意見に耳を傾け  コラム



社会・政治blogランキング

嘗て学校法人ノートルダム清心学園理事長を務めた渡辺和子(1927年2月11日 - 2016年12月30日 キリスト教カトリック修道女 (修道女名:シスター・セント・ジョン))女史の名言に「維持や執着を捨てて素直になる事、他人の意見に耳を傾けて謙虚になる事が成熟と言う事」と言うものがある。即ち「我を捨てる事で人間的にも成長する事もある」てなものか?さて米国大統領選挙の煽りでもないが、それにより、媒体のスローガンなりイデオロギーが暴露される事があるが、それとて今更か?思えば(アノ)民主党政権は、ひとつの転機と言おうか、日本の媒体の現状を示す事となった。つまり「特亜(南北朝鮮や中国)」に侵略された事実だ。その点では、米国大統領選挙とて、その再現みたいなものだろう。しかしながら米国でやらかした事の一回りに過ぎない。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の大統領選挙では何としてでも民主党に勝って欲しかったのだ。御存知の通り、現在の中国は、共和党のトランプ政権によって経済制裁を受けている。それを出汁に北朝鮮にも圧力を掛けられるからだ。何せ国連演説で日本人拉致問題に言及したのはトランプ大統領が始めてだ。正に国際的に中国(共和党)政府の悪事を知らしめた訳だ。然も自民党の安倍政権との関わりから、中国への包囲網を造り上げたのだから、日米の存在が目の上のたんこぶに感じられた事だろう。だからこのコロナ禍の現状は、その打破としか思えないのだ。その新型コロナウイルスだが、やはり特亜中心インバウンドばかりの日本が影響を受けた。思えばあの政府配給のマスクも、安倍政権潰しのトラップだったのかも知れない。主導は経済産業省と官邸だったが、世耕弘成氏が大臣から外れ、参院幹事長となったのも、もしかしたらソッチ系の陰謀なのかも知れない。(経産省官僚に煙たがられたか?)特定野党も、その時とばかりに国会では「嫌がらせ」とも取れる妨害行為をした。そこで結局、安倍政権は倒れた訳だが、その度に思うのは(主に民主党系の)特定野党は、別にそれで「『政権交代』をしたい訳でもないんだな?」と思った。現に具体的な政策を掲げ、国民に対し、プランすら語る事もない。これでは政権交代後に何をしたいのかが解らない。その前に前回の失政についての総括すらしていないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

話が長くなるので割愛するが、その”国際的規模のコロナ禍”が米国大統領選挙にも波及した。間抜けなのは、裏工作があまりにも杜撰過ぎ、その黒幕が中国(共和党)なのがバレバレの事だが、最近、こんな事があった。フリーアナウンサーでタレントの小林麻耶さんが、TBSでレギュラーを務めていた「グットラック」を何の予告もなしに降板させられていた事だ。その理由は色々と憶測もあるが、ネットでは、米国大統領選挙に於いて、「ドナルド・トランプ氏を応援した事が原因ではないか?」と指摘をされている。ではどんな事を発言したかだが、ネット記事から引用すると「私はバイデンさんの過去に、とても気になるところがあって。事務所のスタッフさんにセクハラ被害で訴えられたりとか、他にも、他の女性8人からセクハラ被害で訴えられたりですとか、現在の奥様の娘さんも薬物所持とコカイン使用とかで、警察に暴行の疑いで逮捕されてるけども証拠不十分で不起訴となってたりとか、ちょっと人柄的に......」。

クリックすると元のサイズで表示します

「スキャンダルというか、こういうのってっていう。スキャンダルっていうんですか、これを。セクハラ被害とか。そういう人たちが国の、そういう人が」と。結構、具体的な理由だ。これは5日の事だが、降板が判ったのが12日で、おまけに小林さんの所属事務所、「生島企画室」は契約終了を発表だ。その理由は「正常なマネジメント業務を行う事が困難になった為」としている。ちなみにその他の理由もあるが、個人攻撃レベルなので、何処まで信用して良いやら解らない。ちなみにその「生島企画室」は、元TBSアナウンサーの生島ヒロシ氏が始めた芸能事務所だ。当然、古巣の局のイデオロギーの影響はあるだろう。(明らかな「言論統制」だ。)クライアントは偉い。

小林麻耶「バイデン批判で降板」ネットで憶測拡散 グッとラック!発言を検証してみると...
https://www.j-cast.com/2020/11/12398770.html?p=all
室井佑月氏 麻耶の降板理由「はっきりさせて」「出てる側は恐ろしい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f6370591985c077d29c2dd255b1b346a7a9c1519

クリックすると元のサイズで表示します

その関連の与太話だ。記事元はデイリーだが、12日に作家の室井佑月氏が、その件をTwitterでコメントしたのだが、それを引用すると「なんだか考えちゃうんだけど、小林麻耶さんの降板て、どの発言が問題だったの?リュニューアルする時期でもないし、こういうのはっきりさせてもらいたい。出てる側からすると、恐ろしいよ」と。この人はとても平和だ。そこで「こういうこと、はっきりさせないと、しょうもない陰謀論などがまかり通ってしまう」なんて危惧をしたが、そこまで理解をしてるのならば良い。この人は、どちらかと言えば媒体の扇動行為に乗せられて利用をされる人だ。そこに気が付いていたら、こんな事はしていないだろう。

0
タグ: 政権交代




AutoPage最新お知らせ