実を結ぶ時  コラム



社会・政治blogランキング

「辛い思いは全てプラスになる。苦しかった事、悲しかった事が、いつか必ず花開く時が来る。辛い事、悲しい事は幸せになるための必要事項。花開き、実を結ぶ時に辞めてしまってはいけない」。これは美輪明宏さんの名言だが、それこそ「苦悩から歓喜へ」だろう。さて「緊急事態宣言」解除後の北海道は「まん延防止」期間なので大した状況は変わらないが、感染者数は確実に減っている。その「まん延防止」も初めは「そんな表現はないだろう」と立憲民主党等の特定野党はケチをつけたものだ。コイツらそんな事にしかケチをつけられないのだ。なので支持率も下がる一方だが、立憲民主党は選挙の際、議席数を稼ぐ為に日本共産党が呼び掛けた「野合」を代表の枝野幸男氏自ら却下した。その理由も解らない訳でもない。以前にそれをした時には結局、日本共産党に浮動票が流れた。国会答弁の際は立憲民主党がヒール役をしているからだ。しかし選挙がなくとも大人しい訳でもなく、悪態をついて自ら支持率低下の原因を作っているので今更だろう。これでは「政権交代」も夢の夢だ。前回のそれは韓国側の工作資金が豊富だったのでテレビや新聞等の媒体を牛耳り、かなり思うがままに操れたが、今では「亡国の危機」にある韓国が、そこまでは出来まい。ちなみに当時の政権交代の際は、韓国民団の大会に於いて民主党議員が御礼の挨拶をしている。この前も、そこの徳永エリ氏が総連を訪ね、参政権やら社会保障について話をしたようだが、それを日本政府に要求するのは変な話だ。何かと差別的だと批判をするがこれは区別だ。どうもその辺の区別が出来ないのが特定野党だが、「無理を通せば道理が引っ込む」理論なのだろう。そんな感じがする。

クリックすると元のサイズで表示します

尚、中国共産党は結党100年となったが、そこで祝電を送ったのが小沢一郎氏であり、河野太郎の父である河野洋平氏だった。しかしながら親中政治家は与党たる自民党にも政党が、それだけでも結党出来る人数が居る程だ。こちらは無駄に議席が多い政党なので「親中派」と「保守派」で再編してほしい。その方が有権者にも解りやすい。これでは政党がふたつあるようなものだ。それに親中政党の公明党が連立をしているのだから最悪だ。自民党幹事長の二階俊博氏は、米国民主党が現在与党の米国政府からもマークをされているのだから終わっている。そのバイデン政権は対中政策に於いては、前任のトランプ氏の置土産が大き過ぎて、現状を保つしかないらしい。

小沢一郎氏が中国共産党100周年に祝意 「国際社会が大きな期待」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a8177f2982f9c61449d16ed0b478e8add88a729c
河野太郎の父・河野洋平等が建党百年に祝電――中国共産党万歳!
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20210627-00245041/
<独自>自民、中国共産党100周年で電報 二階幹事長名で
https://www.sankei.com/article/20210630-34NN76HVUROD7N7XSLIKOP5LP4/
サンモニ・関口宏、香港「リンゴ日報」廃刊「中国だから」ではない
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c1d878de841b634c845e783b4b930d1a1518588
「トリエンナーレとは全然違う」 名古屋・河村市長が「不自由展」の許可理由示す
https://news.yahoo.co.jp/articles/536ae758a6ace6a188dc0bf24a9cf5adbe78b9ec
「表現の不自由展」大阪府が会場の使用許可取り消しを容認
https://mainichi.jp/articles/20210625/k00/00m/040/253000c

