数えきれないほど、  独り言



人気ブログランキングへ 

「数えきれないほど、悔しい思いをしてきたけれど、その度にお袋の「我慢しなさい」って言葉を思い浮かべて、なんとか笑ってきたんです」。これは生前、漫画家の手塚治虫さんが自らの半生を振り返った時に言ったのだが、誰でも耐えなければならない時期はあるものだ。だがそこを乗り越えると何等かのスキルが身に付いている。人生色々な事があるものだが、山あり谷ありとはよく言ったものだ。それを何度も繰り返す。悩みのない人は羨ましいが、そんな人が本当に居たら奇跡だろう。小生も「何処でやり直せたら人生が変わっただろう?」と思う事ばかりである。

クリックすると元のサイズで表示します

先日、思いつきで映写機のプレートを作り貼り付けた。これはCanonの「Cinestar S-400」なるサイレント映写機。フォーマットは8ミリフィルムで新旧の方式に対応しているので戦前から昭和30年代まで在ったダブル8も掛かる。面白いのがこの映写機の構造で、ノンスプロケット(駒穴を歯車で引っ掛けない方式)なのでフィルムの損傷を防げるのだ。その利点としてはフィルムが通った状態で早送りも巻き戻しも出来る事だ。駆動音も心地好い。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな事が話の枕になる程なので大したネタはない。芸能ニュースでは近藤真彦氏がジャニーズ事務所を突然、退所をした途端に我慢をしていたものが爆発した感じだ。つまり氏は、この事務所では既にお荷物で、目の上のたんこぶだったのだ。これでも役員だったのは創業者が特別視をしていたからだ。思えばフォーリーブス解散後は、これと言ったものはなく、低迷期。そこで当時、子役だった現社長と共に生徒役で出演したドラマがウケた事から、後に“たのきんトリオ”としてブレイク。嘗ての男性グループを凌駕した事から再び事務所としても本腰が入った。その中のひとりが近藤氏だった訳だ。ジャニーズ事務所は渡辺プロダクションから独立してからまだ5年程度だったが、始めてヒットしたのが、その3人だった。それから売れるキッカケとなったTBSの桜中学シリーズ(金八、新八、仙八先生など)には、続々事務所所属の子役を生徒役として使い、番組終了後にブレイクを繰り返したので、益々“元祖”としての株が上がったが、そこで勘違いをしたのが近藤氏と田原俊彦氏だった。それが元で田原氏は業界から反感を買い干されたが、近藤氏は上手く事務所役員としての道が開けたようだ。そこで徐々にテレビでは見なくなった。なので本来ならば堅実に役員としての仕事をしていれば良かったのだが、創業者の(資金も含んだ)後ろ盾もあり、カーレーサーとなり、その関連の会社も立ち上げた。それを最初から見ていたのが少年隊の東山紀之氏だった。その後は割愛するが、共にジャニーズ事務所では取締役。然も近藤氏は指導員としての肩書きがあったので、「そんな人が?」みたいな思いがあったのかも知れない。しかし時を経てみると、田原氏は自力で這い上がり、事務所に甘えていた近藤氏は創業者が亡くなり、旧経営陣が退き新体制になった途端、居場所が無くなった。過保護過ぎて、人を利用する事しか出来ない者は、簡単に人望を失う。自業自得だ。

近藤真彦、ジャニーズ退所でわかった人望 間違いなく失う象徴的な仕事は?
https://news.yahoo.co.jp/articles/eb767c08ad4bc0f42dfc735eccc1b16289ff3854

