素直で謙虚な視点  独り言





「大切なのは、素直で謙虚な視点を持っておく事。柔軟に視点の切り替えが出来れば、どんな場もうまく乗り切る事が出来る筈です」。これは現在、一般社団法人 「営業部女子課の会」で代表理事とFounderを務める太田彩子女史の名言。まあ何事も素直な事は良い事だ。だがその反面、それを悪用する者が必ず居るのも世の中である。『行政改革』を(コロナ対案と共に)政策の頭に掲げた総理の菅義偉氏が迷走している。現在、迷走している政策も、実は時期を狙って実行をしていれば、此処まで混乱はしなかった。その前後不覚の原因が年老いて自我の塊となった自民党幹事長にある事は、誰の目にも伺えるような状態なれば、既にその人物が職を辞する時期になった事を意味する。「老人性の?」と言うのは流石に失礼だが、物事の焦点が老化の為、判断が感情優先だ。おまけにそれが原因で国民が実害を被っているのだから尋常ではない。そんな現状だ。


クリックすると元のサイズで表示します


菅義偉氏の総理権限はない。だから困る。なので現在は自民党幹事長の二階俊博氏が国民の命を預かっているようなものだ。散々迫害を受けているのに中国と韓国を歓迎し、もてなし、何をされても上の空。安倍政権時にしていた規制や制裁まで解く勢いだ。現に尖閣諸島に於いての王外相の苦言に対して行った茂木外相の友好的な態度は逆に中国側の苦言を認めたようなものだし、これでは国の権利や財産も守れない。内閣人事にまで二階氏が口を挟んだ結果だ。全く国民が哀れである。だから売国振りは「民主党政権」を上まるのだ。こんな感じで確実に国を潰すだろう。これが歳で自我満開の菅義偉内閣ならぬ『二階政権』の怖さだ。既に安倍政権の継承内閣にはなってはいない。コロナウイルスの感染者数が止まらないのは二階氏のせいだ。斯く言う媒体も親中親韓の為、利害関係が合うので二階氏には余り振れず、菅義偉氏を責める。振り回されている総理が不憫である。


クリックすると元のサイズで表示します


さて今日は休みだが、肝心のパソコンがパンクしたので片付けものばかりだ。カセットデッキの部品交換やら他にもする事があるが、そのパソコンのせいで予定も狂った。そこでレコードを洗った。汚れが酷く、幾度となく洗ったのにノイズが収まらない物だ。洗い終わったお湯は真っ黒になった。


辛坊治郎氏がメディアのコロナをめぐるミスリードを批判「重症者の大半は退院している」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210113-02615532-tospoweb-ent
ほんこんがメディアのコロナ報道を批判「君たちが煽り、今度は困窮する飲食店を取材」
https://news.yahoo.co.jp/articles/c5ec44da70f864a779814dc8dc9b64c1a4adddbe

0




AutoPage最新お知らせ