避けたり諦めない情熱  社会・政治



社会・政治blogランキング

プロゴルファーの藤田寛之氏がこんな事を言っていた。「人は何等かの使命や役割を背負って生きている。それを避けたり諦めない情熱があれば、目標に近づける」と。確かにそんな処で思いつく事もあるだろう。小生もそんな目標位はある。それこそ「男はつらいよ」の主題歌でもないが、「♪どぶに落ちても根のあるやつはいつかは蓮の花と咲く」だ。まだ諦めてはいない。その寅さんと言えば「車」姓で朝鮮とは些かの縁もあるのだが、その朝鮮は、戦後に解放されたのに国連軍の不手際であんな事になってしまった。日本の場合は米軍に進駐され、旧連合国のプロパガンダ浸けにはなったが、1952年には国家主権を取り戻してからは何とかやってきた。しかしながら朝鮮は内乱が起きて南北が分裂、現在に至るのだが、旧連合国の思惑で東西が分裂したドイツとは、全く事情が違うのにドイツの分裂と事情が似ているような教育を韓国ではしているようだ。そこが歴史の歪みで、変な処で見栄を張っているので、そりゃあ歴史を捏造する訳だ。それで結果、整合性が取れないので、朝鮮戦争が日本と戦争をした事になっている。それでは北朝鮮の存在に整合性が取れないのだが、その為につく嘘もあるのだろう。その辺の調査もしてみたいものだ。だから正式に調印された筈の「日韓併合」が後世には、その事情さえ捏造され「反日教育」に利用された。そこで「従軍慰安婦問題」が発生した訳だが、そもそも慰安婦を“戦地へ兵隊と共に従軍”なんて事は出来る筈がなく、少し考えれば荒唐無稽な話なのだが、あの「河野談話」発表後に(当時の)官房長官だった河野洋平氏が述べた個人的な見解によって認めた形になってしまった。これは日本政府の失態で、そこに書いてある意味合いとは違う事を発言した河野洋平氏には、大きな問題があったのだが、何故かスルーだった。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしその「朝鮮人慰安婦」自体が韓国で否定されてきている。普通に調べれば変な話なので当たり前だが、韓国の大学教授が次々と声を上げている。韓国は、その「反日」で国が潰れそうなのだ。斯くして「李氏朝鮮」没落時の再現みたいな状況と化した訳だ。最近、韓国で『赤い水曜日』なる本が出版され、注目をされてるそうだが、その著者は金柄憲氏(キム・ビョンホン、52歳)なる成均館大学出身で在野の歴史研究者である。文春オンラインによると著者は、その「あとがき」で「韓国で定説とされている日本軍慰安婦をめぐる「強制動員説、性奴隷説、戦争犯罪説」は運動団体のウソの扇動による虚偽であると断言」しており、「本書は、日本軍慰安婦だったとして支援団体によって内外で日本糾弾の反日運動の先頭に立たされ、韓国政府から法的に生活支援を受けているいわゆる“慰安婦被害者”について、記録として残されている彼女たちの証言集を詳細に検証している。その結果、韓国の「慰安婦被害者法(日帝下日本軍慰安婦被害者に対する保護・支援及び記念事業等に関する法律)」で定義されている「日帝に強制動員され性的虐待を受け慰安婦としての生活を強要された被害者」という「日本軍慰安婦被害者にあてはまる者は一人もいない」と主張している」との事。それにしても国家が傾かないと、こんな正義感のある人物が出て来ないのだから終わっている。世界中からソッポを向かれた国は、今更どうにもならない程に手遅れである。

対中非難決議、総裁候補3氏「採択すべき」 河野氏回答せず
https://www.sankei.com/article/20210922-RGIGUBUPLVMTRIQG4IQVENTU5Q/
【推敲しました】  夜にまさかのどんでん返し  総裁選の河野陣営  諸事あまり驚かないぼくも、ちょっとはびっくり
https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=3244
立憲民主がアベノミクスを検証「金持ちを大金持ちにしただけ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/acdefb552ed0db3d40e2857ce33da4f2216e3e26
立憲民主党 枝野代表 千葉県内で街頭演説「命を守る政治に力を貸して」
https://nordot.app/812874391881957376
蔡英文 Tsai Ing-wen @iingwen
https://twitter.com/iingwen/status/1439888734321709067?s=19
高市早苗氏と蔡英文総統のビデオ会談、ある「細かい部分」に注目=「子どもだまし」と中国メディア
https://www.recordchina.co.jp/b882648-s25-c100-d0193.html
「慰安婦被害者はいない」韓国で出版された“慰安婦問題のタブーを破る本”『赤い水曜日』驚きの内容とは?
https://news.yahoo.co.jp/articles/914b4b981f5850163d5f32fbb1886daf683e5194
【目を覚ませ韓国】初代大統領・李承晩に歴史ねじ曲げた大罪 反日を国民に強制
https://www.sankei.com/article/20171226-SME5V5ZKNFMDRMXIXSQP7GKOSQ/
韓国が発明したものってありますか?
http://kankokunohannou.org/blog-entry-17377.html

クリックすると元のサイズで表示します

では政治動静だが、やはり中共(中国共産党)政府は、自民党総裁選に立候補した高市早苗氏が、何かと気になるようである。その高市氏の動きも早く、台湾(中華民国)の蔡英文総統とリモート会議をしている。その件に関しては、蔡英文総統もTwitterで「高市早苗先生とリモート会議を行いました。短い時間でしたが、実に有意義な意見交換でした」。「日本の友人たちに再度感謝します。台湾と日本の交流がいっそう深まることを期待しています」と好意的だ。しかしそれが中共には面白くない。そこで茶々を入れる。何せ会談当日である20日の(中国)観察者網では「先月27日に自民党と民進党が防衛政策意見交流会を初めてオンラインで実施したことにも触れ、「日本側は政党間交流と解釈しているが、このような子どもだましでは物事の本質を変えることはできない」と評している」程だ。しかしながらまだ投票日前で自民党総裁にさえなっていない人物に対して、過剰反応過ぎないか?これでは、まるで既に高市氏が自民党総裁のようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに他の候補者だが、既に岸田文雄氏は空気と化しており、野田聖子氏は論外だが、なんとか目立とうとしている、では河野太郎氏だが、相変わらず火消しが続く。産経新聞によると「自民党総裁選(29日投開票)に立候補した岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行は22日までに中国政府による諸民族への人権侵害行為を非難する国会決議について「採択すべきだ」との考えを示した」。これは「日本ウイグル協会など国内13の民族団体などで構成する「インド太平洋人権問題連絡協議会」が候補者アンケートを実施し、結果を公表した。河野太郎ワクチン担当相から回答はなかった」との事。やはり一族経営の会社が中国にあり、自身も関わっていた事から、回答を見送ったのだろうが、後からそれは事務所の手違いとの弁解。これでは益々信用がなくなっていく。(単に節操がないだけかも知れないが、)あの野田聖子氏すら賛成しているのだ。案外、この人、世渡りが下手なのかも知れない。そんな時に立憲民主党は「アベノミクスの検証」だの「政権交代」だのと平和なものだ。

0




AutoPage最新お知らせ