使命を見つけ出す事  社会・政治



社会・政治blogランキング

「何かを成し遂げる事が成功ではなくて、自分の使命を見つけ出す事が、本当の成功」。これは実業家で作家、講演家としても知られる福島正伸氏の名言。その使命だが、そこに気が付く人ならば先もあるだろう。人もそれぞれだ。話は変わるが、昨日に北朝鮮が久々のミサイルだ。しかしながら、もう「またやってら?」状態で国際的な世論もシラケて相手にもされない。どうせ着弾目的でもなし、単に振り向いて欲しいだけなのだ。だがそれがワンパターン化しては何の効果もないだろう。いい加減、「早くそこに気付けよ!」だ。自民党総裁選で野田聖子氏が出馬した。票の撹乱が目的だろうが、それは誰を助ける事になるだろうか?その野田氏は色々な人に声を掛けて議員に仕立て上げているので、恩のある人は集まるだろう。それで(女性議員票が)優勢になれば、やはり高市氏には都合が良い。野田議員の狙いは、案外かも知れないが?

クリックすると元のサイズで表示します

さて明日は休み(公休)だ。なのでそろそろオープンデッキ(TEAC X-1000R)の内部の調整やら修理箇所でも調べようとは思ってはいるが、それも時間次第だ。目下の処、テープ速度の切り替えボタンが飛び出したままなので、そのスイッチの型番を探して交換だ。場合によっては経年劣化で沈没したカセットデッキのボタンスイッチが代用出来るかも知れない。そんなこんなだが、現状、カセットデッキは、再生だけ出来る物しかないので、せめて「オープンデッキだけでも復活をさせたいな?」と思った訳だ。しかしながら、この前にヤフオクで落札したカセットデッキ(Pioneer CT-600)が諦め切れず、その後継機種を探している。ノウハウは、それなりにあるのだ。つまり修理上の御法度も理解したのて、「何処を慎重に作業をしたら良いか?」も理解したのて、下手な真似はしない。オープンデッキの方は、キャプスタンが回らないので、おそらくそのゴムベルトが切れたのだろう。

たまに韓国の事でも取り上げるが、もうこの国は起死回生すら難しいだろう。韓国の国民も若い世代から、その理由に気付き始めている。それが「反日」なのだが、幼児期から始める為に歴史認識にしても(ネットでお馴染みの)ウリナラ起源では、国際的にも通用せず、海外留学をした若者が、その仕組みに気が付いてしまう。だから韓国経済も滅茶苦茶になった理由も徐々にバレているのだが、それに気付かないのが韓国政府なのだから、既に「亡国の危機」である。その決定打が朝鮮人徴用工訴訟による韓国最高裁判決だった。それで日本企業への差し押さえを確定はしたのだが、幾度となく宣言をしては、なかなか踏み切れないでいる。強行すると日韓関係も切れるからだ。しかしその判決自体が、日本と韓国との講和を否定するものであり、「日韓基本条約」の破棄なのだから、傍から見れば、その時点で「国交断絶」であり、『宣戦布告』をする前にする事なので、「なんだこの国は?」となる。(そんな基本が解らない。)それから国際会議では、全く相手にされなくなった。

クリックすると元のサイズで表示します

そりゃそうだ。簡単に講和条約を切る国だ。危なかしくて条約なんぞ結べるものか?とは言え韓国側の感覚としては「日本だけの事」だと軽く考えている節もある。だが韓国と何等かの条約を結んでいる国はあるだろうから、そんな訳にはいかない。だから警戒をされ離れていく。当たり前だ。そこで困って再び日本との関係修復を試みようと韓国の政治経済関連の学者が(韓国)政府には訴えるものの、長年の「反日教育」が祟り、次期大統領候補もあのザマだ。ゆくゆく先は北主導で朝鮮併合。最終的には中共(中国共産党)政府により、朝鮮自治区になるのがオチだ。自業自得だろう。「放って置いたら自滅した」てな状態だ。

北朝鮮 弾道ミサイル発射か 日本のEEZ外側 日本海に落下と推定
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210915/k10013260161000.html
「遂に一線越え?」韓国最高裁、三菱重工業の国内商標権・特許権の差し押さえを確定=韓国報道
https://www.wowkorea.jp/news/Korea/2021/0913/10314866.html
「中国を持ち出すな」自民党総裁選候補を批判
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210914/mcb2109142107012-n1.htm
玉川徹氏、河野太郎氏の石破茂氏訪問で総裁選に「ちょっと期待が出てきたかな」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e2b3348ee9805e1138b0de6618cbcc7bfa0d5e3a
山谷えり子 @yamatanieriko
https://twitter.com/yamatanieriko/status/1437728110540046338?s=19
会館の美女★フリーランスのあづみです @main_streamz
https://twitter.com/main_streamz/status/1437820876032860160?s=19


クリックすると元のサイズで表示します

さて自民党総裁選だが、中共(中国共産党)が、その「総裁選で中共を出汁に公約に利用するな!」と苦言を呈しているのだが、結局、中共が原因を作っているのだから仕方がない。しかしそんな流れを作らないと自民党の議席が今後の国政選挙で“大幅な減少”をするだろうし、二階政権化した「菅義偉内閣」が、民主党政権の再現をしている現状では、親中政権は国民のトラウマ。だから次期総裁が親中であってはならないのだ。だからこそ保守系政権の誕生が待たれているのだ。そこで「二階政権」を民主党政権と重ねて見てしまうのだが、この状況、民主党政権が解散し、第2次安倍内閣が返り咲いた時と何となく似ている。なので高市早苗氏が尚更期待される。そんな感じなのだが如何なものだろうか?

0




AutoPage最新お知らせ