変化し、移りゆく  社会・政治



社会・政治blogランキング

老子曰く「人生とは、その時々に自然に変化し、移りゆくものです。変化に抵抗してはなりません。それは悲しみを招くだけです」と。これには余計なコメントは要らないだろう。流れに逆らわない方が物事は上手く運ぶものだ。さて今日は雨だ。GW中には、そんな日があるものだ。新型コロナウイルスの感染者は、既に東京は「五輪」処ではない状態。北海道はまだ抑えている方だと思う。(それにしてもテレビの朝の報道バラエティー紛いの番組では現状を引っ掻き回し世情を混乱させる。)そこにそれぞれの地方性が出るものだ。その収まらない感染者数に関し、政府の感染症対策分科会長である尾身茂氏が、到頭本音を漏らす。「今、日本人と在留資格を持ってる人などが入ってくる。これ以上、減らすのは難しいが、公衆衛生学的な立場から言うと毎日、2000人入ってくる、その中のかなりの部分は変異株の多い国。私は外国からの人流を少しでも減らす事が今求められる」と。28日の国会での出来事だった。

クリックすると元のサイズで表示します

正にそれで昨年、自民党幹事長の二階俊博氏が“鶴の一声”で(世相を無視した)日中外相会談をしたおりに特亜やベトナム等の入管を緩くしたが、その後はやはり二階氏肝煎りの「Go to」を始めてからは、また感染者が増加。そこで「Go to」との因果関係を政府は否定し、やめたものの増加。結局は入管が原因なのを渋々認めた途端に減った。これが昨年初めての「緊急事態宣言」が終わってからの出来事だ。だが次は変異株だ。それで「入管の規制をしてた筈ではなかったか?」と思ったが、いつの間にか緩くなっていた。たぶん日本には、あらゆる変異株が入っているのだろう。だから既に正しい判断が出来ない後期高齢者を(影響力がある地位には)任命出来ないのだ。残念ながら二階氏は既に客観的なものの見方は出来ず主観が全てだろう。そんな年寄りの為に日本は武漢肺炎(新型コロナウイルス)の感染者は爆発的に増え、とてもじゃないが「東京五輪」処ではない。

クリックすると元のサイズで表示します

その子分である外務大臣の茂木敏充氏も、日本よりは中国優先の外交をしており、世界の武漢肺炎ウイルスによる(死亡者も含めた)被害者を愚弄している。どうも日本の媚中政治家は、主観的な思考の者ばかりで国体すら守る気も無さそうだ。斯くして「悪夢の民主党政権」を二階政権は再現している。せめてもの救いは韓国に手厳しい事だけか?中国にしてみれば、韓国は既に属国だ。なればその扱いも(親中政権からすれば)軽い国だ。

“中国非難”の国会決議 「全会一致」へ苦肉の策 人権改善を優先
https://www.sankei.com/politics/news/210428/plt2104280015-n1.html
習近平主席を「独裁者」と表現 就任100日バイデン大統領が対抗姿勢鮮明に
https://www.fnn.jp/articles/-/176303
Mi2 @mi2_yes:https://twitter.com/mi2_yes/status/1387318785908957189

クリックすると元のサイズで表示します

さてこちらも渋々だろうか?産経新聞の記事によると「新疆ウイグル自治区など中国の諸民族が直面する人権侵害行為を非難する国会決議に向け、与野党の有志議員が調整を進めている。決議文の原案には国軍が市民を弾圧しているミャンマーの事案を盛り込んだ一方で、中国の国名は明記されていない。“対中非難”の色合いが薄れることを懸念する声もあるが、全会一致が求められる国会決議の実現を優先した苦肉の策との見方もある」との事。何故そんな事になっているかと言うと立憲民主党等の特定野党や与党である自民党と連立を組む公明党への配慮だ。ちなみに米国のバイデン大統領は、就任から100日を迎えるに辺り、施政方針演説を行ったのだが、そこで中国の習近平主席を「独裁者」呼ばわりだ。しかしながらバイデン政権も腹の底が見えない。口ではどうとでも言える。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしながら、それでもそれらの政党に渋々決議を促すには「ミャンマー」の事案を織り込むしかない。そこで通ればとは思うが、これ程に問題がある事さえ、各政党への配慮が必要なのはくだらない事だと思う。そんな時に公明党の下駄を履いた自民党は奇妙だ。こんな事がある度に連立した政党と統制が取れないのだ。以前から言われている事だが、そろそろ連立の解消を考えるのは如何だろうか?もう限界だと思う。

