全に外れだ。(レジ袋有料化も正直「なんだかな?」だ。)その当人たる6人も騒ぎ過ぎた。(新聞はともかく)テレビの(その手の)ワイドショーでも騒ぎ過ぎ。その6人の素性も明らかになった。政府批判も周回し、もうネタ切れだ。元公安の官房副長官が人選に絡んでいる時点で(実は)【公安案件】なのだが、大体、その6人の素性がテレビのワイドショーで公になっているのに、そこを特定野党と6人の当事者が騒ぐ事自体が自殺行為だ。(余程「鈍感なのか?」と思う位だ。)然もテロやスパイ防止法、または自衛権に関わる安保理に関わる法律の施行に反対するだけではなく、一般の国民でさえも逮捕の可能性があるとしたデマの張本人だ。勿論、国民を巻き込む事で世論を混乱させるのが目的だが、あり得ない事ばかりだった。話を戻すが学術会議への推薦者の拒否も所詮は国民には関係のない話で、世論が盛り上がらなかった。その前の「もりかけ」「桜」で国民が特定野党にうんざりしているからだ。今回も国会が始まる前は「選挙の際は、国民への選択肢が増えた」と自らの政党の存在感を示していたが、このザマである。

クリックすると元のサイズで表示します

国会では早くも学術会議の件が暗礁に乗り上げた。そこでNHK News Webで、こんな記事が出た。「【学術会議】憲法専門の百地氏「首相の任命権 自由裁量ある」 日本学術会議」と。これは「NHKなりの(この問題に対する)終了を示したものなのかな?」とも取れるのだが如何なものだろう?これは憲法が専門の百地章国士舘大学特任教授の見解だが、その記事によると「百地特任教授は、「私は結論的には任命拒否はあり得ると考えている。菅総理大臣はいろいろなバランスとか総合的に考えたと言っており、総理大臣の任命権は、学術会議の推薦に拘束されるものではなく、ある程度の自由裁量はある。法律の解釈は変わらない。運用で少し変化が出たと私は理解している」とし、その反面で「学術会議そのものにも問題があるようだと考える人たちも増えている。本来のあり方に持っていこうということで、改革の動きが出てきているのは当然ではないか」と指摘している。

更に「学問の自由を侵し、萎縮を招く」との野党等の批判には「私から言わせるとナンセンスだ。学術会議の会員になれなかったからと言って、学問の自由は侵害されないのではないか」と述べたが、これこそ当たり前だ。だからこの問題、結局は「薮蛇になるだろう」と思ったが、その通りになった。到頭、野党側もヤジを飛ばすしか出来る事がなくなったようだ。早く消えて欲しい。この政党は何処の国の有権者にアピールをしているのだろう?

学術会議問題、とうとう野党とマスコミが事実上の「敗北宣言」を出した…!
https://news.yahoo.co.jp/articles/d30310619ded12c5df1c0dd90804ec796a2069c6
学術会議、地域偏在を改善 大西元会長、菅首相に反論
https://www.jiji.com/sp/article?k=2020102801038&g=pol
村西とおる監督が日本学術会議問題をバッサリ!任命拒否撤回求める教授らを「おかしい奴等」
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2281035/
【学術会議】憲法専門の百地氏「首相の任命権 自由裁量ある」 日本学術会議
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201029/k10012687281000.html
三菱重工にも「公示送達」 資産売却へ手続き進む 韓国
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d3c357d6f72c25dc225fcee66befc7a6642b16d
江崎道朗 @ezakimichio
https://mobile.twitter.com/ezakimichio/status/1320845103808720896?s=21

