自己懐疑  社会・政治



社会・政治blogランキング

生物学者で青山学院大学教授の福岡伸一氏は言う。「自分は威張って等いないと言う人でも、謙虚になる事は必要だと思います。知的である事の最低条件は、自己懐疑が出来る事ですから、謙虚さは、その出発点になるのです」と。確かにそんな感覚は必要だ。慎重である事に悪い事はないだろう。遅れて取った正月休みを終えたが、今回はパソコンの調子を戻すのに初期化をしたので、その処理に追われてしまったのだ。なので家庭の記録で残した8ミリフィルムのテレシネは出来なかった。

クリックすると元のサイズで表示します

肝心のライティングソフトも初期化したからだ。だがデーターは取れた。上手くいかないものだ。パソコンもメンテが必要だ。それとこの前に作った、100吋のシネスコスクリーンだが、やはり取り付けに難があり、プロジェクター自体の解像度にも難を感じたので、こちらも予定通りにハイビジョン化する予定だ。そろそろヤフオクでも、それなりの商品が見受けられるようになった。中には目玉商品もあるので、今は毎日のようにチェックをしている。そんな感じだ。現在、使用しているのは、NECの業務用を廉価で落札し、修理調整をしながら使っているが、100吋では色々とアラも出るのだ。始めてそのスクリーンを張った時は、大して解像度不足も感じなかったが、昨日は「あれっ?!」って言う程に意外と気になった。だが最初にメンテで使ったDVDでは気にならなかったので不思議だ。原因を探してみよう。そんな処か?

クリックすると元のサイズで表示します

大体、趣味の話が枕になる時は大した話題はない。米国大統領選挙は残念な事になったが、まだまだ動きはありそうだ。だから注目をしているが、あれはクーデターのようなものだ。その再集計でさえ、所謂“バイデンジャンプ”が懲りずにあった(ようだ)が、もう隠す気もないのだろう。それにしても日米揃いの親中政権。これでは(更に)今以上に中国共和党のやりたい放題となるだろう。これで味を占めただろうから、もしかしたら日本の国政選挙でも、米国でやらかした事をするかも知れない。だが今や限りなく零%に近くなった支持率の民主党系野党はお呼びではないだろう。嘗ての民主党政権時にそこそこの政権運営能力が示せなかった事から、すっかり国民からの信用を失ってしまったからだ。そこで与党左派に利用価値を求めるだろうから、次の総裁選が心配だ。まさかの野田聖子総裁の可能性がある。この人も日本の政治に於いて、何等かの功績があるのかも解らない。寧ろ石破茂氏の女版としか思えない事をしている。国民民主党辺りに所属していた方が解りやすい人だ。

【緊急拡散】トランプ、逆転可能と判明 反乱法発動条件あい満たす
https://news-us.org/article-20210108-00111826474-usa
竹田恒泰氏 ビジネス関係者の入国が一転継続に苦言「ダメだこりゃ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210108-00000055-dal-ent
自民・二階氏「党大会はできるだけ開催」 昨年は新型コロナで中止
https://www.sankei.com/smp/politics/photos/210105/plt2101050006-p1.html

クリックすると元のサイズで表示します

さて到頭、増加する「新型コロナウイルス」の感染者の為に、一都三県が「緊急事態宣言」を発令するに至ったのだが、それでも増えたら他に理由があるのは当たり前だ。なので「その後、それを指摘しなければならない時に、きっちりと公表出来るかどうか?」だけだろう。そろそろ中国と韓国を含む11ヶ国からの渡航規制緩和を指摘する有名人が出てきたが、そこが「世論に繋がれば」とは思う。でなければ単なる少数意見で終わってしまう。こんな時に二階幹事長と特定野党の利害関係が一致するのだから困ったものなのだ。本来ならば政府与党の辻褄の合わない事を批判するのが野党の役目である。

0
タグ: 中国共産党




AutoPage最新お知らせ