絶対に出来ると言う確信  コラム



社会・政治blogランキング

「絶対に出来ると言う確信を持て。それが成功をもたらす」。これはラーニングエッジ株式会社で代表取締役を務める清水康一朗氏の名言。セミナー講師でもある。確かにプラス思考の思い込みは悪くはあるまい。出来る方法を考えるからだ。昨日はそろそろと言う事でオープンデッキのメンテナンスでもしようと思ったが、午後から母が出掛けたので、父の介護の為に出来なかった。仕方がない事だが、準備中位はしておこう。そんな事をしているうちに落札したカセットデッキが届く。程度は良好らしいが、まづは見てからだろう。来週の日曜日には(もしかしたら)コロナ禍になって以来、会わない旧友が来るか、(父に遠慮し、)旧友宅に行く予定だ。趣味は小生に感化され、似たような事をしてるが会わない間に変化はあっただろうか?こちらはかなり変わった。またどうでもいい話の枕だが、こんな時は碌な話題もない。今日は秋晴れ、爽快だ。しばらく暑い日が続いたが、ようやく涼しくなりそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

どうも巷がパッとしないが、それを政治のせいにするには短絡的だ。だが現政権が不甲斐ないのは確かだ。だから国防が気になる。そこでイモトアヤコさんが、日本テレビの番組「世界の果てまでイッテQ!」での、2016年の発言がネットで話題となっていたので取り上げるが、あれだけ番組の企画とは言え、世界を巡っていれば、色々と世界観にも変化があって当然だろう。それはコスタリカを取材した時の出来事だが、そのコスタリカには軍隊がないのだ。

そこでイモト曰く「軍隊がないと何で幸せ?」と問う。するとスタッフ

「戦争にならないからじゃないの」と。それでイモトは率直に

「こっちから仕掛けなくても、もし向こうから来た時に軍がないとアチャーってなっちゃう」と。

これって極めて正論。しかし同行スタッフや放送時のテロップを見ると、イモトアヤコさんの意見を無駄にしたくないのかは解らないが、何とか「それを放送したかったのかな?」とは思う。尖閣諸島と沖縄は中共(中国共和党)に狙われ、竹島は事実上、韓国が実効支配。更には対馬を狙われ、北方領土はロシアが実効支配だ。この状況を打破するには、元日本維新の会の丸山穂高衆院議員の意見でもないが、本来は戦争でもしないと取り返せないのは事実なのだ。だからそうならないような抑止力は必要で、それが軍事力だ。「九条の会」とかは、「軍隊があると戦争になる」と懸念してるが、では「何処の国と戦争になるのだろう?」と逆に質問を返したいものだ。それから全てが始まる。だがその手の団体は軍隊を持つ国を批判しないし、中共や韓国、またはロシアが日本の領土を軍事力で侵略している事には「あーあー、見えない、見えない。」状態だ。つまりそちらの味方なのだろう。馬鹿馬鹿しい。だからイモトアヤコさんの「こっちから仕掛けなくても、もし向こうから来た時に軍がないとアチャーってなっちゃう」と言う言葉が響く。政府はどんな状態でも「遺憾の意」だが、既に「アチャーってなっちゃう」状態なのだ。現実を認めよう。

良 @goodsmallforest
https://twitter.com/goodsmallforest/status/1196631512600330240?s=19
二階幹事長 後任に石破氏?進次郎氏の名前も
https://news.yahoo.co.jp/articles/ca6ee201b85377e0742c21fee0e3ac7f64725fb1

クリックすると元のサイズで表示します

さて国政だが、二階俊博氏後の自民党幹事長は、左派系の媒体では矢鱈と親中派議員の名ばかり並べるが、これでは単に若返っただけで現状通りだ。テレ朝Newsによると「例えば女性で現在、幹事長代行を務める野田聖子さんをそのまま幹事長に昇格させればいいんじゃないか」とか「菅総理側からすると、石破元幹事長を起用すれば総裁選への出馬の芽をつぶせるという面もあるので、同じ理由で岸田前政調会長」。更には「国民的人気の高い小泉進次郎環境大臣の起用を求める声もあり、ひょっとしたら“サプライズ人事”がある可能性」なんて事を説いているが、小泉進次郎氏に対し「国民的人気の高い」とは、トンだお笑い草だ。寧ろ政治的に頓珍漢なのがバレてガッカリではないか?それにしてもテレビ朝日の願望とは言え、ずいぶん碌でもない名前ばかりを並べたものだ。(駄目な理由をイチイチ説明するのも酷な位だ。)なので過去の大臣職で実績のある人が良いだろう。

0
タグ: 衆議院選挙




AutoPage最新お知らせ