クリックすると元のサイズで表示します

此処で日韓関係だが、日韓議連の議員が好き勝手な事をわざわざ韓国にまで訪問して言ってるだけで、政府間の交流は既にない。それは諸々の問題は、単に韓国の国内問題だからだ。然もその殆どが韓国側からの難癖だった。だが結局は、日本につけた難癖が元で身動きが取れなくなった。それこそ自業自得だが、例の徴用工訴訟も同様で、最高裁で決着がついたのだから、その日本企業たる「三菱重工業」へ、その賠償としての韓国内資産の差し押さえをさっさとやれば良いのだが、なかなかやらない。時事通信の記事によると「原告側は三菱重工の商標権や特許権を差し押さえており、地裁は11月10日以降に売却命令を出すことが可能となる」そうだ。なんだか「またか?」だが、これで何度目だろう?記事には、こんな事も書かれてある。「日本側が資産売却に関する関連書類の受け取りを拒否しているため、地裁は9月7日に三菱重工側から意見を聞くための「審問」に関してウェブサイトに「公示送達」を掲載。11月10日に同社側に内容が伝えられたとみなす効力が発生し、地裁は売却に向けた次の段階に進む」と。これも本当の処は解らない。と言うのも「その手の手続きは終わった」と何度も記事になってるからだ。どうせ事実上、国交もない状態なので、今更だが、さっさとやって欲しい。

0

更に真摯に  独り言



人気ブログランキングへ 

京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者の稲盛和夫氏は「苦難に対しては真正面から立ち向かい更に精進を積む。成功に対しては謙虚にして驕らず、更に真摯に努力を重ねる」と言ったが、まあ何事に謙虚な方が「道を踏み外さずに済む」てなものか?若手俳優の伊藤健太郎が一瞬にして容疑者と化したが、それがひき逃げだと言うのだから、色々と「調子に乗っていたんだろうな?」と思われても仕方ない。そのニュースを見た少し前には冷凍焼売のCMを見たばかりなので驚いた。「今日から俺は!」だったか、髪を逆立てていた役なので特に印象も強く、そのテレビドラマが始まった時は知名度がイマイチの出演者ばかりだったので、橋本環奈さんが「みんなで売れようね!」なんて呼び掛けていた逸話もあるのだが、そんな苦労も経ているのにバイク事、人を撥ねた途端に逃げ出すとは情けない。テレビでしか彼を知らない人は、そんなテレビドラマの影響もあり、役に重ねた印象となるのも仕方ないが、「此処で鼻が折れれば?」とは思う。これから違約金が発生するのだろうが、事務所次第だろう。しかしながら今まで交通事故で交通刑務所に入所した芸能人の名は全く聞いた事もない。

さて時事だが、「BuzzFeed Japan」と言うニュースサイトに「「国民の政権への期待は…」菅首相が国会で自虐ネタ?解散総選挙めぐり」と題した記事が在ったが、どうも見出しに悪意がある。創作はいいので、「もう少し即物的に記事が書けないものか?」と思う程だ。それは記事を引用すると「日本維新の会・馬場伸幸議員の質問に答弁。衆議院の「解散総選挙」をするかどうかについて、以下のように答えた。「解散についてはまずは新型コロナ対策、そして経済の再生が最優先であり、国民のみなさんの政権への期待もそこそこにあると思います」」てな部分だろうが、この位、謙虚で良いと思う。それよりも総理曰く「まずはこれらに全力で取り組みたいと考えます。いずれにせよ1年以内には衆院選を行う必要があり、そういった時間の制約も前提にしながらよく考えたい」とした言葉が印象に残った。これは野党側には受け取り方で色々な意味に取れるだろう。特に立憲民主党だ。(国民民主党の活動は何故か今までと違い、足取りが重い。)つまり今やっている「日本学術会議」の任命問題を政局化した事への国民への影響だ。片や10億円の活動資金が妥当か、片や国会を裁判所代わりに国会審議の妨害行為を行う立憲民主党だ。ちなみに国会を開くのに1日掛かるお金は約4億円だ。並べてみるとどちらも無駄に感じる。つまりはそう言う事なのだ。そこでいつも特定の大臣を狙った質問しかしない蓮舫氏が何故か大人しい。(と言うよりも慎重だ。)だから自身のTwitterにも変化があるようだ。

