何かをしない事の言い訳  独り言




社会・政治blogランキング

脳学者(?)の茂木健一郎氏は言う。「大人になるにつれて、人は根拠のない自信を失う。それで何かをしない事の言い訳ばかり上手くなる」と。思わず「ふ〜ん?」だ。この人確かに頭が良いのかも知れないが、その分、結構変わっている。なんと言うか、独特の次元に生きている人のようで、それが言動に現れ、とても混乱する。だから思わず「何かをしない事の言い訳ばかり」は「自己紹介か?」と言いたい程の事も多々ある。言ってる事はごもっともだが、この人の人間性には疑問があるので言葉が心に響かない。此処で巷の話題だが、このコロナ禍では碌なものはない。これから開催の「東京五輪」とて、政局のネタにするのは与野党共に見え見えだし、現政権も運が悪かったとしか思えない。親中の為、只でさえ不甲斐なさが目立つ政府なので尚更だが、確かに武漢肺炎ウイルスの事を考えると「こんな時に?」と思う言動が、自民党幹事長の二階俊博氏や公明党代表の山口那津男氏から聞かれるのでガッカリする。双方、中共(中国共産党)に恩があるような事を言うのだから尚更だが、マスクから解放されない世の中を作った元凶に対して、「これはあるまい」てな態度を取られては、そりゃあ国民も憤りを感じるだろう。此処で前総理の安倍晋三氏の言葉だ。産経新聞によると、安倍前総理が15日にインターネット番組にゲストに呼ばれた際に「大きな失敗、挫折をしたからこそ、長い間、政権を維持することができた。失敗は必ず糧になる。失敗を恐れず、皆さんの明るい未来を切り開いていただきたい」と話したとの事。

クリックすると元のサイズで表示します

その「失敗は必ず糧になる」だが、現政権が正にその渦中だ。次々と改善して頂きたい。経済の安定云々は政府の対応次第なのだ。そこで「何故、飲食店への給付金や補助金、助成金や融資制度を活用しての対応が上手く行かないのだろうか?」と思ってしまう。やはり政治家は民間人と違い、世間の事が解らないのだろう。それと自治体だが、その規模が大きくなる程、政府任せで責任から逃れようとしているように見えてしまう。「地獄の沙汰」もだが、商売人の商売を規制しながら、何の補償もしないのならば、禁を破る飲食店が在っても仕方ないように思える。すっかりとウイルス感染拡大の元凶にされている飲食店だが、あのソーシャルディスタンスも、それが為の筈。しかし規制の上の規制を掛けては、最初に掛けた規制が意味を為さなくなってしまう。これでは本末転倒だ。そうかと思えば2度目のワクチン接種をした英国の国民の中には、それで安心し、マスクを外す者も多数居り、また感染率が上がった。アングロサクソン系の民族は、やはり単純なのだろうか?

安倍前首相「失敗は必ず糧になる」 若者ネット番組で
https://news.yahoo.co.jp/articles/b9a4c04184db5a8d34ecfa3e523843c76a8220ed
新規感染者増え4万人超、サッカーのユーロ要因か 英
https://news.yahoo.co.jp/articles/8d84f729d809a48d80eae3470b9b51fd8f21b49e

0




AutoPage最新お知らせ