10秒考えて解らないもの  独り言



人気ブログランキングへ 

「10秒考えて解らないものは、それ以上考えても無駄だ」。これはソフトバンクの創始者である孫正義氏の名言。些か短絡的ではあるが、それこそ「次行ってみよう」てな切り替えが必要だ。さて元々はメインで使っていたカセットデッキだが、ようやく(部品交換も含め)最終調整が終わり、半年振りにまともに使えるようになった。その「TEAC C-3RX」だが、回転ムラの根本的な修理と言う事で、結局分解清掃をした。更には古いグリスは全て拭き取り、フライホイールの軸穴から徹底して綺麗にした。それからグリスも塗り直し、やはり交換したアイドラーゴムと回転軸の清掃メンテだ。掛かったのは慣らし運転だ。グリスを廻す為だ。当初トルクが弱く、巻き取りが不充分だったので、そのグリスを浸透させるべく、巻き取り軸の強制回転を2時間程した。すると途中で止まるような事も無くなった。やはり「物事は根本に戻って考えるべき」と痛感した。このカセットデッキの修理を境に色々な事を覚えた。知識も然りである。

クリックすると元のサイズで表示します

それで今更ながら感心した事がある。「音楽を録音する場合は、音楽用のテープを使うべき」だと。試聴用の音源として、クラシックはワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」、ジャズは往年の名盤を使うのだが、最初に一般的なローノイズテープを使い、「まあまあこんなものか?」と納得し、では「試しに」とローノイズテープでも(音楽用の)ハイアウトプットの物で試聴したら、その鳴る音は別次元だった。当たり前の事だが、テープを回しているのを忘れてしまう。つまりそれだけ開放的なのだ。そんな当たり前の事に感動してしまった。巷では「カセットテープ復活!」等とした記事をネットでは読む事はあるが、その割には一般的に語学用としているローノイズテープしか現行品はない。それが現実で、まともな音楽用のテープをヤフオク等で中古品を求める事となる。それで改めて感動してしまうのだが、嘗てのオーディオブームに売られていたテープが如何に高性能なのかを今更実感するのだから、小生の当時の耳は節穴だったと言う事だ。つまりそれだけ歳を取ったのだ。しかしチープなテープを最良な音質で聴くのも長年の経験だ。これこそ「割れ鍋に綴じ蓋」的な発想だが、その相性がピッタリ合うと不足感は意外と感じないものだ。

さて巷の話題だが、AKB48唯一の初期メンバーとして頑張っている柏木由紀さんが、あるテレビ番組に出た際の人間ドックで難病が判明した。然も進行が早い為に経過観察をすっ飛ばして手術が前倒しとなったのだが、いやはや大変な事になった。その病気は「脊髄空洞症」なるもの。調べてみると「脊髄の中に脳脊髄液が溜まり空洞が出来てしまう病気」との事。それで完治は既に出来る状態ではなく、進行を止める手術となったとの事。その番組で発見したのが救いとなった。やはり人間、先の事は解らないものだ。

無数の中国漁船が「位置情報を隠して」他国の海域で違法操業をしていることが判明
https://gigazine.net/news/20210607-chinese-hundreds-vessels-vanishing-argentina/
中国「反外国制裁法案」をスピード審議 近く可決か
https://news.yahoo.co.jp/articles/72d801c17c429c2d752404f3fefbdfae24bd5337
脊髄空洞症の柏木由紀 進行早いため手術前倒し6月末までに実施と明かす
https://news.yahoo.co.jp/articles/29d5fe8c0717902028198bc24d7d48a7cf431cf6

クリックすると元のサイズで表示します

「先の事が解らない」と言えば、このコロナ禍の現状か?それこそ「一昨年の今頃はどうしてた?」だ。当たり前だが、まだこんなウイルス騒ぎもなく、日米も前政権状態だった。つまり中国武漢市からのウイルス流出も無かったのだ。それが現在、こんな状態なのだからガッカリである。その対処としてワクチン接種には漕ぎ着けたが、そこで安心するのは安易な感もある。そもそも「こんな短期間で開発されたものが有効なのか?」と。最近はそんな疑問を打ち消すかの如く、テレビでは「そんな陰謀論には惑わされず」としているが、本当に怪しくないものならば、「そんな事をわざわざ言うのかな?」なんて疑問も湧く。その原因となった中共(中国共和党)だが、覇権行為は止まらず、各国の海域で、位置情報を隠してまでの違法操業だ。正にならず者国家である。そんな中共は、テレ朝Newsによると「中国外務省は8日、中国の国会に相当する全国人民代表大会常務委員会が、外国が中国を制裁した場合に反撃する「反外国制裁法案」を7日に審議したことを明らかにしました」との事。とは言えそもそも、その原因を作っているのは中共だ。世界中であれだけの死者を出して、まだまだ現在進行中だ。もう経済制裁のレベルではない。

0
タグ: 中国共産党




AutoPage最新お知らせ