クリックすると元のサイズで表示します

さて中共ついでにTBSだが、その「サンデーモーニング」の27日の放送は酷かった。デイリースポーツの記事を参考にするが、中国共産党政府に物申す香港の新聞に「リンゴ日報」は、新法である「香港国家安全維持法」施行後、違法として資産が凍結となり、到頭、24日の朝刊が最後になった。そこで番組では、米国大統領のバイデン氏が「ジャーナリストは指導者たちに説明責任を求め情報を自由に伝達させる“真実の語り部”。何より香港にとって必要な存在だ」と言う声明を紹介し、中国外務省の趙立堅報道官の「報道の自由は免罪符ではない。中国に反対し、香港を混乱させることはできない」とのコメントを紹介した。しかしながらMCの関口宏氏曰く「権力を監視し続けるメディアっていうのも必要」とした上で、「リンゴ日報」の廃刊については「『これは中国だから起こってる』ばかりではなくて、世界中のいろんな国が、これを『他山の石』にしなきゃいけないなと思います」と。たぶんこの番組への批判をかわす為だとは思うが、敢えて言えば『中国だから起こってる』と思う。何かとこの番組が嫌われるのは反日だからで、「他の国でもありうる」と言うのも、暗に政府批判でもあるが、御得意の「報道の自由」も「やりたい放題のテレビ局が、よくやるものだ」と悪い意味で感心してしまう。やっている事は、一昨年に話題となった「表現の不自由展」と何等変わりない。その理窟からしてそのものではないか?

0
タグ: 表現の自由

一生不幸でいてはいけない。  コラム



人気ブログランキングへ 

米国にテレビ番組の司会やプロデューサーをもこなす、器用な女優さんが居る。その人こそオプラ・ウィンフリー(Oprah Gail Winfrey, 1954年1月29日 - )と言う人だが、こんな名言がある。即ち「子供時代が不幸だからと言って、一生不幸でいてはいけない」と。誰もそこまでは思うまい。何処かで“のし上がる事が出来れば”と思う事だろう。その位のバイタリティーが無くてはならぬ。それが生きる力だ。このコロナ禍で大変ではあるが、そんな時にテレビ番組での企画で人間ドックをした際に難病が発覚したAKB48の柏木由紀さんだが、それに伴う手術が成功したとの事。中スポWebによると「事務所は「柏木由紀の脊髄髄内腫瘍治療につきまして、6月25日に7時間以上に及ぶ手術を終え、無事に成功した」と報告。手術で脊髄髄内腫瘍を摘出したという。さらに「現在はリハビリも開始し、少しずつ歩くこともできております」とした。また、主治医は「まずは最初の関門は無事に終わりましたが、これからリハビリなどの次の関門もありますので、油断せず治療していく必要があります」とコメントしている」との事だ。取り敢えずは安心だが、その病気は「脊髄の中に脳脊髄液がたまって大きな空洞ができ、脊髄を内側から圧迫する病気。重症化すると運動障害や感覚障害などの症状を引き起こす」と記事にある。10万人に数人単位の難病だ。以前の記事では既に手遅れで進行を止める手術しか出来ないとの事だったので心配ではある。しかし(手術は)成功との事なので取り敢えずは安心だ。

クリックすると元のサイズで表示します

さて巷では武漢肺炎ウイルスの感染拡大がワクチンによって減少傾向にはあるが、その反面、元々誰しもある自然抗体によって、それに対応した「免疫がある人も居るのではないか?」なんて事を思ったりする。だがようやく開発されたワクチンが引き起こす副作用の影響も実は大きかったりする。WoW!Koreaによると「米疾病予防管理センター(CDC)によると、今月21日基準で 完全にワクチン接種を終えても 新型コロナに感染する「突破感染」により、死亡したり入院した人は4115人である。このうち 死者は750人である」としているのだが、CDCの説明によると750人のうちの142人は、新型コロナとは無関係らしい。ではその608人が割合として少ないかどうかだが、決して少ないとは言えまい。そこが反対派にはネックとなろう。そのウイルスが拡大する原因となった発生源として有力な中国だが、そこの中共政府は、今やロシア位しか価値観を共有出来まい。このウイルスを境にそんな無頼漢を抑え込もうとした動きが世界にあるからだ。所謂「中国包囲網」だが、二階政権では、殆ど手先のようで信用ならん。これでは長期政権となった安倍内閣で築き上げたものがパアーである。米国は共和党のトランプ政権の置き土産が大きかったのか、与党が民主党になっても急な変革が無理なようだが、日本の場合は与党経験の長い自民党が、まるで党内に政党がふたつあるようなものなので、総理が変わる度に混乱してしまう。

