謙虚さやリスペクト  独り言




サッカー選手のリオネル・メッシ氏は「謙虚さやリスペクトは、自分の人生や選手としてのキャリアに於いて絶対に忘れてはならない事だし、自分の目標を達成する為に常に頭の中に意識しているよ」と言うが、別にサッカーに限らず、それは大切で意識をするかしないかで後々に違いが出てくると思う。今日は米国の大統領選挙の行方が気になり、またその他にもする事があったので、更新が遅れた。だがやはり思ったようにはなりそうだ。民主党と言えば、こちらの(立憲)民主党も荒れているが、TBS NEWSによると「中国の外務省は定例の記者会見で、大統領選について「結果はまだ確定していない。アメリカ国内の問題だ」と述べるに留めました。しかし最近、こちらでは、「中国にとってどちらが大統領になるのがいいと思うか?」という会話がよく聞かれました」。とはしているのだが、「バイデン氏については、国際協調を重視し各国と連携して、中国包囲網を敷くのではないかという懸念も出ています」なんて見方もあるようだ。とは言うものの、YouTubeには「ジュリアーニ元NY市長が語る」として「ジョー・バイデンは副大統領として訪中した際、チャイナが尖閣諸島に軍事的圧力を強めることを許す引き換えに息子の投資会社に10億ドルの出資を受けていた」なんて証言がある。なので中国外務省は惚けているとしか言いようがないのだが、簡単にそれを明かす事もしないだろう。それこそ野暮だ。しかしバイデン候補は中国にとっては米国の政治家では都合が良いのはバレバレなのだ。

また明日に改めて大統領選挙の結果云々について触れよう。中国に近い「日本学術会議」の件も含めてだ。

米大統領選、対立深まる中国の反応は
https://news.yahoo.co.jp/articles/94fc92b8134683429f877576b23594c6fcdcd89a
「バイデンは中国からの献金で尖閣諸島の軍事行動を許していた」ジュリアーニ元NY市長が語る
http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3723305

クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