謙虚と言うもの  独り言



人気ブログランキングへ 

芸術家の岡本太郎氏が生前、こんな事を言っていた。「謙虚と言うものは、人の前で、おのれを無にするとか低く見せる事では絶対にない。寧ろ自分の責任において、おのれを主張する事だ。つまり、謙虚は権力とか他人に対してではなくて、自分自身に対してこそ、そうあらねばならないんだね」と。これも言わんとしている事は解る。現代人は、その「責任」が足りないと思う。これも欧米思想の間違った模倣が原因だ。どうも昔は海外の教えの方が優秀だと捉える傾向にあり、それが土地柄、その国家であれば必要なものなのだが、それこそ十羽一絡げで比較もせずに妄信的に「日本もそんな思想が必要だ」と訳も解らないのに取り入れた結果が組織で責任者不在となる事例を作っているようにしか思えない。更にそこに利権が絡むと厄介になる。人は放っておくと楽な方向に傾きがちだ。その悪い見本となるのが「『東京五輪』組織委員会ではないか?」と思う。矢鱈と部署や機関が細分化され過ぎて、結果、誰も責任を取らなくても良い仕組みになっている。これ程に「平均平等の原則」が悪用された例もないと思う。だから当初に提唱した筈の「コンパクトな五輪」を固持する責任者が居なかった。大体、建築不可能なデザインとの駄評のあるザハ・ハディド氏を推薦したのも利権だろうし、これが最初の踏み外しでもあった。構造から工法を考えなければならない自体、建築デザイナーとしては失格だし、図面に起こせないデザインなんぞ話にもなるまい。

そこで「予算が決まっているのに無視したのは誰だ」。と言う事にもなるが、そこで代表責任者なる人物が明確ならば、そのデザイン自体を採用しないだろうし、況してや競技場なれば、そのデザインとて実用重視になるのが当たり前の事でもある。都政も当時は揺らいでいたので責任者が明確に出来なかったのかも知れないが、こんな大型のプロジェクトがいい加減に進められたのも、全てが最初からデタラメだったのだろうとしか思えない。それが今や、中国武漢由来の「新型コロナウイルス」によって頓挫も視野に入れなければならない状況になっている。これがまるで罰(バチ)が当たったようにしか思えないのだ。と言うのも、もしこの五輪がコロナもなく、昨年に予定通りに開催されたとしても後から何等かの責任問題が発生されただろうから色々と後味の悪い大会として記憶に残ったと思う。猪瀬都政の後の舛添都政の時は、その上無駄な浪費も指摘されていたので、前知事の舛添要一氏は、これに関しては大口は叩けないのではあるまいか?「喉元過ぎれば」の悪い見本だ。そもそも当初の案を総崩れさせた原因を作ったのは誰なのだろう?数々の「???」ばかりだ。双方に言い分はあるだろうが、ゼネコン側の利権に負けた感もあり、専門家からは異論もあろうが、東京大会については「組織の統率」に問題があったとしか思えない。そして「これが日本人のする事か?」と失望した。今更ながらだが、やはりそれに輪を掛けた「新型コロナウイルス」は憎い。自民党の二階俊博幹事長は、殆ど細菌テロの首謀国状態の主席を国賓で迎えようとしている。本当にボケたか?

【新国立競技場】「なぜ実務家たちは、ザハ・ハディドを支持するのか」建築家・藤村龍至さんに聞く
https://www.huffingtonpost.jp/2015/09/02/ryuji-fujimura-talks-on-new-national-stadium_n_8031084.html