ヨーロッパの反中国の真実は、誰もがアメリカを誤解し、Zhang Chuzhongは正しいです
https://3g.163.com/dy/article/GDEMDTD705158QJA.html
「ワクチン接種した後」コロナに感染し、入院・死亡した米国人「4000人」越えた
https://news.yahoo.co.jp/articles/308276506e724127df8def50573d089988af59c0
徹底した媚中ぶり。国益ガン無視の二階幹事長が潰した中国非難決議
https://www.mag2.com/p/news/502103
7時間以上の手術を終えたAKB48柏木由紀に主治医「油断せず治療していく必要」リハビリ開始、歩行も
https://www.chunichi.co.jp/article/280900

クリックすると元のサイズで表示します

これには困ったものだ。そこで理想的なのが党内再編をして親中(親韓)派と保守派を分離する事だ。既にこの政党は「中枢が乗っ取られている」との告発をした議員も居るので是非そうしてほしい。その元凶こそが自民党幹事長の二階俊博氏だが、只でさえ高齢で、判断力の怪しい老人が政党を仕切るのは危険だ。現在の状況は高速道路を逆走する後期高齢者ドライバーと何も変わらない。なのでもし正面衝突をした際の国民へのダメージを心配してしまう。ボケ老人が国を潰したとなれば、国民は浮かばれまい。しかしそんな日本を中共の機関紙では「軍国主義が徐々に復活」と警戒している。だが今更「帝国主義」同様の国家主権を行使する中共政府は、敢えて日本を警戒する事で体裁を保っているとしか思えない。日本を警戒する処か攻撃をしてくるではないか?

0
タグ: 中国共産党

時間に追われている人  コラム



人気ブログランキングへ 

「時間に追われている人は人生を楽しめない。無駄な時間の中にこそ、宝物は埋まっているのです」。これはAKBやら坂やらで知れた放送作家でプロデューサーもこなす秋元康氏の名言だが、小生のように休みの日も時間に追われる者はまだまだか?だが追われる時間も実はやっていても楽しかったりする。好きな事ばかりをしているからだろう。今日は休みだが、朝からしていた事と言えば、先日買ったテープデッキのセレクターの内部清掃と接続だ。清掃をしたのはイマイチ接触が悪かったからだ。それからテストをして接続だ。それでごちゃごちゃしていたコードも片付いたのだが、テープデッキが続々修理で復活すれば、そりゃあセレクターのひとつ位は必要になるものだ。それからは昔々に録音したテープで劣化が目立つ物のデジタルリマスターとカセットテープでのバックアップだ。どうもデジタルデーターは、ひょんな事で飛ぶ事もあり、となればバックアップは必要だ。だからそんな事をしている。どうせ自身のコレクションなのだから、当人が満足していればそれでいいのだ。そんなこんなでこのblogの更新ものんびりだ。流石にそこはだらだらしている。そんな感じでバランスは取っている。相変わらずどうでもいい話の枕で申し訳ない。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で「巷では?」だが、あの武漢肺炎ウイルスのせいで世界は大混乱である。それでその対応の筈のワクチンの開発はどうにかなったものの、安心もつかの間で、そのワクチンについての問題が浮かぶのだから、この世の中は上手くいかないものだ。その問題と言うのがワクチン接種による副(反応)作用である。症状としては発疹、発熱、筋肉痛、蕁麻疹やら皮膚炎、その辺はネットには情報が氾濫しているので自身の目で確かめるが良かろう。それは急な心筋梗塞や脳梗塞まであり、死亡者まで出る始末なので深刻だ。だから「陰謀論」もあるのだが、マイクロチップのような眉唾物の噂もある。此処で断言出来ないのは、もちろん証明が出来ないからだ。つまり「それ程に荒唐無稽なものもある」と言う事だ。そこで科学的な調査による検証をしてほしいのが「遺伝子操作」の噂だ。まづワクチンに関する陰謀論だが、それにロスチャイルド家とロックフェラー家が関わる噂はネットのカルト記事に見られる。欧州欧米の財閥なので尚更なのだろう。ちなみにファイザーとモデルナは共に米国。アストラゼネカは英国だ。そこで関わり合いが疑われているのだが、確かにそんな記事を検索して読むと「そうかなぁ〜?」なんて気もしてくる。