0
タグ: 中国共産党

他人もまた同じ悲しみに  社会・政治



社会・政治blogランキング

英国の戯曲家のシェイクスピアの名言に「他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷は癒されなくても、気は楽になる」と言うものがある。これも気の持ちようだが、確かに楽にはなる。結局、どうしようもない事は諦めた方が気持ちの切り替えにはなるだろう。そう言うものだと思う。さて新型コロナウイルスの感染状況だが、札幌では昨日の時点で170人、北海道全体では219人との事。GW突入直前でこれなので「終わった後がどうなるか?」だ。まだ北海道は抑えている方だが、全国規模で見た場合の報道体制(特にテレビ)には問題があり、昨年発生時からの累計も示し、結果煽っている。如何にも「日本政府は不甲斐ない」と言いたげだ。当然、各機関に影響を及ぼしている。お得意の印象捜査だが、国会ではボケているのか自民党幹事長の二階俊博氏がマスクをせずに出席。22日の衆院本会議時の事だった。席に座ってから気がついたようだが「この人は何か(ウイルスについて)知ってる事があるんじゃないの?」と思う程だ。実際、中国共産党とは(工作員並みに)一番関わりの近い国会議員である。

クリックすると元のサイズで表示します

かと思えば、立憲民主党は国民の命よりも党のイデオロギーである。産経新聞によると「立憲民主党の福山哲郎幹事長は27日の記者会見で、菅義偉首相が新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターを東京都に新設するよう指示したことについて「唐突感がある」と批判した」との事。「サッサとワクチンを全国に行き渡らせ、接種をせよ」とキチガイのように騒いでいた政党がこれだ。「此処にこの政党の性分があるのかな?」と思う。相変わらず新型コロナウイルスへの対応は全て政府任せで文句しかなく、それについては何の対応もしない。これじゃあ支持率が上がる訳がない。どうも「国民目線」と言う言葉を履き違えているようだ。特に福山氏は常軌を脱している。

そんな最中に「中国当局は?」だが、中国メディア(新華社通信とグローバルタイムズ)によると「尖閣諸島(中国名:釣魚島)での中米日3カ国間の軍事的衝突、さらには戦争が起きる可能性があると警告した」との事。韓国Naver Newsの記事では「海洋警備隊が、釣魚島(尖閣諸島)で日常的な巡察業務を行ってきたが、これまで中日関係次元で巡察について具体的に言及しなかったと説明した。それにもかかわらず、日本が中国を抑制するため、米国と協力することを決めたことにより、釣魚島に対する中国の従来の立場に支障が生じたと伝えた」と報じられていた。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしながらこんな記事もある。時事通信によると「中国自然資源省は26日、最新の衛星写真などに基づき作成したとする沖縄県・尖閣諸島の地形図をウェブサイトで公表した」と。つまり既に中国の領土なのだ。これが「遺憾の意」を積み重ねた結果だ。全て外務省の責任だ。実は沖縄は既に中国政府では自治区扱いである。どの辺の沖縄知事から、その状態なのだろう?竹島も現状では韓国が実効支配をしており、日本人は上陸出来ない。国連も関係機関も中国共産党が支配したようなものだ。ちなみに中華人民共和国は、旧連合国ではない。

