自分の力でどうにもならない事。  独り言



社会・政治blogランキング

「自分の力でどうにもならない事は、心配しても意味がない」。これは米国の企業家で、電子工学者(工学博士(ジョージア工科大学))のギル・アメリオ ( Gilbert Frank Amelio:1943年3月1日 - )氏の名言。Apple CEO(第5代: 1996 - 1997)としても知られる人物だ。この名言、確かにその通りでそんな簡略的な思考の言葉が名言になるのは如何にも工学博士らしい。物事は出来る事から始めるのが良い。さて明日は休み(公休)だが、今回はネットショップやオークションでまとめてパーツやら消耗品を揃えたので、暫くは(揃える物は)無さそうだ。カセットデッキのピンチローラーも届いたので、今日は帰宅後に作業の準備位はしたいとは思う。最近は、とにかくアナログ中心だ。テレシネにも使える映写機も届いた。メーカーのエンブレムは外れていたので模造して貼りつける予定だ。それはCanonの製品だったが、カメラメーカーらしく卒無く機能がまとめられており、全く無駄がなかった。こちらも当時の工業製品の優秀さが解る。外観はプラスチック製品全盛の時代らしく、貧弱に見えるが、意外と丈夫だ。フィルムも通してみたが、駆動音も軽やかで見ていても飽きない。良い物を買った。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなこんなだが、巷はやはり「コロナ禍」で、現実に戻される。ぼんやりネタ探しにネットを探っていたら「TBS「サンデーモーニング」を悩ます高齢化問題、打ち切りやリニューアルが現実味」なる記事を発見した。確かに酷い極左番組だ。内容もまるで全共闘運動での偏った学生気分が抜けない番組だ。とは言え、その運動が収まった頃に、それに関わった世代がかなりテレビ等の媒体に流れたので、その世代が偉くなると歯止めが効かないのだろう。それが「報道ステーション」であり「モーニングショー」だったりする。朝日新聞は朝鮮人「慰安婦問題」まででっち上げた。これは在日朝鮮人の強制連行説の発展系だが、当時の朝鮮人は「日韓併合」によって事実上の日本人である。当然、メリットはない。する必要もない。だから近年は嘘がバレた。そんな原因まで作り上げるのがこんな媒体だ。新聞でキッカケを作り、テレビで拡散する。それを助長しているのが「サンデーモーニング」等の極左番組だ。迷惑である。記事の内容は紹介しないが肝心の事は指摘が弱かった。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな媒体のスクープをネタに国民を扇動しようとするのが立憲民主党等の所謂、特定野党である。しかしながら現在は仕掛けがバレて効果が薄い。(と言うより「またか?」とウンザリしているのだ。)正に過ぎたるは及ばざるが如しである。そんな立憲民主党は相変わらずだ。代表の枝野幸男氏はTwitterで「やる気がないならば、1日も早く政権を渡していただきたい。こちらには準備がある」と根拠のない事を述べ、国会では所属議員が「日米首脳会談は米国の都合で先送りされたのだから、日本もコロナの影響が悪化を理由に『日を改めたい』とバイデン大統領に言うのが適切だった!」と子供みたいな事を言う。

クリックすると元のサイズで表示します

既にネタもなく、質問や対案すらもないので尚更だが、これで与党経験のある政党である事が信じられない。何せ基本的な外交感覚がこれだ。その小西洋之議員は「日米首脳会談のタイミングで防衛大臣が台湾とすぐ近くの与那国島に行くのは軽率と言われても仕方がない」と国会で苦言を呈したのだが、中国の露骨な威圧行為を示す最中、軍事的にも警戒しなければならない。これは岸信夫防衛大臣への質疑だったが、岸防衛大臣は「与那国駐屯地の重要性、隊員を激励したいと考え、日程調整し整ったためこのタイミングでの視察となった」と答えた。 結構、緊迫した状態なのが伝わる。事実上、開戦間近だろう。前線は台湾で場合によっては沖縄だ。県民は目を覚ませ。

「中国の反発があっても 伝えることが重要」自民 二階幹事長
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210419/k10012984501000.html
TBS「サンデーモーニング」を悩ます高齢化問題、打ち切りやリニューアルが現実味
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/04180600/?all=1
枝野幸男 立憲民主党 @edanoyukio0531
https://twitter.com/edanoyukio0531/status/1383741391822413831?s=19
Dappi @dappi2019
https://twitter.com/dappi2019/status/1384370658889535489?s=19
Mi2 @mi2_yes
https://twitter.com/mi2_yes/status/1384322447885799425?s=19

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに自民党の二階幹事長だが、NHK News Webによると「半世紀ぶりに共同声明で台湾に言及したのに対し、中国が反発していることについて「反発は予想されることだが、日中両国は互いに平和や安定を希求しているので、率直に伝えるべきことは伝えていくことが大事だ。あらゆる反応があっても、ひるまずに日本の考え方を積極的に開陳していくべきだ」と述べました」との事。たぶん中国当局に確認を取ってからの発言だろう。そんな見方しか出来ない。この人は悪い意味での「老兵は死なず」だ。そのせいで菅義偉氏の長い官房長官時代の功績は、全て水の泡だ。傍から見ていても気の毒で、能力が発揮出来ないのも見たままではあるまいか?

0
タグ: 中国共産党




AutoPage最新お知らせ