何もやらないのが一番  コラム



社会・政治blogランキング

あのホリエモン事、堀江貴文の名言(?)だ。「政府は何もやらないのが一番いい。どうやったら成長するか考えるのではなく、無駄な規制を全部取っ払ってほしい」と。確かに規制に関しては、それが言える。それによって既得権益が発生するからだ。しかしながら規制がないとやりたい放題で抑えが利かなくなる。ピークがどこか解らないからだ。その最たるものが「日本学術会議」関連の法律だと思う。実はこれ、1948年7月10日に制定したものだが、2004年4月14日に改正されており、そこを踏まえないと「法令ガー」とか「解釈ガー」となる。それが人事権で現在、揉めてる問題なのだが、その法律と照らし合わせると別に違法ではない事が判明する。とは言えそこを面倒にしているのが、1983年に当時に内閣総理大臣だった中曽根康弘氏の答弁だろう。これは日本共産党議員からの質疑に於ける返答だった訳だが、1983年には内閣府の下部組織の筈である「日本学術会議」への人事に関し、その法律もなかった事にされている方が問題ではないか?だからこそ、当時の中曽根総理は「形式的」と言わざるを得なく、現在のような事があると話が面倒になる。そんな問題だ。

クリックすると元のサイズで表示します

とは言え、そもそも問題でもない。それにしてもこの機関に関する法律がありながら、その一部が守られていない事自体が問題なのに、左派系媒体や政党は全て逆張りの解釈で無理を言う。なので少しずつ元来の状態にする為の法案もあった訳で、現に2004年には見直されているではないか?どうも野党や媒体は法律よりも発言の方が重要なようだ。だから例の6人については「何故、法に則り、その通りにしたのに問題なの?」と言う事になる。そこで色々と「それ関連の記事から見えるものはないか?」と掲載したURLの記事を参考に小生なりの見解をこのblogで述べているのだが、やはり結論は「法律は何の為にあるの?」だ。元大阪知事の橋下徹氏が任命されなかった学者(?)と、その法律にある『任命権』のあるなしの言い合いをしていたが、弁護士の立場から見れば、やはり法律から外れた事にはとことん突っ込むのも当たり前の話で、それでも不満があるのならば正式に政府に学術会議の方から任命権も全て学術会議に委託するべく改正をする法案を陳情すれば良い。現に旧法に於ける『第四章 会員の選挙』が現法では「会員の推薦」に改正されているではないか?此処で元々そこには「何が書かれていたか?」だが、比較の意味で転載すると、

第四章 会員の選挙(1948年7月10日制定)

第十七条 科学者であつて、左の資格の一を有する者は、会員の選挙権及び被選挙権を有する。
一 学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)又は旧大学令(大正七年勅令第三百八十八号)による大学卒業後二年以上の者
二 旧専門学校令(明治三十六年勅令第六十一号)による専門学校、旧師範教育令(昭和十八年勅令第百九号)による教員養成諸学校又はこれらの学校と同等以上の学校、養成所等を卒業後四年以上の者
三 その他研究歴五年以上の者

2 前項の科学者は、科学又は技術の研究者であつて、研究論文若しくは業績報告又はこれに代るべき所属の学会若しくは研究機関の責任者の証明により、研究者であることが証明される者でなければならない。

第十八条 前条の規定により選挙権を有する者(以下有権者という。)は、事務局に備えた各部ごとの名簿に登録しなければ、選挙権を行使することができない。
第十九条 会員の選挙は、全国区と地方区とに分け、各部ごとに、同時に、これを行う。
第二十条 日本学術会議に、選挙管理会を設け、有権者の資格審査、選挙の実施、投票の効力の決定その他選挙に関する事務を行わせる。
第二十一条 前四条に定めるものの外、会員の選挙に関して必要な事項は、日本学術会議の定める選挙規則で、これを定める。

第五章 会議

第二十二条 日本学術会議の会議は、総会、部会及び連合部会とする。
2 総会は、日本学術会議の最高議決機関とし、年二回会長がこれを招集する。但し、必要があるときは、臨時にこれを招集することができる。
3 部会は、各部に関する事項を審議し、部長がこれを招集する。
4 連合部会は、二以上の部門に関連する事項を審議し、関係する部の部長が、共同してこれを招集する。

第二十三条 総会は、会員の二分の一以上の出席がなければ、これを開くことができない。
2 総会の議決は、出席会員の多数決による。
3 部会及び連合部会の会議については、前二項の規定を準用する。