クリックすると元のサイズで表示します

で、今にして思えば、あの金屏風会見で潰した、当時につきあっていた若手大物歌手(この表現も野暮だが?)は研音所属だった。結果、それでジャニーズ事務所が(研音に)圧力を掛けた状態ではあったが、あまりにも露骨過ぎ、正直「あれまでする必要があったのかな?」と思う程だ。その時の近藤氏の真意が知りたい。それまでに(その女性歌手に)相当貢がせていた噂もある。(勿論、カーレースだ。)事務所自体も度か過ぎている。しかしこれでは益々近藤氏が調子に乗るのも当たり前だ。後輩にも横柄な態度にもなるだろう。だから漏れる噂も説得力がある。今や副社長の滝沢秀明氏にもそれでは下の者が不信感を抱いても仕方あるまい。古い話だが、未だに金屏風会見が引っ掛かる。(当時の近藤側のファンは「どう感じた事だろう?」と思う程だ。)なんだか「不倫を期に」だが、初めのそれは事務所が片付けたが、今回は(事務所の体制が変わり)逆に咎められた。愚かなものだ。救いようがない。

0

あるからこそ  独り言



人気ブログランキングへ 

「束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。悲しみがあるからこそ、私は高く舞い上がれるのだ。逆境があるからこそ、私は走れるのだ。涙があるからこそ、私は前に進めるのだ」。これはインド独立の父として知られるマハトマ・ガンディー(Mohandas Karamchand Gandhi、1869年10月2日 - 1948年1月30日)氏の名言。確かに反動で成立する事はあるものだ。結果論ではあるが、即ち「逆境を乗り越えて」だ。“不屈の精神”とはこう言うものだ。さて長いゴールデンウィークも一段落だ。大きな会社であれば日曜日までだろうが、武漢肺炎ウイルスのせいで散々だ。札幌は今日、市民マラソンがあるが、これは五輪大会のテストでもある。交通規制が入るので、道路の混雑は多少あるだろうが、昨日の街への道路は空いている方だ。やはり田舎の都心部は謙虚なのだ。実際、常軌を脱した人の行為も(あまり)話題にならない。そのおかげでもないが、感染者が急に上昇する事もなく抑えられている(ようには思える)。ようやくワクチンの接種も始まったが、これにも陰謀論がある。そのウイルス自体もそうだが、結局、発生にしても意図を感じてしまう。現に武漢ウイルスが拡大しても、(共産党の方の)中国政府は覇権拡大に躍起になっている。同時にワクチンビジネスも盛んなのは、正に厚顔無恥と言えよう。しかしこれだけ世界中に拡大したのも、中国(共和党)政府の機密工作費が世界中に廻ったとしか言いようがなく、国際機関にも行き届いているようだ。現に国連関連機関は既に中国の手先で、世界保健機関(WHO)があんなザマだからこうなっている。

クリックすると元のサイズで表示します

その事務局長のテドロス・アダノム氏は、二期目の再選を狙っているようだが、これも中国(共和党)政府の工作費の賜物だろう。再選は約束されたようなものだ。WHOは形だけだが、中国へ(既に痕跡が消えた事を見計らって)調査団をウイルス調査名目で派遣もしたが、これとて慰安旅行みたいなものだろう。だから中国の派遣拡大を潰す為の包囲網を作らねばならない。(それは幸い、前政府の安倍内閣時代に築いた成果が出ている。)だが現時点に於いても世界各国が被害国だ。報復はせねばなるまい。経済制裁の声も上がるが、そんな段階はとうに越えてるだろう。武漢ウイルスによる国際的な被害は、(細菌兵器による)軍事攻撃に等しいのだ。つまり有事状態なのだ。流石にのんびりした事は言ってられまい。軍事報復も含めた中国共和党解体が相応しい。ウイグル自治区の解放もそうだが、中国による覇権問題も解決しなければならない。勿論、その後は包囲網に参加した新たな連合国による国際裁判も在って然るべきだ。

WHOテドロス氏、2期目目指す 米報道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021050400038&g=int

