正しいか間違っているか?  コラム



人気ブログランキングへ 

「正しいか間違っているかなんてどうでもいい事。重要なのは逃げ出さない事」。まるで今日の衆議院選挙の投票だが、その結果が将来の日本の動きを決める事にもなるので、実は重要だ。さてこの名言。米国の女優でオスカーを4回受賞したキャサリン・ヘプバーン(Katharine Houghton Hepburn, 1907年5月12日 - 2003年6月29日)のものだ。そんな感じで選挙の投票については有権者の姿勢が問われる。だから何事に関しても「逃げ出さない事」が重要だ。なので後は結果を御覧じろだ。そんな感じで、巷の話は内親王殿下の位を捨て、民間人となった小室眞子様の件と衆議院選挙位しかないが、その小室眞子様の件では、あれだけ批判をしながら、そうなるとお祝いムードを醸し出す各社テレビは「つくづく御都合主義だな?」と呆れるが、そんなムードの中でも独自性を貫く「テレビ東京」はアッパレとしか言いようがない。思えば昭和天皇崩御の際も、このテレビ局だけが違っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

日刊スポーツに『テレ東「なぜ話題になるか理解できない」眞子さん結婚会見中に映画放送』と言う記事があった。それには同局社長の石川一郎氏の定例会見が取り上げられていたが、石川社長曰く「あれがなぜ話題になるかよく理解できない」。として、その上で「特番が必要な時は議論してやってます。特番はとくに放送せずに、今まで通りやったということですね。やったとしても、ニュースでは報じております。眞子さんと小室さんがこれから末永く幸せに暮らしてほしいという願いです。『それ以上のものもそれ以下のこともない』ということです。意図してやらないとかそういうことではありません」と、その見解を述べていたが、「これこそが本物のリベラルなのかな?」とさえ思う。こればかりは石川社長の意見を賛同したい。確かにこちらの騒動については、ある事、ない事を他局では、それこそ散々批判をしていたのに、実際にそうなると掌を反すのはおかしな話だ。流石に折衝がない。

テレ東「なぜ話題になるか理解できない」眞子さん結婚会見中に映画放送
https://news.yahoo.co.jp/articles/037a7fda6e836b8b06513e0dc50761d5f437c02e
蓮舫氏が伸晃氏討ち≠ノ向け魂の叫び「声をあげれば、どんなブランド力も破壊できる!」
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3760096/

クリックすると元のサイズで表示します

そうかと思えば「つくづくこの人は?」と呆れたのが、立憲民主党の蓮舫氏だ。東京8区から立候補した吉田晴美氏の応援演説では、こんな事を言っていた。(記事元:東スポ)要所を抜粋するが、「これってジェンダー差別にならないのかな?」と思ったのは、公の場で「女性と男性の候補者がいたら、女性を推しませんか」と話している事だ。その上で「女なら誰でもいいというわけではありません」。とはしているのだが、「そう言う事ではないだろう?」と。更には自画自賛なのか「私は18年間、最前線で頑張ってきた。男より頑張ってきました」と。それから調子に乗り過ぎたのか「努力に努力を重ねて、時の総理に予算委で向き合って質問で評価されて、初めて認められる。そんなのおかしいでしょ」はないだろう。能力がある人が認められるのは当たり前だ。その後は否定と肯定だ。曰く「男でも女でも能力があることができることがあれば、表に出る人、支える人、自分たちのいられる場所を国会でみつけて、国民のために仕事をする。そんな景色をどうか作っていただけないでしょうか」と。薄っぺらな演説だ。こんなに話の脈絡のない、デタラメな事ばかりを言っているから立憲民主党の支持率も上がらないのではないか?

0

逃げるから苦しくなる。  社会・政治



社会・政治blogランキング

「苦しいから逃げるのではない。逃げるから苦しくなるのだ」。これは米国の哲学者で心理学者であるウィリアム・ジェームズ(William James、1842年1月11日 - 1910年8月26日)氏の名言。氏は意識の流れの理論を提唱し、後年は『ユリシーズ』(ジェイムズ・ジョイス)等の米国文学にも影響を与えた人物。その名言だが、確かにそうで、面倒な事はサッサと済ませた方が良いだろう。そうやって物事は解決し、克服していくものだ。唐突だが、つなぎのつもりで買い、使う予定だった日立Lo-Dのカセットデッキ「D-400MKU」だが、思わぬ走行系の欠陥の為に結局、修理を手掛けている。とんだ誤算だが、どうやらサーボモーターの交換になりそうだ。御蔵入りしたTEACのカセットデッキのそれを使ってみよう。それで良ければ御の字だ。略同規格(仕様)なのでちょうど良い。試してみよう。

クリックすると元のサイズで表示します

さて明日は衆議院選挙の投票日だが、与党たる自民党の議員には、「気が触れたのではないか?」と疑うような行動を取った者が居る。山崎拓氏だ。事もあろうに立憲民主党の辻本清美議員への応援演説をしていた。それは27日だったが、産経新聞によると「大阪府高槻市で辻元氏の応援演説を行い、「小選挙区は辻元清美、比例区は自民党という立場だが、理解をいただきたい。辻元清美が当選すれば、日本の政治のためになる」などと訴えた」との事。それで「自民前職の大隈和英氏は28日、自民大阪府連に対し、党本部に山崎氏の除名処分を上申するよう求める申し入れ書を提出した」と。これは通りそうだが、テレビ向けのネタにはならなかったようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

