苦し紛れの言い訳  独り言



人気ブログランキングへ 

楽天グループ株式会社の創業者である三木谷浩史氏は言う。「夢と現実は違う等と言う皮肉に惑わされてはいけない。それは、夢を現実に変える努力を怠った人間の、苦し紛れの言い訳に過ぎない」と。なんか「東京五輪」の開会式のようだ。言うべき事は解るだろう。さて内輪話だが、ボケの症状が酷くなって、到頭入院した父だが、診断をすると色々な事が解ってきた。医者は菌が原因だと言う。それに熱中症と今まで服用していた薬の副作用で錯乱状態になったらしい?しかしながら、それまでの兆候は見ていたので、確かにそれはあるかも知れないが、それだけではないとは思う。療が終わった際に「どうなるか?」と不安だ。三週間は掛かるらしい?こちらはその間に片付けるものがあるので一気に進む事だろう。母も手が付けられなかった事をサッサと終らせるようだ。これが少子化で老人だらけの日本の現状だ。たぶん政府は知ってて対策をしないのだろう。外国から研修生を取るより、自国の雇用改善を充実させるべきだ。バブル崩壊後にバブル前に戻るのならば文句はないが、それよりも庶民の暮らしが悪くなるのだから政府への信頼度が低くなるのは当たり前だ。それが自民党政権であり、格差は酷くなるばかりだ。かと言って、他に任せられる政党がないのは国民の不幸だ。

クリックすると元のサイズで表示します

それとこれ、当人からの申告がなければ知らなくても済んだのだが、気にはしていたのだろう。実は俳優でコメディアンの竹中直人氏が、あの電通案件の「五輪開会式」での出演を辞退していた。その理由はコメディアンとして注目をされていた時代に作ったビデオ作品に問題があり、差別ネタだらけだった事から、後から根掘り葉掘りされる前に辞退をしたとの事だ。そのビデオが1985年に発売をされていた『竹中直人の放送禁止テレビ』と題したオリジナルビデオなのだが、観た記憶力を辿れば確かにヤバい。だが奇抜ではあるが内容が生煮えで今一つだった印象がある。文春オンラインによると「ビデオは内容が過激だったために、版元が自主回収したとされているが」との事だが、奇をてらい過ぎて、思ったよりは期待外れだった。今更そんな古いものが取り沙汰されるのもアレだが、その辞退はネットでは英断と評価されていた。時代が変われば物事の考え方も変わるものだ。

竹中直人が「五輪開会式」出演を前日に辞退  理由は「放送禁止テレビ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/aba54d1149978b43b866b16a4f65c5787a6c17f3
五輪で顕在化した韓国の非常識 放射能フリー弁当、アンチ竹島アピール、旭日旗アレルギー(デイリー新潮)
https://news.yahoo.co.jp/articles/8de90a7ec2283717dea42d1c262b1df670cac2d2

クリックすると元のサイズで表示します

さてそんな事があるかと思えば、あれだけボイコットを主張しながら、結構来たのが韓国選手団だ。選手村での政治的な主張にも呆れてしまったが、負けた試合では、相変わらず態度が悪く、関わった国の選手団からは顰蹙を買う始末。おまけに選手の食事にしても、日本は放射能に汚染されているとの理由で専用コックを用意して賄っている。更には君が代にはクレームを入れる。正に「そんなに嫌な国によく来たな!」だ。開会式では韓国のテレビ局がやらかしている。デイリー新潮によると「MBCは、ウクライナ選手団の入場行進の際の説明でチェルノブイリ原発事故の画像を、ハイチ入場では暴動の画像をそれぞれ使っていた」と。実はこれ、韓国内でも批判をされており、視聴者からは「呆れてものが言えない。このような国家的な大恥を晒した担当者はもちろん、関係者全員処罰されなければならない。日本に対して散々言及してきた癖に…今は全世界が韓国の悪口を言っている。何という大恥!!! !!」との声。当たり前だ。記事を続けてると「SBSでは日本選手団入場の際、紫色に塗られた日本地図の竹島部分だけを水色に変更し、わざわざ“Dok-do(独島)”表記までする手の込んだ紹介を行っていた。 「MBCと共にSBSは放送を停止すべき三流放送局」と真っ当な意見もあれば、「センスが良い」「感動した」と」。やれやれだ。これから問題を起こすのも目に見える程だが、これでも自称近代国家である。情けない。

0
タグ: 東京五輪




AutoPage最新お知らせ