クリックすると元のサイズで表示します

0

おかげさまと「感謝」  独り言



社会・政治blogランキング

「謙虚とは、控えめの事ではない。おかげさまと「感謝」出来る事」。これは著作家の小林正観氏の名言だが、やはり“他人への気遣い在っての”謙虚だと思う。実際、それが出来ている人を見ると(やはり)社会的にそれなりの地位にある人ばかりだ。だから出世をするのだが、逆にそれから高慢になる人も居る。よっぽどだと淘汰もされるが、大概は周囲が波風立つのを恐れ、我慢し、諦める人が殆どだろう。いけない事だが、それが現状か?現在、与党である自由民主党の幹事長は、言わずと知れた二階俊博氏だが、高齢の為(当年:82歳)、最近は(老人性痴ほう症説と共に)体調不調説が記事に上がる。それが極左媒体の記事に上がるのだ。しかし一見、同族の印象しかないので「観測気球かな?」とも思ったりする。それ位、特亜の情報機関と化した(日本の?)媒体には都合の良い人物なのだ。おそらくその手の野党にも都合が良いだろう。『二階政権』たる菅義偉内閣とは、そんな存在なのだ。確かに政府方針で決めた事さえ、与党の幹事長が上の空なのだから、当人たる二階氏も(ぼんやりと)「訳わからん?」状態になっているのだろう。(そうとしか思えん!只でさえ年寄りは我慢が出来なくなるものだ。)だからこそ続投するに辺り、野田聖子氏が幹事長代行として充てられたのだろう。日本は深刻な高齢化社会だが、これとて「政界からこれでは?」と思う。政府の政治判断が、明らかに成り行き任せなのも頭への血の巡りが悪い「高齢者の政治家が多数を占めているからではないのか?」とさえ言いたくなるが、それこそ図星なのかも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します

話は変わるが、中国政府が、TPP(環太平洋経済連携協定)への参加に意欲を示している。テレビ朝日ニュースによると「中国商務省の王受文次官は24日の記者会見で、TPPについて「政府内部ですべての条項を前向きに検討し踏み込んだ分析を行っている」と述べました」との事。しかしこれは中国への包囲網の筈。そこで「何故そんな?」だが、布石がない訳でもない。1月15日に茂木敏充外相が、時事通信のインタビューに、それが垣間見れる。記者の「米国にTPP復帰を働き掛けるのか」との質問に対し、茂木氏曰く「TPPに入ることは米国のためになるとずっと話してきた。通商分野を含む幅広い分野で、バイデン政権と緊密に意思疎通を図っていく」と。これは米国のバイデン政権も親中であるが故の返答だが、現在、それが日本基準である事を踏まえるとヘンテコな事を言っている。(まるでその経緯を知らないのか、惚けているかのようだ。)しかし日米政府が共に親中であると理解した上の発言ならば、その意味合いが変わってくる。つまり「米国民主党を利用して中国を引き入れる事を画策しているのではないか?」と。ちょっと深読みかも知れないが、とても危険だ。傍から茂木氏を見てると、まるで工作員のようだ。

「韓国推し」を続ける日テレに集まる不信感…フジ炎上の二の舞となるリスクも?
https://news.yahoo.co.jp/articles/8002219fcb598ccfb40aa4c201497d52a5424826
中国がTPP参加に意欲 一部の加盟国と接触を開始
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000208152.html
バイデン政権、TPP復帰に期待 茂木外相インタビュー
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021011600413&g=pol
二階俊博の「体調不良説」にザワつく現場…機嫌がいいのは女性議員といる時 緊急会議にも対応できず
https://news.livedoor.com/article/detail/19745302/
米軍がシリアで空爆“大統領の指示”
https://www.news24.jp/articles/2021/02/26/10830389.html

クリックすると元のサイズで表示します

後は「何かあるか?」だが、現代ビジネスの記事に『「韓国推し」を続ける日テレに集まる不信感…フジ炎上の二の舞となるリスクも?』てなものがあった。一見、ガス抜き記事だが読んでみると「そりゃそうだ」と共感が持てる。確かに日本テレビの韓流はあざとい。どんな番組にでも言える事だが、どこにでも突っ込む印象があり、唐突感もある。特に「スッキリ」に、その傾向が酷いが、あの「zip」もそうだ。グルメ情報では必ずと言っていい程、キムチや大量のチーズを使った料理がある。ホットプレートの活用法を取り上げても「これでは?」だ。おかげで視聴者には韓国疲れの人も居る事だろう。「世界まる見え」も酷かった時期がある。もちろん民主党政権時だが、冒頭から「韓国まる見え」状態になっていた。どこにも韓国由来のスポンサーがないのに不思議だ。

クリックすると元のサイズで表示します

それとこんな事があった。なんと米軍がシリアを空爆した。米国の国防総省によると、空爆をした理由として、イラク北部アルビルにある米軍の基地近くへのロケット弾攻撃が、最近相次いだので報復をしたとの事。ちなみにその場所はイランを後ろ盾とするイスラム教シーア派の武装組織「カタイブ・ヒズボラ」等が利用している複数の施設である。バイデン大統領が指示している。このニュースだが、正直当初、「場所が違うだろう?」と思ったのだが、「トランプ政権時の案件なのかな?」とも言える。しかしシリア情勢は、あの通り。(政権跨いでの)長々考えての空爆か?

