何より大事なのは、  コラム



人気ブログランキングへ 

女優のオードリー・ヘップバーンさんが生前、こんな事を言っていた。「何より大事なのは、人生を楽しむ事。幸せを感じる事、それだけです」と。人生は一度しかない。ならば思考をプラスに切り換えると、また見えるものも違うものだ。このコロナ禍にあっては尚更だろう。その点、趣味の在る人は幸せだ。心の支えにもなる。そんなこんなだが、ようやくカセットデッキは再整備で復活。(後にピンチローラーの幅でも変えてみようとは思うが)やっと全種類のテープが使えるようになった。整備中に回路も再確認する事になったので、より理解も増したが、現在使用のカセットデッキは言わば修理の練習用みたいなものだ。なので何かある度に分解するので、その辺も慣れてしまった。(それに関してはあまり面倒とは思わなくなった。)その辺の事が片付いたら、旧友から貰ったテープレコーダーの修理をする予定だ。(自身が使っていたSONYのプレスマン(ステレオ録音が出来るWALKMAN)も、それに続くが、行く行く先にはテープレコーダーも、オープンテープ時代の物も手掛けようとは思っている。幸いこちらもテープはまだ入手可能だ。)取り留めのない文章で申し訳ないが、趣味の変化も武漢肺炎ウイルスにより、自宅に居る時間が増えたからだ。でなければ、昨年の「緊急事態宣言」以前のように放置状態だろう。だから怪我の功名なのだ。最終的にはトーキー映写機の修理まで発展させる予定だ。明後日は会社の公休なのでテープの整理でもしていよう。

クリックすると元のサイズで表示します

唐突だが、此方のblogで武漢肺炎ウイルスの事を中共の「文化大革命」に例えた事があった。それは大衆文化に多大な影響があるからだ。つまり演劇や演奏会、映画制作が中止になったり、延期する原因になったからだ。そりゃあ人が集まる事は御法度なのだから仕方がない。だから欧州では恒例の音楽祭が中止になったり、無観客なんて事になる。昨年末は日本の楽団では、やはり恒例の「第九演奏会」が人数制限の為にやめたり、NHK交響楽団では楽団や合唱団の人数を減らし、無観客放送なんて事をした。小生の趣向から音楽関連の話になったが、毎年当たり前に行われた事が出来ないのは、観賞する側でも寂しいものだ。そんな感じでとにかく文化活動が出来ない。だから「文化大革命」に例えた。しかしながらその中共は、この状況にありながらも厚顔無恥な態度を示す。

習主席、「愛される」中国外交を指示 友好国増やすため
https://www.bbc.com/japanese/57339921

クリックすると元のサイズで表示します

BBC Newsによると「中国の習近平国家主席は5月31日、「信頼され、愛され、尊敬される」中国のイメージを作り、友好国の輪を拡大したいと中国共産党幹部に伝えたという。国営新華社通信が伝えた」との事。思わず「この口が言うのか?」だが、「呆れてものが言えない」とは、正にこの事。厚顔無恥の極意である。これは党幹部との会合での発言だが、習主席は更にこんな事を言っていた。「友人を作り、大勢をまとめ、大多数の支持を獲得し、国際世論については常に友人の輪を広げていく必要がある」と。即ちその発言は「中国が国際社会に対して自らを前向きな形で語るのが大事だと強調」した言葉と記事にはある。更には「オープンで自信をもつと同時に、謙虚で控えめ」な姿勢を示すべきだと。世界が武漢肺炎ウイルスで疲弊している最中に、よくこんな惚けた事が言えたものだ。南シナ海では色々と関連国にちょっかいを掛けているが、それが戦闘に発展するのも時間の問題だろう。

0
タグ: 中国共産党




AutoPage最新お知らせ