蓮舫氏、麻生財務相の「お金に困っている人は少ない」発言に怒り「貴方の周りはそうなんでしょう」
https://news.yahoo.co.jp/articles/242a60495b9cbe1488d325c04961880ca25db14c
「国民の政権への期待は…」菅首相が国会で自虐ネタ?解散総選挙めぐり
https://news.yahoo.co.jp/articles/3ef2061058d67b1f649309fef04f97e8539f4d19
ひき逃げの伊藤健太郎容疑者「現場に戻って助けろ」と諭される 被害女性は5メートル飛ばされる
https://dot.asahi.com/wa/2020102900072.html
伊藤容疑者10年以下の懲役か罰金も/ひき逃げメモ
https://news.yahoo.co.jp/articles/35297b303df92055567f5166a30a2b3ce4d13b72

クリックすると元のサイズで表示します

スポーツ報知によると「この日、麻生氏が政府が景気対策として実施した1人当たり現金10万円の一律給付について、貯蓄に回す人もいたという見方を示した上で「お金に困っている方は少ない」などと発言」。その上で「『お金に困っている方は少ない』とも発言 貴方の周りはそうなんでしょう」とつづると、「でも、世の中を見てください バイトが切られ家賃も学費も払えない大学生、フリーランスや非正規雇用の方々の不安の声を聞いてください」と」。更に「その声に応えるのが政治です しかも貴方のお金ではない」と」。これには珍しく同意したい。是非、国会でも国民の声を代弁して欲しい。結局、庶民に取っての「10万円」は価値が微妙だ。使うには少ないし、それならと預金をして何かに備えようと思ってしまう。だから貰って「助かった!」てな額ではない。だから当初の案の『30万円』に注目した訳だ。これならば「当初、何かで間に合わせて使っても残る」と。つまり余力だ。早い話が、やはり麻生コンクリートの社長(在期:1973〜1978)でもあった麻生財務相には、その辺の価値観がズレているのだ。然もその30万支給に反対したのも麻生大臣。そこがキツイ。選挙をしても結局は消去法で自民党しか選択肢がないのは、実は国民に取っては悲しい事なのだ。(民主党系政党は、本当に国を売ってしまうのも、あの「民主党政権」時に散々見せつけられた。)だから望むのは、自民党は議席が多過ぎるので整理の意味で「保守系」と「左派系」に分離、再編をする事だ。その方が解りやすい。とにかく泣いても吠えても1年後には選挙がある。当然、野党の成果も解る。政局では有権者は動かないのだ。今や立憲民主党が反面教師になった。

