帰って来た人  社会・政治




作家の曽野綾子女史の名言に「病気が人生を発見させてくれて、謙虚になって帰って来た人は実に多い」と言うものがある。その言葉、「確かにそうかも?」と。「入院したから色々と気をつけようかな?」と思うものだ。さて日本放送協会(NHK)が調子に乗っている。読売新聞によると「NHKは16日、総務省の有識者会議で、受信料徴収のための訪問で年約300億円のコストが生じていると主張。費用削減に向け、テレビ設置時の届け出義務化や、未契約者の氏名などを照会できるよう制度改正を要望した」と。それにしても「国営」でもあるまいし「テレビ設置時の届け出義務化や、未契約者の氏名などを照会」はなかろう。そこに特殊法人の中途半端さがある。それは1950年公布の放送法(昭和25年法律第132号)による施行からだが、同法に基づき、社団法人日本放送協会の一切の権利義務を継承した特殊法人とした。尚、米国占領期の1952年まではGHQ政策による政治プロパガンダに利用されており、その影響は現在でも当時の米国民主党政権の思惑が見て取れる。それがいつの間にか中国共産党の広報機関のような状態なのだから終戦記念日の週の朝ドラが変な事になる訳だ。米国の影響があった時代は「戦争=反米」だったので、そんな演出を遠慮していた。処が現在は露骨な米国批判が演出に見受けられる。報道もそんな感じだ。それはさておき半官半民なのに反日の放送協会だ。こちらも行政改革の対象だろうが、携帯端末使用料の値下げ自体、どうも電波法改正への伏線のようにも思え、現政権の政策実現の為の動きも至る処で察する事が出来る。然も淡々と目的を達成しつつある進み方だ。こちらも解体か民営化が望ましく、現状、これで放送協会等と名乗るには心許ない感もある。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで今回のNHKの提案だが、放送受信料が利権化しているのを改めて知らしめる事態となった。しかし今更、受信料+NHK予算での運営ではなかろう。関連会社も幾つもあり、収入元も多様化している。なのに特殊法人化当時の基準だ。流石におかしいのではないか?武田総務相も20日の記者会見で「かなり厳しい意見がNHKに寄せられていることは承知している」と言う程だ。その上で「(現在は)要望があった段階で、今後の議論を見守りたい」として「NHK自身が改革意欲を持ち、すべての問題に取り組んでいただきたい」としたが、正直、これでは完全国営化をし、公共放送としての中立性を国家や国民が注視出来る状態にした方が宜しいのではあるまいか?それ程に偏った情報を朝から流しているのだ。

テレビ設置届け出義務化や未契約者の氏名照会…NHK要望に「かなり厳しい意見」
https://www.yomiuri.co.jp/culture/20201020-OYT1T50100/
小沢一郎氏「国民のために働く」の自民党ポスターに「お友達、関係者のために」と訂正
https://news.yahoo.co.jp/articles/b5cb6074182ac0ada3bcb17f27918b7088d53135
枝野氏、菅内閣の政策を批判 「国家像なくつまみ食い」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a0452808d812635858d16e6555f77b9520f1f88c

クリックすると元のサイズで表示します

民主党系政党の小沢一郎氏と枝野幸男氏が現政権について苦言を述べている。だが相変わらず「おまえのカーチャン、デベソ!」程度のものだ。そこが情けない。「何故、政権批判ではなしに政策論で勝負出来ないのか?」とも思うが、やはり無理か?もうそんなレベルに戻れない程にこの政党は劣化している。共同通信に『枝野氏、菅内閣の政策を批判 「国家像なくつまみ食い」』なる記事があった。思わず「それはおまえらじゃー!」と突っ込みたくなるが、これは16日に共同通信加盟社編集局長会議で講演した時に出た言葉。まあ「仲間内ならば何でも言えるか?」だが、まるで自己紹介だ。それで見出しにあった言葉だが、枝野氏曰く「どういう情報通信のビジョンを描いているのか、どういう社会を描こうとしているのか分からない。各論つまみ食い内閣だ」と。
更に日本学術会議絡みでは「学者に対するリスペクトが足りない。上から目線の政権の特徴が出ている」と批判をしたが、「そう言うおまえは?」だ。「競争をどんどんすれば人も金も物も都会に集まり、東京への一極集中は止まらない」とも指摘したが「だからなんだ?」としか言いようがない。なんだかくだらない。そうかと思えば小沢一郎大先生は、菅(義偉)内閣に対し、Twitterで「国民のために働く」「わざわざそれをスローガンに入れようという発想が全てを物語っている。実際には、特定のお友達、関係者のためにしか働いていない」と。更には「嘘や隠蔽が当たり前のこの時代、悪質な印象操作に騙されることなく、物事の本質を見極めることが何より求められている」と宣う。「コイツらも懲りないな?」と呆れてものが言えないが、その「悪質な印象操作」をしてるのが、志を同じにする反日の左派系新聞社やテレビ局だろう。テレビカメラと共にアポなしで押し掛けるアレはなんだ?

0




AutoPage最新お知らせ