0

失敗すればやり直せばいい。  コラム



人気ブログランキングへ 

「失敗すればやり直せばいい。やり直してダメなら、もう一度工夫し、もう一度やり直せばいい」。これはPanasonicの創立者の松下幸之助氏の名言だが、小生世代では松下電器の方がしっくりとくる。その名言だが、つまり「人生七転び八起き」と言う事だ。やり直しは幾らでも出来るのだ。だから小生も諦めてはいない。いつかは花を咲かせるつもりでいる。さて話は変わるが、実は昨日、立憲民主党の記事でも取り上げてコメントでもしようと思ったのだが、その内容があまりにも馬鹿馬鹿しく、URLは掲載したものの、そんな気にはならなかった。今更ではあるが、この政党、やはりくだらない。正に「このコロナ禍に、まだこんな事やってる?」だ。ワクチンの接種が始まったのに「検査を拡大しろ」と言ってみたり、立憲民主党がどうにかするから「政権禅譲しろ」とも言う。とても正気には思えない。なのでそのURLは掲載しておくので興味のある人は参考にして頂きたい。大した事は書いてはいない。思えばこの政党、下野しても政権交代のチャンスは幾らでも在ったのに、起死回生を目指した動きは全くなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

何よりも現実から逃げてばかりで、政党として国民に寄り添った政策を組み立てる事もなく、国民目線で一緒になって政府批判をしていては何も始まらない。政党ならば、その批判を聞いて、党なりの改善案や対案を常に提出するが良い。それで初めて国民からは認められる。だが実際は見た通り。不満を政府に言うのならば、まだマシだが、国会でやらかしたのは質疑妨害や審議拒否だ。幾度となく、このblogで指摘するが、反対は現状維持である。変えようとする事を反対するのだから当たり前だ。本来ならば反対の理由を述べた上で「ならばこうしたら良い」と対案を出すべきだ。現在は憲法改正に関する国民投票について、そんな野党は審議すら拒否するが、こちらも何故拒否をするかの理由を述べ、野党なりの案を出せば良い。それすらせずに審議拒否は政党として、何も仕事をしていない事になる。現実から逃げるのはやめてほしい。立憲民主党のポスターは、宛ら国民に対する皮肉のようだ。

そして更に拍車を掛けているのが、テレビ等の媒体だろう。東日本大震災時の原発事故により、爆発をした原発を冷やすのに使った水は、まだ処理をされずにタンクの中だ。しかしながら、それを置く場所の確保も難しくなった事から(勿論、国際基準により)希釈し、海に放流する事となったが、そこで心配なのは風評被害だ。だが現実は、テレビ報道により風評被害が拡大している。そこで癖が悪いのが主観的である事だ。だから情報を正確に伝えない。場合によっては隠蔽してまで印象操作をする。番組によっても、その差はあるが特に酷いのがTBSの「サンデーモーニング」であったり、テレビ朝日の一連の報道系番組だと言えるだろう。

立民・枝野氏、コロナ禍の「政権禅譲」を主張 非現実的で戸惑いの声も
https://www.sankei.com/politics/news/210428/plt2104280030-n1.html
「国が直接乗り出すならば、むしろ検査の拡大に乗り出すべき」ワクチンの大規模接種センター設置に枝野代表
https://cdp-japan.jp/news/20210428_1284
ほんこんが“サンモニ”青木理氏の汚染水発言を批判「このような発言が風評被害、風評イジメになる」
https://news.yahoo.co.jp/articles/8d364332f811b4c29c2a1027887e60a67520cf93

クリックすると元のサイズで表示します

そこで吉本芸人の ほんこんさんの苦言だ。東京スポーツの記事を参考にするが、その「サンデーモーニング」のコメンテーターであるジャーナリストの青木理氏の発言に対してだ。青木氏曰く「皆さんご存じの通り、汚染水を放出するという話をしている」と。その上で「汚染水を放出と青木氏がテレビで発言 処理水です」。「この様な発言が 風評被害、風評イジメになるんですよ これ発言は問題になりませんかね」と。でなくとも青木氏は色々と問題がありすぎる。主観でしかものを言わないので思い込みが過ぎ、真実はいつも二の次だ。つまりこの人にとって真実は事実ではない。これではジャーナリスト失格だ。前政権批判も単に好き嫌いの判断であった事を当人は明かしていた。

0




AutoPage最新お知らせ