自分を低くする者  コラム



社会・政治blogランキング

イエス・キリストの御言葉に「だから、この子どものように、自分を低くする者が、天の御国で一番偉い人です」と言うものがある。卑屈になれとは言わないが「下手に我を張らない人が、周りとの調和が取れるのかな?」てなものか?巷では、東京、埼玉、千葉、神奈川の各知事が「緊急事態宣言」を政府に要請したそうだ。だが何かズレてる。つまり今更だ。然も「国がやらなければ何もやらないのか?」と。昨年春には国に先駆けて北海道と大阪が「緊急事態宣言」を出したが、その他の自治体は何もやらず、政府の動きを見ていた。まもなく政府で宣言したが、様子ばかり見ている知事さんは、やはりズルいと思う。だから今回も、やろうと思えば自治体でも独自の「緊急事態宣言」なりを出せたのだろうが、何もやらなかった。これではまるで自治体としての責任を放棄したも同然だ。北海道や大阪の若い知事の動きは早かった。それで成果も出たが、今回、政府に要請した知事はだんまりである。そして又もや責任転嫁である。「国家に不満があるのなら、自分で動かんかい!」だ。

クリックすると元のサイズで表示します

だが現在は、そんな単純なものではない。正月早々、いつも利用するバスターミナルで気づいた事だが、やたらと(大きな旅行カバンを持った)東南アジア系の人が多い。新千歳空港への渡航制限緩和の影響だ。(小生は札幌在住だ。)これも“自民党幹事長の二階俊博氏の鶴の一声”だ。只でさえ風邪やらインフルエンザが蔓延する季節に(検査さえ、規制緩和された)外国人が日本へ来る。とても危険だ。(安倍内閣時には渡航制限を掛けていた。)だからそれを決めた二階幹事長が、どれだけ危険人物かが解る。普通の人でも82歳にもなれば、若い時のような判断力がないのに自民党は、そんな老人を幹事長にしている。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで“安倍内閣の継承内閣”だった筈の「菅義偉内閣」の指針がブレている。内閣人事も(歳のせいで)頭の衰えた幹事長の権限で決まったようだが、確かにそれは外交政策に於いて、前内閣を継承していないのが解る。これでは内閣総理大臣たる菅義偉氏が余程、“二階氏をコントロール出来ない”と本当に日本が潰れる。そこで前者に挙げた知事さんに言いたいのだが、「幾ら「緊急事態宣言」を政府に要請しても、中国と韓国を含む11ヶ国の渡航に規制を掛けて、往来する外国人を制限しないと何も変わらないよ」と。現に「Go to」を止めても新型コロナウイルスの感染者が増えてる。その(「Go to」)因果関係を政府は否定をしているが、これでは感染者増加の一番の原因は(11ヶ国の)外国人の渡航規制解除だとしか思えないのだが、如何なものだろう。しかし渡航規制解除も「Go to」も、共に二階氏の鶴の一声だ。本末転倒とはこの事だ。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに二階氏の親分だった田中角栄氏は色々とあったが国益は守った。(当時の国民の暮らしも安定していた。)それは中国に対しても対等な外交をしていた事が今更解るが、その弟子達は側近としてチヤホヤされていたままの感覚で権力を持ってしまった。(然も何故か中国にペコペコしている。)娘の真紀子氏も似たようなものだが、あれだけ期待をされていたのに小泉内閣での外務大臣が務まらなかった。(結局は只のお嬢様だったのだ。)現在は、あれだけ悪党扱いをされた角栄氏が見直されている。

クリックすると元のサイズで表示します

と言うのも、政治を天上から見下ろすように遠方まで眺めて判断が出来る政治家が居ないからだ。そこで思い出すのが、ハマコー事、浜田幸一氏だ。「政界の暴れん坊」とまで言われた御仁が(現在)健在ならば、どう叱咤しただろうか?そこで自民党だが、安倍政権で調子が付き過ぎて、また悪い面が目立ってきた。保守と左派の違いも酷いので、そろそろ解体再編が必要だろう。

緊急事態宣言発出を政府に要請 東京、埼玉、千葉、神奈川の各知事
https://news.yahoo.co.jp/articles/7afeeccd526184cec8c851ecd0eae0261202aed8
【独自】中国「千人計画」に日本人、政府が規制強化へ…研究者44人を確認
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20201231-OYT1T50192/
【悲報】NHK紅白歌合戦が悲惨wwwwwwwww
https://toua2chdqn.livedoor.blog/archives/57552553.html
黒沢年雄 年末の紅白は「理解に苦しむ最悪の歌番組だった…僕は」
https://news.yahoo.co.jp/articles/329cde477788f0b93e3aa43245f0376a3844ddee
オワコン『レコード大賞』まだやってるの?「忖度だらけ」で「茶番もいいとこ」
https://www.excite.co.jp/news/article/Myjitsu_248114/

クリックすると元のサイズで表示します

後はURLの掲載記事について簡単にコメントしよう。そこでNHKの「紅白歌合戦」とTBSの「日本レコード大賞」に関しては、もう言う事がない程、色々とこのblogでも述べている。Excite Newsでは「オワコン『レコード大賞』まだやってるの?「忖度だらけ」で「茶番もいいとこ」」なんて記事があったが、それはNHKの「紅白歌合戦」とて同じ事。特定の芸能事務所の歌手ばかりが優先される。つまり各芸能事務所の権力の度合いを毎年、見てるに過ぎないのだ。だからシラケる。更に近年は韓流も絡む。そんな感じなので、数年前から急に馬鹿馬鹿しくなり、今では見る事さえやめてしまった。だから今更、昭和の時代の紅白なんて観ているのだ。何故、日本の(音楽)業界が駄目になったかも、このblogで散々述べた。改善も、かなりの荒療治が必要だろう。それこそ業界再編でもして、不純物を追い出さなければ駄目だ。そこで現内閣要の看板政策の行政改革で引っ掛かった「日本学術会議」だが、その任命に洩れた政治運動家の学者?に関しては今更野暮だろう。あれだけテレビで散々、「こりゃダメだ?」と言う情報を流したのだから「これでも解らんのか?」だ。実は閣僚には公安に関わる副長官と大臣が居る。官房副長官の杉田和博氏は、1989年に「警察庁警備局公安第一課長」だったし、総務大臣の武田良太氏は「第95代 国家公安委員会委員長」だ。だからこちらの面は手厳しい。おまけに学術会議は中国共産党政府肝煎りの「千人計画」に関わっている。それに関し、読売新聞では、日本人研究者が44人も居たのをスクープしたが、これも前から言われた事だ。これは早い話が「世界のトップクラスの研究者や技術者を好待遇で中国に迎える中国の人材プログラム」だ。つまり日本の技術を中国に流しやすくするのだ。即ちスパイだ。勿論、他の国の学者も居る。だから米国のトランプ政権が、そこを大掃除しようとしたのだが、あの大統領選挙だ。これは外国が他国の選挙に介入したのがバレた実例となったが、新型コロナウイルスが蔓延した中の選挙であり、その使い道が、そのまま陰謀論になる。米国の国務省のレッドパージも本気なようなので、日本の方も片付けば幸いだ。それで二階幹事長が名指しされた事もあり、現総理の菅義偉氏も、あまり二階氏を庇うと晩節を汚してしまう。

0




AutoPage最新お知らせ