貪欲な信念。  コラム



人気ブログランキングへ 

「他に方法が無ければ、乞食になっても構わない。そして、恵んで貰ったものは、自分のためにも、家族の為にも、絶対に無駄に浪費する事はない。この貪欲な信念が残れば、人間、誰でも裕福になれる」。これはロシアの文豪、フョードル・ドストエフスキー氏の名言だが、その位の気があれば「チャンスも無駄にならない」ってなものか?さて昨日は休みだったが、その時間の殆どは、TEAC C-3RX(カセットデッキ)の清掃とメンテに費やされた。不具合の原因は埃を噛んで、乾いたグリスとアイドラーの不揃いだった。後にはそれを外径、21mmのOリングに交換する予定だ。(当初、23mmのリングを付けたが大き過ぎた。)それからテープのテンション調整に手間取ったので作業は夜中にまで及んでしまった。だがようやく回転ムラも感じられないクリアな状態でカセットテープの音質を堪能出来た。中途半端な高級機だが良い音だ。ちなみに当時は¥126,000(1981年頃)で売られていた。(その頃の大卒初任給の平均は¥128,000だったので、まあまあの値段だ。)dbxが搭載されているが、使ったのは数回だけだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ノイズリダクションの使用は、殆どドルビー(B)ばかりだった。1970年代から1980年代の技術革新は凄まじく、そのうちにドルビーもあまり使わなくなった。嘗ての工業製品はどれもが高品質だった。その時代が懐かしい。「安かろう悪かろう」は本当だった。安易な目先の利益の為に日本の工業製品は衰退した。海外進出もバランスだ。バブル崩壊時に日本企業が撤退した時に海外に置いてきた技術が育って逆襲されている。これでは本末転倒だ。技術者を軽視した結果が現在のこの状態だ。情けない。おまけに日本政府は、バブル崩壊からの国家経済の復興に失敗した。それさえ上手く立ち直れば、派遣法に泣く非正規社員は無く、中流層の崩壊は無かった。これ全て小泉内閣の誤算である。竹中平蔵氏の経済政策は富裕層には良くても、中流層には敵だ。だからその層は崩壊した。国民の大半は庶民なのだ。なのでその層が普通に暮らせる経済状態にすべきなのだ。これでは少子化も解決しまい。政府はわざとにやってるのか?

「笑点だから」と許されている部分はある──変化を続けて55年、長寿番組の裏側
https://news.yahoo.co.jp/articles/b33fd4470f56f23ce0d4eb06d153bccfd4f465b9
テレビを見ないが過半数「男20代と女10代」の衝撃
https://toyokeizai.net/articles/-/431686?display=b&ismmark=a
TEAC C-3RXの仕様
https://audio-heritage.jp/TEAC-ESOTERIC/player/c-3rx.html

クリックすると元のサイズで表示します

此処で気になったコラムだが、Yahoo Newsに『「笑点だから」と許されている部分はある──変化を続けて55年、長寿番組の裏側』てなものがあった。その内容は「現在、何かと規制が多く、お笑い番組も大変だ」てなもの。確かにそうだが、観ている側から言わせて頂くと「芸人の質も下がった」とも言える。やはりそれは「インターネットが普及した事が弊害になっている」と言う事だろう。つまり芸能人までもが一般人のレベルに落ちて、共に批判ばかりする者が増えたからだ。そうなると芸能人ではなく、ただうるさい人だ。そうなるとテレビで観ても鬱陶しくなるものだ。となれば観る度に「あんな事を言ってた人だ」とか「文句ばかり言ってやがる」と芸に関係ない処で批判されるだろう。更にそれが政治批判であれば、その影響も多大なものになるだろう。特にそれが政府批判とか政党批判の場合は、その芸人のファンにもそれぞれの支持があるので、批判に応じた批判となる。つまりその分反感を買い、ファンが離れる。これは当たり前の事だ。現在、消えた吉本芸人は正にその典型だ。そりゃあ芸を見せないで、そんな事ばかりをしてれば当然だ。だから「何の為に芸能人になったの?」と言う事になる。芸も見せられない芸能人に用はないのだ。それこそ「表現の自由」である。現在はボードビリアンなんて言葉は死語だが、敢えてそれぽい芸能人はタモリさん位か?ピコ太郎もそれに辺るだろう。とにかく今や芸格のない芸人ばかりでうんざりする。そんな芸人は、やはり文化に疎い印象があるのだが如何なものだろう?その辺の知識不足が致命的だ。

0
タグ: 芸人




AutoPage最新お知らせ