クリックすると元のサイズで表示します

ではそもそもの中共(中国共産党政府)だが、その武漢市にあるウイルス研究所が疑われたのは、最初に発生したのが武漢市からなのだが、何故か国際保健機関(WHO)の発表が中共に忖度して、「大した心配がない」なんてイメージを与えたような見解を発表しては怪しまれるのも当たり前。おまけにその中共が慌ててマスク外交なんて事をしているのだからマヌケなものだ。しかしながら品質の問題で逆に顰蹙を買うのも中共らしい。日本政府のマスク対策も受けた企業の生産拠点が中国と言うのも笑えない。官邸と経産省は「何をやっている事やら?」である。そこで純国産品が見直されるのだから皮肉なものだ。さてワクチンに話を戻すが、懲りずに中共はワクチン外交を始めたのだが、逆に危険視されている。その関連のニュースだが、6月26日のAFP通信の記事によると「インドネシアで、少なくとも14人の医師が、規定回数のワクチン接種を受けていたにもかかわらず、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で死亡していたことが分かった。同国の医師会が25日、発表した。同国ではワクチン接種を受けた医療従事者が重症化するケースが相次いでいる」との事。ちなみに「同国で新型ウイルスによって死亡した医療従事者は、累計で1000人近くに上っている。インドネシア医師会(IDI)は、新型ウイルスに感染して死亡した医師401人のうち14人がワクチン接種を完了していたと明らかにした」と。肝心な時にヘマをやらかすのも中共のおんぼろ振りだが、これでは落ちた評判や信用は失落するばかりである。そこで当たり前だが「人口2億7000万人のインドネシアは、主に中国製薬大手シノバック・バイオテック(Sinovac Biotech)製のワクチンを使用して、1億8000万人以上の接種を来年初めまでに終える計画だ。しかし、接種を受けていたにもかかわらず、重症化する医療従事者が増えていることで、その有効性に疑念が生じている」との事。中国は本当に終わっている国だ。だからこんな国に媚びを売る「二階政権」の怖さが、国民に取っては危険な政府との印象が増すばかりである。総理大臣より偉い幹事長なんてありえない。そんな時に初の国産ワクチンだ。ファイザーとモデルナ、アストラゼネカのワクチンに懸念を示している人には朗報だろう。産経新聞によると「塩野義製薬が開発中の新型コロナウイルスワクチンを生産・供給できる量が、来年1月から年間最大6千万人分へ倍増することが26日、分かった。これまで「3千万人」としていた。手代木(てしろぎ)功社長が産経新聞のインタビューで明らかにし、「国産ワクチンを安定的に供給したい」と述べた」との事。ちなみに「同社は提携先である医薬品製造会社「ユニジェン」の岐阜県池田町の工場で生産設備を整備中。これまで年内に3千万人分のワクチンの生産体制を整えるとしていた」と。そこで気になるのがネーミングだが、「塩野義のワクチンは「遺伝子組み換えタンパクワクチン」と呼ばれる。新型コロナの遺伝子の一部を基に昆虫細胞でタンパク質を培養して作る。すでにインフルエンザワクチンなどで実績がある技術だ」との事。如何なものか?

医師14人、ワクチン接種にもかかわらずコロナで死亡 インドネシア
https://www.afpbb.com/articles/-/3353629?cx_amp=all&act=all
ワクチン「打たぬ選択ない」免疫学の第一人者、慎重姿勢を一転 データで安全確信
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202106/0014447762.shtml
ロシア コロナ感染急拡大もワクチン接種進まず 義務化政策推進
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210626/k10013104841000.html
<独自>塩野義の国産ワクチン 年明け6千万人分供給可能
https://www.sankei.com/article/20210626-YDYNH6WAJFJ3VBPJRBRWHBXNLY/

0
タグ: ワクチン




AutoPage最新お知らせ