他人の考えた結果  社会・政治



社会・政治blogランキング

「あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマにとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きている事なのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりする事のないようにしなさい」。これはAppleの共同設立者の一人で、NeXTの創業者であるスティーブ・ジョブズ(英語: Steven Paul Jobs、1955年2月24日 - 2011年10月5日)氏の名言。言うべき事は解る。出来れば斯くありたいものだ。しかしながら地を通してヘンテコな状態になっている政治家もおり、この人は夫婦揃ってメッキが剥がれた感がある。その人こそが小泉進次郎氏だが、現在の環境相のポストとて、世襲議員やら任期の長い議員が(精々)箔を付けるだけに任命されるだけのものだ。だから政府としては、元々期待もしていないポストだ。なのに頑張る。それで物事の道理を理解している人ならば、自身のポストの立ち位置を理解し、無難にこなそうとするのだが、世間知らずのお坊ちゃまでは逆に監視が必要だ。こんな環境相では年間10億円の無駄が指摘された日本学術会議にはいい鴨である。それがレジ袋であり、フォークやスプーン等のプラ製品の有料化だろう。しかしながらその素材は環境ホルモンが騒がれた事から見直されている筈。それもそうだが後からその制限は、あまり意味がないと言う。そこが変で「そんな事なら始めからやるな!」と突っ込み処が満載だ。いつも言う事も変なら、やる事も変だ。だから他の人なら相手にもされない些細な間違いでも記事にされる。

クリックすると元のサイズで表示します

この前の横須賀市長選で自身が支援した現職の上地克明氏が再選した事について、記者から見解を問われた。だがそれは当たり障りのない発言だったので割愛するが、神奈川新聞の記事によると「自身も、地元の労働組合幹部から「小泉さんとは国政では水と油かもしれないが、水と油も混ぜればドレッシングになる」と言葉を掛けられたエピソードを披露」したとの事。実はこの発言はネットでは独り歩きをしており、進次郎氏の世間知らず振りを指摘され、案の定、馬鹿にされているが、地元の労働組合幹部の発言だった。しかしこんな事が利用されて記事になるのだから、やはり媒体からは馬鹿にされているのだろう。だが国民にも共感は薄く、それこそ「水と油」だ。余談だが、最近はノンオイルのドレッシングも開発されている。小生は和風わさびドレッシングが好きだ。

クリックすると元のサイズで表示します

さてそんな政治家でも、貰うものは貰っている訳で、それは丸山穂高議員のTwitterでも明らかだ。その6月30日のTwitterでは「ヒャッハー!!国会議員ボーナスは額面314万円っすね。我慢をお願いしている国民への給付額はスズメの涙。一方で、議員はちゃっかり給与外でもボーナス314万とかホントおかしな話。マジでこの国は税金アジャパー天国すぎ。本日は地方も含め議員らがこれをシレッと貰う夏のボーナス支給日なんだよなぁ。」と宣う。だがこの人、後からフォローをしていて「さて、多くの議員は国民の皆さんへ御礼すら言わないでしょうから代わりに言います。税金アジャース!」「あといつものやつも。上記ツイートと本ツイートが合計1万リツイートを超えたら今回も寄付とお金配り企画へ。超えなければ私が全額豪遊します♪」と。しかしながら時節柄、「このコロナ禍に、こんな議員ボーナスでええんかいな」と議員利権に警笛を鳴らす。思わず「そこなんだよね」と言葉を返したい。国家で途中退場だの審議拒否でサボる立憲民主党の議員達もこれだけ貰うのだ。だから「真面目にやれ」と言いたくなる。

横須賀市長選「水と油、混ぜればドレッシング」その心は? 小泉環境相が総括
https://news.yahoo.co.jp/articles/4ebdde3d6e41b668f005cfa7e9d17b34be15e957
周庭氏のフェースブックが突然閉鎖
https://hkmn.jp/%E5%91%A8%E5%BA%AD%E6%B0%8F%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%8C%E7%AA%81%E7%84%B6%E9%96%89%E9%8E%96/
丸山 穂高 @maruyamahodaka
https://twitter.com/maruyamahodaka/status/1410032371924013058?s=19

クリックすると元のサイズで表示します

さて中国を巡る問題だが、敢えて「共産党の方」と断りを入れておこう。と言うのは最初に「中国」と言えるのは『中華民国』であり、1949年に建国された中華人民共和国ではないからだ。ちなみに中華民国は戦後から台湾島を統治しており、「辛亥革命」が勃発した1911年1の翌年である1912年に建国宣言をしている。つまり“元祖中国”であり、共産党の方の中国は偽物だと言われても仕方がない。現に清国の権利を引き継いだのも『中華民国』であり、それは台湾なのだ。ちなみに香港返還に関しても中華民国に権利があり、現在の問題は、それを中共(中国共産党)政府に返還した英国に責任がある。交渉でしくじったのは誰だろう?やはりサッチャーか?嘗ての香港映画が懐かしい。娯楽作品に徹しており、プロパガンダ映画なんかなかった。

0




AutoPage最新お知らせ