0

三度に一度は  コラム





松下幸之助氏は言った。「どんな偉い人でも、三度に一度は失敗したほうが身の為になりそうである。そしてその失敗を、謙虚さに生まれ変わらせた方が、人間が伸びる。失敗の連続も叶わないが、成功の連続も危ない話である」と。何事も経験だ。失敗があると何かと気をつけるものだ。さて今日は晴れ間の見える時間があるものの、最高気温が13度と微妙だ。札幌はそんな感じだ。夜には崩れそうだ。微妙と言えば、米国大統領選挙だが、その報道に至っては、米国も日本も秋の紅葉のように真っ赤か。当然、偏向があり、結局、投票日にならないと本当の支持率が解らないのだ。しかしこのコロナ禍の中、その根源たる中国に近い民主党を支持するかだ。中国絡みと言えば「日本学術会議」だが、やはり立憲民主党が噛みついている。双方共に解りやすいが、実は仮初めにも政府機関である事は間違いないではない。なのに国会では(思った通りに)コロナ関連の予算審議には全く協力しない、いつもの立憲民主党の姿がある。(国民民主党は意外と慎重で、その関連の動きは見えず。)この案件(学術会議会員の任命拒否)も実は、10億も国費で補っているものの、国民には関係ない事だ。(言わば、NHK予算みたいな感覚だ。)しかしながら何の役にも立たない機関ならば「行政改革の対象」と言われれば、逆に大歓迎だ。結局、また立憲民主党は、国民の利益にならない自己満足な追及をしているだけで、野党にも関係ないのだ。然もその6人を擁護。任命拒否について「憲法違反だ!」と宣う。だが学術会議にも関連法案があり、憲法からはみ出すものはない。それよりも政府機関なのに政府が管理出来ない方が問題だ。そこで好き放題にやられたので政府が待ったを掛けた。とは言え急に問題視する特定野党の動きは不自然だ。当初から政局化しており、その6人とは同調した動きになっているので、結託しているとしか言いようがなく、陰謀論しか浮かばない。勿論、そこに加担しているのが左派系の中国絡みの媒体だが、落とされたテロリストみたいな6人と立憲民主党と共闘したような状態で騒ぐと逆に立場が悪くなるのが「日本学術会議」だ。次々と暴かれる矛盾した行動は「やはりこんな政府機関ならば要らない!」と国民にアピールしているようで滑稽でならないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

立憲民主党も秋の国会が始まる前は、政府と共にこのコロナ禍を乗り切る話をしていたのに、このザマである。この案件の旗降り役は日本共産党だろうが、今回も当然動かず、(共産党の)舎弟と化したの立憲民主党が動く。胡散臭いとは、この事だ。既に薮蛇状態だが、公安の調査対象が揃って悪足掻きである。ちなみにその6人だが、26日のNHKの番組で、総理の菅義偉氏曰く「一部の大学に偏っている。誰かがもう一度組織全体を見直さなければならない時期ではないかと思う」「民間出身者や若手研究者、地方の会員も選任される多様性が大事だ」と語り、国会でも同様の発言をした。(記事元:zakzak)これってかなり踏み込んだ発言なのだが、そこまで言って気づかない方が疑問だ。しかしながら、その6人の拒否理由を国会で公にするのは流石に「人権問題」だろう。それこそ「プライバシーの侵害」である。

学術会議問題、ここにきて批判する野党のお粗末っぷりが明らかに…!
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4a9f97c074a6d2f6b158e5d42842e7323d8d9d6
「学術会議の組織全体を見直す時期ではないか」 菅首相がNHK番組で言及
https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/201027/pol2010270004-s1.html
グレタさんが香港の民主活動家を支持 中国が反発
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/amp/000196101.html
取材の感じ、まるで4年前 本当にトランプ氏再選ない? - アメリカ大統領選挙2020
https://www.asahi.com/sp/articles/ASNBW2Q69NBRUEHF005.html

クリックすると元のサイズで表示します

それとこれ、テレ朝ニュースの記事にあったのだが「スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさんが香港の民主活動家を支持したことに中国政府が「干渉する権利はない」と反発しています」との事。この人も背後に中国共産党があるとは思ったのだが、それは当人ではなく、「神輿の担ぎ手が関わっていたのかな?」とも思う。何せ北欧の富豪の御嬢様だ。かなり恵まれた環境の元で環境活動家としての活動をしているだろう。なので御花畑なのだ。民主主義も充分、謳歌している筈だ。(単なる金持ちの道楽かも?)とは言え、その手の活動家は真っ赤かだ。しかしそんな連中は何かと言えば「民主主義」である。記事よると「中国当局に逮捕された12人の民主活動家は今年8月に香港から船で台湾に渡ろうとして拘束されていました。グレタさんがツイッターでこの12人を支持する考えを示したことに対し、中国外務省は「中国は法治国家で法に則り事件を処理する」としたうえで、「どんな人にも干渉する権利はない」と強調」。そろそろこの御嬢も、世の中の現実を見る頃だろう。

0




AutoPage最新お知らせ