人々と意義深い関係  社会・政治



社会・政治blogランキング

「私の目的は意味のある仕事をし、共に働く人々と意義深い関係を持つ事です」。これは米国の投資家で、ヘッジファンドマネージャーでもあるレイ・ダリオ((Ray Dalio、1949年8月8日 - )氏の名言。こちらも「斯くありたい」と思う名言だ。共同体とは、そう言うものだ。さて今日も休みだが、例のカセットデッキは、フィルムコンデンサを交換するまでは電子系では出来る事はなく、精々、動力ユニットのバネを交換したり、アイドラーゴムの点検だけだ。本当は今日やれば良いのだが、朝から部屋の片づけやら掃除をしていたので少し休憩だ。なのでこのblogの打ち込みを始めたのも13時を過ぎてからだ。そこでBGMとして掛けているのは、フルトヴェングラー博士がザルツブルク音楽祭で振った「フィガロの結婚」だ。(録音は1953年)これが落ち着いた演奏で打ち込みの邪魔をしない。なので一気に打ち込み、blogを仕上げてしまおう。では「巷では?」だが、まだ「緊急事態宣言」下ではあるが、各社媒体は、その件よりも自由民主党の総裁選挙の話題ばかりである。問題は親中派、保守のどちらの手に落ちるかだ。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしながら「二階政権」化していた菅義偉内閣も任期までだ。だから当然、そこで世論が親中派にうんざりしているのだから、その次は保守派でないとならないだろう。でなければ自民党は国民から見限られてしまう。(だがそれで民主党系にはならないのがミソ?)昨日のblogでも無力化した岸田文雄氏の事を取り上げたが、最初に「二階政権」打破を声高々に上げて、注目は浴びたものの、高市早苗氏や河野太郎氏が出馬の意向を示してからは、既に過去の人である。不憫なものだが、存在感が薄い人とはそう言うものだ。仕方がない。おまけに政策面で立憲民主党と被り、もし自民党総裁になった折には、連立の可能性を(立憲民主党から)示唆されるのだから、「嗚呼、やっぱりソッチの人か?」と思われるのがオチで、すっかり感心も薄れてしまった。テレビ番組にゲストに呼ばれた時に「森友学園問題」の追及を明言したのもマズかった。そりゃあ立憲民主党が喜ぶだろう。だから親中派に懲りたのに、そんな政党と同じ事を言う立候補者には「信用ならん!」となる。その前に「おまえ、元は安倍内閣の閣僚だろう?」てな事となる。まさか自分から墓穴を掘るとは思わなかった。その閣僚の時から気になっていたが、どうも岸田氏は自分が持ち上げられる場に直面した時は天狗になりやすい。こんなに早く馬脚を露すとは思わなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

さて新総裁が内閣総理大臣としてやらねばならない事がある。国内経済の復興だ。実はあのバブル崩壊後から、経済は徐々に冷え込み、何度かテコ入れをしたものの、バランスが悪く、その間に「民主党政権」の「ただ見てるだけ」状態の日銀総裁のせいで(「円高」「株安」の為に)日本企業がどんどん潰れた。そこで儲かったのが中国と韓国だった。そこで韓国政府は民主党政権時代を高く評価し、日韓関係も良好だったと言う始末。そりゃあ、何もせず、盗人に追い銭外交なんぞをしていたのだから、日本の経済がガタガタになるのは当たり前だ。そんな最中の「東日本大震災」だった。民主党政権は、あろう事か復興物資を中国や韓国から入れた。国内の建築関係は大打撃である。失業者も溢れる訳だ。それで国民の不評を買い、再び自民党政権に戻ったのだが、そこで期待された所謂「アベノミクス」では、大手ゼネコンと富裕層(の生活)が更に安定しただけで、お金は天で回りっぱなし。庶民は貧乏になっただけだ。なので日銀総裁の黒田東彦氏の手腕も大した事はなかった。それにはガッカリである。労基法も現状からは掛け離れている。大体、日本はフェミニズムに対しての感覚が薄い為に、それを労基法に取り入れても役には立たないのだ。今や正社員の首が切りやすい法律も取り入れられており、これで「少子化を解決せい」とは狂っている。女性の社会進出にしても、幾ら間口を広げても限界にも達していないのだから、それだけ「国民は保守的だった」と言う事だ。嘗ては確かに大金持ちでもないが、貧乏でもない「中流層」が在った筈なのだが、出鱈目な経済政策の繰り返しですっかり、国民は経済的に疲弊してしまった。そんな最中での武漢肺炎ウイルスによるコロナ禍だ。天にお金を回さず地に落とせ。それが出来なければ、総理が誰になっても同じだ。少子化による経済の冷え込みは、全く労基法を見据えない経済政策の失敗が原因だ。次期自民党総裁も当然、経済感覚が問われる。

