無駄に見過ごさない。  社会・政治



社会・政治blogランキング

「無駄に見過ごさないよう、しなければいけない。山川草木、ひとつとして師とならないものはない」。これは武道家で合気道の創始者の植芝盛平(1883年(明治16年)12月14日 - 1969年(昭和44年)4月26日)氏の名言。ちなみに合気道界では「開祖」と敬称される。さてこの名言だが、この世の中、如何なるものからでも得る事があると言う事。姿三四郎は蓮の花が咲くのを見て悟りを開いたが、そう言う事だと思う。取り上げるのが遅れたが、作曲家の小林亜星さんが亡くなった。享年は88歳、大往生である。死因は心不全との事なので老衰だろう。ちなみに(現在の)奥さまはジャズコーラス出身で、嘗ての日本テレビの名番組「11PM」のテーマ曲でシャバダバとスキャットをしていたそうだ。それにしても書いた曲は数千曲に達するようで、当人も未だに取り上げられるもの以外は覚えていないそうだ。そりゃ無理はないだろう。テレビアニメソングも枚挙に暇はなく、テレビコマーシャルも同様だ。歌謡曲にもヒット曲が多数在り、リストにしても書き切れない。例に挙げればレナウンの「ワンサカ娘」とアニメを「科学忍者隊ガッチャマン」、都はるみの「北の宿から」がそうだ。それだけでも何の関連性のない多彩さだ。後は俳優としてはTBSドラマ「寺内貫太郎一家」や大林宣彦監督が商業映画デビュー時の作品である「HOUSE(ハウス)」にかなり個性のある脇役として出演しており、その怪演が記憶に残る。正に多才な才能だ。日本の大作曲家と言っても過言ではないではないだろう。御冥福をお祈りする。

クリックすると元のサイズで表示します

さて巷で騒いでいる「東京五輪」だが、どうせテレビ局も協賛している訳だし、情報バラエティー番組で芸能人に幾ら反対の声を荒げさせた処で、始めれば絶賛の嵐だろうから「これはパフォーマンスだ」と思えばこんなものだ。こんな時に立憲民主党等の特定野党は何故か内閣不信任案を出したが、これとてパフォーマンスだ。「どうせ鵜呑みに等せずに否決される」と思っての提出だ。だが結果として9月の解散になったようで「実は打ち合わせ済みだった」てな事だろう。だから「プロレスとか、大相撲の優勝みたいなものだ」と言われてしまう。そんな茶番は何処にでもある。CNNによると「中国の研究チームは10日、南西部の雲南省でコウモリから新たなコロナウイルスを複数発見したと明らかにした」との事。ちなみに記事には、そこで見つかった「4つのウイルスのうち1つは、現在のパンデミック(世界的大流行)を引き起こしているSARS―CoV―2に遺伝的に非常に近かった」との事だ。なんで(急に)こんなに慌てているのだろう?そのまま突っ張ねて「世界の敵」のままでもいいではないか?だがこんな情けない腰の折れ方をするのも中共らしい。これでは武漢肺炎ウイルスの発生源を認めたようなものだ。

小林亜星さん死去 88歳 心不全 「北の宿から」など多数作曲(スポーツ報知)
https://news.yahoo.co.jp/articles/55c0df64002510fa0765d4ac583058a930e5febf
衆院選、9月以降の見通し 菅首相、解散先送り―内閣不信任案否決
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021061500852&g=pol
軍事関連の文献不正入手事件、ロシア人“スパイ”が出頭要請を無視して出国
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4290406.html
首相の台湾「国」発言を修正 加藤官房長官
https://news.yahoo.co.jp/articles/b682f92b4d1ae55a44037986e0790ccb4bf5aac0
中国研究チーム、コウモリから新たなコロナウイルスを複数発見
https://news.livedoor.com/article/detail/20352439/
香港・民主活動家の周庭さんが釈放 今後も聴取の可能性
https://www.asahi.com/articles/ASP6D3475P6CUHBI04B.html

クリックすると元のサイズで表示します

その中共だが、現政府は台湾問題に関しては親中政権なので、やはりヘタれ、韓国に対しては中共自体が蔑ましているので右へ習えである。だから香港問題にも強くものを言えない。なので尖閣諸島や竹島に関しても情けないものだ。ついでに言えばロシアにも弱く、北方領土とて、ソビエト連邦共和国が崩壊した際が、最大のチャンスだったのに何もしなかった。なれど自民党、されど自民党である。結局、官僚から見れば自民党の方が扱いやすいのだろう。本来ならば香港や本土の民主運動家の保護もあるべきである。しかしながら現状は、党内の保守派よりは親中派(左派)が強いようだ。香港での反中デモで逮捕され、12日に釈放された周庭(アグネス・チョウ)さんの事を思えば尚更である。こんな時にスパイ天国の日本は政府共々不甲斐ないと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