0

懸命になれば  独り言



人気ブログランキングへ 

「懸命になればなるほど、人々は腰を低くして、他人から学ぼうとする」。これはアイルランド生まれの英国人画家のフランシス・ベーコン(Francis Bacon、1909年10月28日 - 1992年4月28日)の名言だが、それが出来る人は伸びしろが大きいだろう。高慢は人を遠ざける。となれば孤立し、学ぶ処ではなく、「人としてもどうか?」と思う。人は誰しも環境に影響を与えるものだ。「さて巷では?」だが、国会は総務省と東北新社の接待問題で大荒れだが、また国会を立憲民主党等の特定野党は裁判所代わりに使っており、刑事事件だと睨んでいるのならば最初から、提訴なりをすれば済む話で、いつもながら合理性に欠ける。なれば結局、重要案件での対案やら具体的な政策がない故の時間稼ぎにしか感じられない。だから“特定野党”なんて言葉も出来た訳で、普通の感覚ならば党の恥だ。

真相は不明だが、当の広報官が公言した「飲み会に呼ばれても断らない女」に引っ掛かけ、国会招致前日の24日に立憲民主党国対委員長の安住淳氏が嫌みっぽく、「国会に呼ばれても断らない女だと思う」と言ったのには呆れた。立派な女性蔑視だ。ついこの前、国会で森喜朗氏の事を叩いて(東京五輪)大会委員会会長を辞任させたではないか?この政党幹部はいつも(悪い意味で)主観的。これも支持率が下がる原因だ。それにしても同じ言葉でも、当人が言うのと他人が言うのは意味合いが違うだろう。この人も福山幹事長と人間性では大した差はない。

“飲み会断らない”山田氏謝罪 広報官は続投の意向|テレ朝news
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000208186.html

クリックすると元のサイズで表示します

そんなこんなだが、この世知辛い世の中では音楽を聴くのが本当に癒される。そこで約30年來探していたレコードをようやくヤフオクで見つけ、何とか落札が出来た。実はこれ、既にCDでは聴いていたのだが、双方共に実況録音の為、演奏以外の雑音も付きもの。しかしそれが実況盤の臨場感なのだが、そこをリマスターに関し、自意識過剰の技術者がカットしてしまい、非音楽的な御粗末な代物になってしまった。(とは言え写真師の小生としては理解出来る点もある。)そこで流石に「これじゃあ?」てなもので、全然音楽が楽しめない。なれば「最初に世に出たレコードを」と探していたものだ。それが見つかった。あまりにも嬉しいので、そのレコードジャケットを掲載するが、

クリックすると元のサイズで表示します

これはドイツの指揮者で、主にミュンヘンやウィーンなどで活躍し、特にリヒャルト・ワーグナーやアントン・ブルックナーの大家として知られたハンス・クナッパーツブッシュ(Hans Knappertsbusch, 1888年3月12日 - 1965年10月25日:享年77歳)が指揮するブルックナーの第7番の交響曲だ。楽団はウィーンフィル、1949年のザルツブルク音楽祭でのもの。この作曲家の交響曲としては割と歌謡性のある楽曲だ。ウィーンフィルの美音が引き立つ。

クリックすると元のサイズで表示します

それとこれはドイツ出身のユダヤ系の指揮者で作曲家でもあるオットー・クレンペラー(Otto Klemperer, 1885年5月14日 - 1973年7月6日:享年88歳)が指揮するマーラーの第2番の交響曲。楽団はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、1951年のオランダ音楽祭での演奏だ。古いものばかりで恐縮だが、この一見古いレコードが、とても音楽的な音で鳴り響くのだ。そこで音楽再生と言うものは周波数の特性で決まるものではないのが解る。次の休みまでには届くと思うので楽しみではある。中域がしっかりと調整された装置で聴くと格別である。

0
タグ: レコード




AutoPage最新お知らせ