高市氏「電磁波で敵基地無力化」テレビ番組で「一刻も早く」
https://nordot.app/808927915458822144
総裁選・高市氏「尖閣守るため自衛隊、海保が動ける環境を確立」
https://news.yahoo.co.jp/articles/14f69cc86ccf414d0e327799d1821f29f77d1431
【速報】河野氏が総裁選出馬を表明 「保守の政治家」強調 ワクチン接種・ハンコ廃止の「成果」語る
https://news.livedoor.com/article/detail/20846221/
河野氏は「リベラル・左翼」…危うい 「靖国代替施設賛成」の過去 
「皇位継承」尊重姿勢は総裁選への方便 麗澤大学の八木教授が緊急寄稿

https://news.yahoo.co.jp/articles/160d8e78b4faf49314bd0255b0939536b2250412
衆議院議員 河野太郎公式サイト
https://archive.is/95IDI#selection-67.0-67.15
立民、「枝野内閣」最初の一手発表 30兆円補正、森友究明チームも
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090700993&g=pol
立民・泉氏 岸田氏の政策「立民とほぼ同じ。連立組めるのでは」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA103RY0Q1A910C2000000/
日銀頼み、空転20年 黒田総裁「コロナ後も緩和継続」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB018R10R00C21A9000000/
Mi2 @mi2_yes
https://twitter.com/mi2_yes/status/1435762405393387521?s=19

クリックすると元のサイズで表示します

さてこのblogを〆るが、現在の処、その自民党総裁選挙で有力候補となったのは、高市早苗氏と河野太郎氏の二択みたいなものだ。「何故、そうなったか?」だが、全て媒体のおかげだろう。何せ現総理と麻生太郎副大臣の一件を西日本新聞が捏造してまで、河野氏に同情をさせるような真似をして、あれだけ拡散すれば、自然に浮上もするだろう。しかしこの処になって、河野氏(の印象)がマイナスになるような話題がどんどん出てきた。その殆どが結局は似非(エセ)保守との疑惑だ。だが「河野太郎公式サイト」では、内閣総理大臣の靖国神社参拝を1972年に署名した「日中共同声明」を例に取り、「その宗教法人に首相が参拝すれば、共同声明に合意した日本政府の代表が宗教法人の行為を追認したことになってしまいます」。として「日本側が共同声明の合意をほごにするのならば、こちら側も賠償放棄を取り消して、賠償を求めようではないか、ということになってしまいます。だから、中国政府は、日本政府に対し、A級戦犯が合祀されている靖国神社に、首相が参拝することは、日中間の合意を踏みにじる行為だから、やめてほしいと言ってくるのです」。等と、どうした事か中共(中国共産党)政府目線でものを見ているのだ。では「A級戦犯以外の英霊の供養はやらなくていいのか?」と言う事になる。罷り成りとも日本の国家を守る為に駆り出され、非業の死を遂げた兵士たる「国民の命なんぞはどうでもいいのか?」と言う事になる。それを国家が弔わないで誰がするのか?米国にも戦死者を弔う「アーリントン国立墓地」があるではないか?それであろうにも河野氏だが、靖国神社の代替施設案に賛同していた事もあり、何かズレてる。アーリントン墓地は代替えではない。南北戦争の犠牲者から弔われているのだ。国民の命は軽くはないのだ。なのでそれから見たら、何としてでも国家、国民の命を必死に守る意思を示している高市早苗氏の方がマトモに見えてくる。まあ靖国神社参拝は、保守系政治家の踏み絵みたいなものかも知れないが、避けては通れないものだ。後はバランス感覚だ。高市氏は総裁選挙で当選をしても、靖国神社参拝はやめないそうだが、あれだけハッキリと名言していたのに(内閣総理大臣)任期中は一度も参拝しなかった安倍晋三氏の例もある。一度はその理由を聞きたいものである。ちなみに辞任後は即座に参拝した。何か複雑な事情でも在ったのだろうか?だが「河野談話」を形骸化したのは評価が出来る。

0




AutoPage最新お知らせ