やるだけの事はやって、後の事は心の中で  社会・政治



社会・政治blogランキング

勝海舟ほどの御仁もこう言う。「やるだけの事はやって、後の事は心の中で、そっと心配しておれば良いではないか。どうせなるようにしかならないよ」と。確かに世の中には、どうしようもない事はあるものだ。それこそ腹を括るしかない事だ。それが今や論争になっている「『東京五輪』なのかな?」と思う。それこそ「この土壇場で」だ。だから「今頃何を言う?」だ。周回遅れも甚だしい。もう政府分科会の基準に則って開催するしかないのだ。既に政府と分科会とは仲違い。(穿った見方だが)馴れ合いがないのでバランスが取れるだろう。立憲民主党等の特定野党も相変わらずの周回遅れだ。それこそ、いの一番でやらなければならない時には、吉野の席から大向うだったし、口を開けばヤクザの因縁だ。コイツらは政界のヤクザなのだ。そう思えば、どんな存在なのかが見えてくる。特にそこの参院幹事長なんぞはそのものではないか?正に日本に必要ない政党だ。しかしながら支持率に甘えている自民党も親中派(左派)があんな状態では偉そうな事は言えない。とは言え自民党自体も結局は左だ。

クリックすると元のサイズで表示します

さてその点では韓国(大韓民国)とて同じ事。国名の正式名にある「大」の字は自立の出来た独立国家との意味合いがあるのだが、結局していた事は、何でも他国に頼りっぱなし。仕舞いにはそれが当たり前となり、自力では何もしない。だから現在はあんな状態だ。だから到頭外交では相手にされなくなった。特に日米に見捨てられては手も足も出ないだろう。それは世界から見捨てられた事に等しいからだ。この前の「G7」も「なんで来たの?」状態だったし、“国家間条約が守れない国”との認識も、徴用工裁判による最高裁判決で要となる国家間の講和条約さえ破棄する国家だ。なのにこの裁判の結果が意味するものは、全く理解をしていないようだ。あのレーザー照射もそうだが、こんな事も簡単にするのだから「危険国家」だと思われても仕方あるまい。そんなこんなで日韓との国交も今や断絶状態だが、テレビのコメンテーターには、そんな国を擁護する者も居るので、「これも日本の媒体の現状なんだな?」と情けなくなる。それこそ「北か南か?」なのだ。特に北の場合は中共も絡むので面倒だ。

立憲民主党は「日本に必要ない政党」維新・馬場氏
https://www.sankei.com/politics/news/210506/plt2105060007-n1.html
日本を腐らせた"立憲民主"はもう不要…玉木雄一郎、今こそ「みんなの党」復興だ!
https://president.jp/articles/-/38110
アメリカ式「より良い世界再建」、韓国には参加要請なし=韓国
https://news.yahoo.co.jp/articles/befa4b9c9eadc917e54b2a5f578dba175693be4f
韓国国立外交院院長「日本の韓日首脳会談の先決条件、極めて外交的無礼」
https://s.japanese.joins.com/JArticle/279676?sectcode=A10&servcode=A00
青木理氏「サンモニ」で「韓国には韓国の理屈がある」 ネット「日本の理屈もある」
https://www.daily.co.jp/gossip/2021/06/13/0014412441.shtml

クリックすると元のサイズで表示します

フリージャーナリストの青木理氏は以前に韓国で日本人の女性観光客が暴力事件に遇った時に「韓国ではよくある事」と切り捨てたが、散々慰安婦問題で「人権ガー」と騒いでいたので「日本人はどうでもいいのか?」と呆れてしまった。これでジャーナリズムもないものだ。その青木氏が13日にTBS「サンデーモーニング」にコメンテーターとして出たのだが、こんな状態でも「やっぱり日韓は仲良くした方がいい」と言う始末だ。これはデイリーの記事だが、それによると青木氏曰く「『国際的な約束を守らないのはおかしい』っていうのも一理あるけど、韓国には韓国の理屈がある」として「やっぱり日韓は仲良くした方がいい」と強調した。これは中国や北朝鮮との関係も踏まえた発言だが、こうなった経緯を全く無視した言い分はやはり納得がいかない。

0




AutoPage最新お知らせ