新型コロナウイルス 北海道各地の感染者情報 28日
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210428/7000033457.html
自民・二階幹事長、ノーマスクで本会議へ…「自分だけはかからない」感染防止に“やる気ゼロ”
https://smart-flash.jp/sociopolitics/140366
立民・福山幹事長、大規模ワクチン接種会場「唐突」 首相指示を批判
https://www.sankei.com/politics/news/210427/plt2104270053-n1.html
中国「尖閣諸島で戦争が起きる可能性がある」日本と米国に警告状=韓国の反応
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/57965037.html
尖閣の地形図作成 「資源管理に重要」と主張 中国政府
https://news.yahoo.co.jp/articles/ebf9d835946fc16c8645a65a8c02397618076102
中国は、沖縄を「特別自治区」と思っている!? 沖縄対策本部代表 仲村覚
https://www.sankei.com/premium/news/161230/prm1612300028-n1.html
丸川氏「東京都の考えがまったく聞こえない」五輪医療体制で苦言
https://mainichi.jp/articles/20210427/k00/00m/050/069000c

クリックすると元のサイズで表示します

これも気にはなるが、このコロナ禍の最中、「東京五輪」はどうなるのだろう?毎日新聞の記事によると「丸川珠代五輪担当相は27日、閣議後の記者会見で、7月に開幕する東京オリンピックの医療体制について、「東京都が大会の主催者としての責任、医療の現場を預かるものとしての責任をどのように果たすのか。明確な方向性を示していただきたい」と東京都に苦言を呈した」とある。これって「結局、責任転嫁なのかな?」とも思えるが、思うに「東京五輪の中止を誰が声を最初に上げるのか?」なのだろう。丸川五輪担当相は「東京の感染状況をしっかり抑えることが、全国からお客様に来ていただくための大切な条件。東京都の考えがまったく聞こえてこないので、非常に懸念している」と語ったとの事だが、その時点で東京都知事の小池百合子氏はやる気なし。だから他人事なのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

思えばこの東京大会自体が利権まみれで予算も膨れ上がり、常に忖度だらけで誰も流れを正常化出来ずにダラダラやった結果だ。関わった大手ゼネコンもたんまりと儲けただろう。だから案外、利益にありつけた関係者にはどうでもいいのだろうと思う程だ。諸悪の根源は勿論、『国際五輪委員会』だが、色々と組織も劣化しているのでやめるのも良い機会ではあるまいか?それを解体出来る機関は何処だ?言うのは簡単だが、そこが難しい。

0

心に深く届けば、  コラム



人気ブログランキングへ 

詩人の相田みつさんは自身の詩について、「いくら多くの人に読まれても、ただ読まれるだけじゃ意味が無い。たった一人でいいから、その人の心に深く届けば、それでいいんだよ」と言っていた。メッセージとはそう言うものだ。昨日は休みだったのだが、朝から用事が在ったので、あまり落ち着く事もなく、世話しない1日だった。取り敢えずやるべき事はやったのだが、まだ事態は未消化だ。しかし少しは良いようだ。次の休みは午前中から作業が出来るので、朝からゆっくりしたいものだ。昨日何気にネットのニュース記事を眺めていたら「タレントの岡本夏生さんが、イベントのステージで同業のふかわりょうさんから強引にキスされるわいせつ行為を受けたとして損害賠償などを求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった」と時事通信の記事にあった。まだ“タレントの”とあるので、岡本夏生さんはまだ引退はしていないようだ。その内容は「やはり芸能人は、何かが足りないんだな?」と思われる内容だった。