と如何にも戦後民主主義の到来を表す内容になっている。それが2004年の改正法だと


第4章 会員の推薦

第17条 日本学術会議は、規則で定めるところにより、優れた研究又は業績がある科学者のうちから会員の候補者を選考し、内閣府令で定めるところにより、内閣総理大臣に推薦するものとする。

第18条 削除
第19条 削除
第20条 削除
第21条 削除
第22条 削除

と一見見通しの良い法律となっているが、正直「ずいぶんと緩くなったな?」としか思えない。「削除 」とは何事だ?なのでテレビの報道バラエティー番組等で芸能人コメンテーター達が単純に「菅総理は『日本学術会議』の人事に「政治介入」をしてる」だの「学問の自由への侵害」だのと騒いでいるが、如何に御門違いの事かが解るだろう。なのでこれは法律の専門家とか、法律に詳しい人ではないと問題の観点すら理解が出来ないだろう。だからこれを「令和版の『もりかけ』」と称される。オールドメディアはまだ国民を騙せると思っているのだ。兎角、「日本国憲法」は平和憲法とは絶賛されるが、単なる日本の国内法で、その「第九条」の理念は確かに世界でも評価はされるだろうが、所詮は外国の憲法だ。他国が守る必用はない。正直言うとこれは「軍事的な抑止力を日本の国家自体に行使しているヘンテコな憲法」だ。だから尖閣諸島にしても、北方領土や竹島の領有権問題にしても侵害されても政府は「遺憾の意」しか言えない。これこそ『自虐憲法』である。呆れたものだ。今回の「日本学術会議」の件だが、法規上、ある程度の知識が必要なので小生なりに整理してから取り上げてみた。

クリックすると元のサイズで表示します

最近、元プロレスラーの高田延彦氏のTwitterでのコメントが矢鱈とネットで目につく。その殆どが「もう少し勉強してから意見しろよ」そのものなのだ。そこで「逆にオマエはメディアに利用されているんだぞ」と言いたい位だ。早速、例の件でも「総理、やらかしちゃったな」と偉そうなtweetだが、見当違いも甚だしい。勿論、「学術会議」人事の件だ。氏は菅義偉総理が「総合的、俯瞰的な活動を確保する観点から判断した」との説明に対し、「この説明じゃサッパリ分からないなー」とtweetしているが、明かに勉強不足だ。そんな高田氏と比較をする訳でもないが、政治家から結局、プロレスラーに戻られた大仁田厚氏の方が政治や法律の勉強をしている。政界引退後に知識の足りなさを痛感したかは知らんが、議員時代よりは物事を理解したtweetをしている。そこでこんな言い方もなんだが、法律は解る解らなくとも、そこに書かれているのが事実である。そんな芸能人のなかには「理解しなきゃ、コメントしては駄目なのか?」と難癖をつける者も居るが、こればかりは理解をしてからコメントをしてくなきゃ困る。物事の筋は簡単だが難しくしているのは人間だからだ。

任命できない人が複数と副長官が首相に報告
https://this.kiji.is/688376774530712673
河野氏「注意深く見る」 学術会議の予算10億円
https://www.sankei.com/smp/politics/news/201013/plt2010130001-s1.html
「聖域なく見る」河野行革相、日本学術会議 見直しに着手へ
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4098035.html
高田延彦「総理、やらかしちゃったな」静岡県知事の「菅首相の教養レベル露見」発言に
https://news.yahoo.co.jp/articles/5196348b64636de20783097fdc81da07917d852d
大仁田厚、菅首相に「教養のレベル」発言の静岡・川勝知事をチクリ「下積みから登りつめた人に対して常識的な発言とは思えない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e56eb45e75679d9925fa256c7b9a7b7a67eb5bc
日本学術会議 昭和58年の政府答弁「形だけの任命をしていく」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201008/k10012653471000.html
日本学術会議問題〜中曽根答弁だけで「ルール違反だ」とするのはいかがなものか – ニッポン放送 NEWS ONLINE
https://news.1242.com/article/249157
法津第百二十一号(昭二三・七・一〇)
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/houritsu/00219480710121.htm
日本学術会議法(昭和23年法律第121号 最終改正:平成16年4月14日法律第29号)
https://hourei.net/law/323AC0000000121
「日本学術会議」の正体とは 「非民主的」「野党のようなもの」大学教授ら語る
https://news.yahoo.co.jp/articles/f4aa4c0997fac37d4d7caee4186ebc2bd8dc324d

0




AutoPage最新お知らせ