その学び方は無駄  社会・政治



社会・政治blogランキング

実業家の本多直之氏は言った。「”合格”が目的なら、その学び方は無駄な努力」だと。これこそ「目的はなんだったの?」てな事で手段が目的になったら、その先はないだろう。そんなものだ。さて巷はコロナ禍で、その有効手段としての“ワクチン”があるのだが、有効手段の筈のワクチンに問題があるようで、「有効手段としての意義が怪しい」論調がある。しかしそれも強ち噂とも言えないのだから困ったものだ。本当はその危ない部分を表に示すのが正しいとは思うのだが、現状は寧ろ反対なのだから、改めて「世界の構造を組み立てているのは何処か?」との思いが募る。そこに「陰謀論」がある。どうやら中共(中国共和党)による武漢肺炎ウイルスは、そのワクチンまで含めて陰謀論のような気がしてならないのだ。となれば「結局、世界を動かしているのは何処?」と言葉を言い換えてみる。そこで浮かぶものは在り来たりではあるが、ドイツ系の二大名家と言う事になろう。片や米国。片や欧州だ。その二大名家の影響力については、既にネットで検索出来るので、興味のある人は調べてみるが良い。確かに「なるほど?」と感心する事ばかりだ。世界それぞれの国家が持つ役割りも見えてくる。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに小生、武漢肺炎ウイルスに対するワクチン接種については静観状態。場合によっては、その必要もないのかも知れない。副作用の怖さもそうだが、以前に血栓が原因で中(あた)っており、後遺症は昨年、ようやく完治したばかりだ。一家、それぞれの持病を抱えており、何かが在っては遅いのだ。幸い日本人はウイルスに対する抗体が強い人種のようだ。欧州や欧米と比較するまでもなく、死亡者数が圧倒的に少ない。現に欧米や欧州での1ヶ月の(死亡者を含めた)被害者数に到達したのは1年後の累計だった。つまりそのウイルスには目的があったとしか思えないのだ。第三次世界大戦は「化学兵器」によるものだった。そう考えると意外にしっくりくる。

クリックすると元のサイズで表示します

鄭文燦 Cheng Wen-Tsan @ChengWenTsan
https://twitter.com/ChengWenTsan/status/1400694591771222016?s=19
台湾にワクチン届く 蔡英文総統「民主主義にいっそうの自信」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210604/k10013067481000.html
バイデンは中国の手先? 日本で「陰謀論」に騙される人が急増した「深刻な実態」
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/77452?page=1&imp=0

0




AutoPage最新お知らせ