ぐっすりと眠り忘れ  社会・政治



社会・政治blogランキング

英国の戯曲作家のシェイクスピアの名言に「今後の事なんかは、ぐっすりと眠り忘れてしまう事だ」と言うものがある。この名言でもないが、昨日は帰宅後、食いたいもの食ってぐっすりと寝てしまった。衝動的にチキンカツが乗っかったミートスパゲッティが食べたくなり、今回は出来合いのチキンカツとレトルトのミートソースだったが、形はどうであれ、食べたかったので即席だが、手間を掛けたのは1.7mmのパスタを煮ただけだ。見た目はチープだが美味しかった。スパークリングワインをのみながら食べた。そんなこんなの食事だったが、今日はのんびりが過ぎて、予定していた時間よりも遅く起きた。それからのこのblogの更新だ。カセットテープの生テープを買った。もちろん中古だが、86本だ。大雑把にチェックをしたが、元の所有者は、小生の趣向と合うようで、消去せずにのこしても良い(興味深い)テープもあり、予定をしていた作業はそっちのけでテープ鑑賞と相成った。その状態はまあまあで、再使用にも耐えれる事が確認出来た。次回は消去の手間を避ける為に消磁器を揃える予定だ。5000円も在れば足りるだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

さて「巷では?」だが、またもや大した話題はない。新型コロナウイルスの変異株の影響で、先の見えない『東京五輪』だが、現段階では難易度は高く、開催出来れば“奇跡の大会”になるだろう。それを邪魔するウイルスだが、ネットでは陰謀論が、やはり気になり、官僚の現状無視の宴会がスクープされる度に「実はそんなに危険なウイルスではないんじゃないの?」と懐疑的になってしまう。しかしながら欧州での犠牲者(死亡者)数は尋常ではなく、その仕組みを知りたくなる。そこでこんな記事だ。題して『「守秘義務で…」五輪担当相、人件費詳細把握できず』。これは毎日新聞の記事だ。それによると「東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が企業に業務委託する際の人件費単価について、丸川珠代五輪担当相は19日の衆院決算行政監視委員会で、「守秘義務で見せてもらえない資料がある」と述べ、担当閣僚でさえ詳細を把握できていない実態が明らかになった」との事。JOC役員が自民党OBだらけなのも気になる。その関連会社も天下りだらけだろう。当初、「コンパクトな五輪」としたが、あれだけ予算が膨れ上がった。「当然、ピンハネもあるだろう」と疑ってしまう。“スポーツマンシップ”なんて言葉は既に死語だろう。

クリックすると元のサイズで表示します

その「東京五輪」もそうだが、世界が常に危険に晒されている現状になった原因を作り上げたのは「中国共産党」だ。現時点で人類の敵だ。だがそんな無頼漢が国家を統治している。共産党政府の事を「遅れてきた帝国主義」と、少し前に揶揄されたが、そんな段階はもう越えた。とは言えウイグル自治区には「アウシュヴィッツ」が再現された。民族粛清は現在進行形なのだ。国連には『沖縄』の事を既に“中国の自治区”として認識されているそうだが、この時点で「国連」の存在価値はなかろう。国連に在らぬ幻想を抱く事は全くナンセンスである。常任理事国が“中国共産党国家”である事自体が問題で、そんな国連をありがたく思う事自体が間違いである。

「守秘義務で…」五輪担当相、人件費詳細把握できず
https://mainichi.jp/articles/20210419/k00/00m/010/228000c
習近平氏「世界は覇道求めていない」 演説で米国を牽制
https://www.asahi.com/articles/ASP4N43PCP4NUHBI00F.html
フィリピン大統領、南シナ海に軍艦派遣の用意 領有権主張へ
https://jp.reuters.com/article/philippines-china-southchinasea-idJPKBN2C62NB

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに朝日新聞によると、20日に開催された中国海南省博鰲で開かれている国際経済会議「ボアオ・アジアフォーラム」の開幕式でのビデオメッセージでは「新型コロナウイルスの洗礼を経た各国人民は、いかなる形式の『新冷戦』やイデオロギーの対抗にも反対しなければならないとはっきり認識した」と主張。「中国はどこまで発展しても、永遠に覇権を唱えず、拡張せず、勢力範囲を求めず、軍備競争をしない」と発言をしていたが、共産党政府による覇権行為は旺盛で、到頭、フィリピン大統領がキレた。ロイター通信によると「フィリピンのドゥテルテ大統領は19日、南シナ海における石油や鉱物資源の「領有権を主張する」ために、軍艦を派遣する用意があると述べた」との事。これは被害国へ、何等かの影響を与える事となるだろう。密かに中国共産党解体の計画が進んでいれば絶賛をしたいものだ。幾度となく述べるが、既に政治的な制裁では済まない状態だ。これは細菌兵器による戦争と変わりない。当然、各国からの軍事的な制裁を中国は受ける事だろう。

クリックすると元のサイズで表示します

0
タグ: 中国共産党




AutoPage最新お知らせ