クリックすると元のサイズで表示します

木下優樹菜が恐喝事案で引退した時に指原莉乃さんがテレビで「『昔ヤンチャしてました』みたいな人がテレビに出て売れたりとか、『一般常識ないですよ』みたいな人が売れたりとか」」と芸能人の常識の無さを認めていたが、確かにそれが目立つ。「だから芸能界にしか居場所がない」とは、よく言われた事でもある。元々芸の世界に生きる者は『河原乞食』等と蔑まされたものだが、汗を流しながら働く庶民から見れば、そんな事をせずとも稼げる事から「楽な商売だ」と罵られるのは理解が出来る。だがそんな河原乞食を嘗ては「スタア」と持ち上げた。それが映画俳優だった。これは虐げられた時代からの脱却だが、その扱いが日常化すると勘違いするのも理解が出来る。斯くして世の中の動きも解らない、天上の存在みたいな事になる。だから「スタア」とはよく言ったもの。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし映画産業が衰退すると嘗てのスタア達がテレビに降りてきた。そのうち歌手にまで「スタア」扱いをするようになった。それでも素人のオーデション番組(「スター誕生」や「君こそスターだ」等)が在った時代はピンでやれる才能の在る人だけが、その世界に行く事が出来たのだが、更に時代が進むとターニングポイントになる番組が始まる。フジテレビの「夕やけニャンニャン」だ。これはグループアイドルの先駆けでもあった訳だが、そこから発生したのが「おニャン子クラブ」だった。(それでもまだピンのアイドルを目指したものだった。)だがこれで芸能界の仕組みが明るみになった事から、芸能人が何等、特別な存在でもない扱いになってしまった。ちょうどその頃に岡田有希子さんの自殺騒動があったので、いつの間にか天上に輝いていた筈のスタアが居た芸能界は「怖い世界」になってしまった。それから現在がある。「人の噂も七十五日」なんて言葉があるように、そのうち当時の事が風化してしまった。だから業界の枕営業の実態をバラしたマリエさんの告白は、ひとつのカンフル剤になった。昨年は芸能人がネットでやらかしたハッシュタグ騒動もあり、やはり芸能人には一般的な常識を求める事自体が無理なのが今更ながら理解が出来た。「自分達で業界の首を絞めている現状にいい加減、気づけよ!」とは思うが、相変わらずの事が続いている。思えば芸能界の闇は、戦前に若き日の映画俳優の長谷川一夫さんが松竹から東宝に移籍の際に起きた暴漢に頬を切りつけられた事件から変わりない。酒井法子の覚醒剤常習により逮捕された事件も然りである。

クリックすると元のサイズで表示します

ふかわりょうさんに賠償命令 イベントで「暴力的キス」 東京地裁
https://news.yahoo.co.jp/articles/6095b280e8bff25e05e400bcc472590962210325
指原莉乃、木下優樹菜の引退を語る「芸能界ってめっちゃ恐ろしい」
https://news.mynavi.jp/article/20200712-1141076/
細野豪志議員がサンモニに抗議「全く前提知識のない人を知識人としてコメントさせる弊害」
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3043574/

クリックすると元のサイズで表示します

続いてテレビ番組の話だ。現在、自民党所属で衆議院会派「自由民主党・無所属の会」の議員である細野豪志氏が、18日に自らのTwitterでこう批判した。「サンデーモーニングの処理水についての目加田説子氏のコメントがひどい」と。その上で「『海洋放出以外の方法やコストを検討していない』→ALPS小委で散々やった 『処理水の放出を認めたら燃料デブリもしそう』→同列に扱うわけがない」。そして真髄を突いた。「全く前提知識のない人を知識人として地上波でコメントさせる弊害」があると。流石に民主党政権時代に『原発事故及び再発防止担当大臣』を務めていた。これが元閣僚を務めた事がある者の真っ当な意見だろう。それにしても日本の媒体はもう駄目だ。特にテレビ局は解りやすい。総務大臣は矢鱈と威勢がいいが、残念ながらハッタリだった。あのフジテレビの件ではガッカリである。現在では主要大手テレビ局では殆ど意図的にとしか思えない事が行われており、(たぶん意図的だろうが、)韓国のニュースを冒頭に置き、区別なく国内ニュースを流すので大きな事故等の場合は勘違いする。凶悪な事件もごちゃ混ぜにして流すのだから当然間違う。それが狙いなのだろう。国内ニュースだと勘違いさせ「ひでーな!」と思わせれば気が済むのだろう。そんな事を考えたりする。

0
タグ: メッセージ




AutoPage最新お知らせ