そうかと思えば、公金横領の疑いのある芸能人が居る。近藤真彦氏だ。現在では起業家とした方が良いのかも知れないが「GoTo-Eat」で不正受給を受けていた。それは和歌山県南紀白浜のうどん店だが、名義貸しではなく経営者として関わっていた。だが店長へ丸投げ状態だったようだ。まだ立件はされていないが、そのクーポン券を架空計上していた。これは店長がやらかした事のようだが、近藤氏は経営責任があるだけに、このままと言う訳にも行くまい。それにしてもジャニーズ事務所の創業者が死去した後に追い出され、その挙げ句がこれだ。もう後ろ楯を失っているので揉み消しをしてくれる人も居ない。氏の事業についてはジャニーズ事務所在籍時にも、その資金の流れには問題があった訳だが、その辺の事が事務所を出た途端に明るみにされた。その手口の汚なさは、アノ金屏風会見から変わらないようだ。呆れた人である。

〈独自〉山崎拓氏の除名求める申し入れ書を提出 自民前職
https://www.sankei.com/article/20211028-YBYGU4P6HNNBFCEAURGYRK7OBQ/
日本を中国従属へと導く自公連立――中国は「公明党は最も親中で日本共産党は反中」と位置付け
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20211027-00265201
台湾総統、米軍駐留の事実認める これまで「公然の秘密」、中国反発
https://www.asahi.com/articles/ASPBX64VRPBXUHBI01C.html
近藤真彦「お詫びします」 経営のうどん店がGoToEatで不正受給
https://bunshun.jp/articles/-/49676?page=1

クリックすると元のサイズで表示します

さて政局だが、産経新聞のリポートに『日本を中国従属へと導く自公連立――中国は「公明党は最も親中で日本共産党は反中」と位置付け』と言うものがあった。それ自体が今更だが、公明党の支持母体である創価学会と言えば、言わずと知れた池田大作名誉会長が、中国とは深い繋がりがあり、その辺の思想も学会員に浸透をしている事から安倍政権時に日米軍事同盟にある「集団的自衛権」を明確化しようとした時には内部で分裂騒動もあった訳だが、それでも自民党との連立をやめないのは、自民党内部の親中派勢力が強いからだ。幸い自民党には政権運営能力がある事から、嘗ての民主党政権のようにはならないのは幸いだが、その親中派が中心となった政権になると、やはり国益をそこねる。それを目の当たりに見たのが、前内閣たる菅義偉内閣だった。「二階政権」とした方がしっくりとくる政権なので、親中派丸出しの自民党前幹事長の二階俊博氏には本当に参った。思えば武漢肺炎ウイルスの日本上陸の初期段階で、中共の習近平国家主席を国賓として招く予定があった為に入管は甘くなり、結果として感染が拡大した経緯がある。つまり中共に関しては前後の見境がなくなるのが、この政党の親中派なのだ。だからこの産経新聞のリポートは概ね合っており、今更でもあるのだ。

0

大いなる苦悩  独り言





レオナルドダヴィンチの名言に「大いなる苦悩なくしては、如何なる完成も才能もあり得ない」と言うものがある。それこそ「苦労の賜物」だが、だからこそ実になるものも多いとも言えるだろう。昨夜、まだ回転にムラがある日立Lo-Dのカセットデッキ。「D-400MKU」のモーターのプーリーを研磨したのだが、まだ何とも言えない状態だ。確かにメンテナンス中の調整ではまづまづなのだが、蓋を閉めると、その症状が現れる。そこが電化製品の「修理の不思議」と言うべきか?なんでそうなるかは不明だが、必ずそうなるのだから訳が解らないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

参考にその画像を載せるが、この通り研磨を終えたプーリーはピカピカだ。だから精度は上がっていて、最初のテストではワウフラ(回転ムラ)もあまり無く、そのまま保てれば御の字なのだが、何故かそうにはならず、現状に悩む。だから「やりがいもあるのかな?」と。考えられる事としては、モーターを上下逆に使っている機種なので、その辺のズレも考慮する必要もあるのかも知れない。そのプーリーの研磨はまだ粗削りなので、更に目の細かい紙ヤスリで目を整えてみよう。それは帰宅後に早速実行する予定だ。やはり古い機種なので、それなりの狂いがあるのだろう。これは仕方がない。ちなみにワウフラ(回転ムラ)のテスト音源としては、マウリツィオ・ポリーニのショパン「ポロネーズ集」やカール・ベームの「トリスタンとイゾルデ」を使っている。これが実に解りやすいのだ。測定器がアテにならない事も時にあるが、音楽を聴き込んでいる人ならば、散々聴いた愛蔵盤をテスト音源に使うと意外と楽に異常も発見出来るものだ。そこがオーディオの面白さでもある。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で「さて巷では?」だが、衆議院選挙の最中でも立憲民主党に限って言えば「なんだかなぁ〜?」だ。お決まりの人が、お決まりの事を言ってるだけだが、正にこの期に及んでなのだから馬鹿馬鹿しいのだ。福山哲郎氏と枝野幸男氏が酷いのは今更だが、そんなこんなで印象も最悪だ。だからくだらない政治家の主張なんぞを紹介するのも無駄だが、どれだけ酷いかは記事として取り上げないと解らない面もあるので便宜上だ。下野新聞によると「立憲民主党の枝野幸男代表が27日来県し、宇都宮市内の商業施設とJR小山駅前で衆院選候補者の応援演説を行った」との事。そこでこんな事を言っていた。曰く「野党は反対ばかりだと言う人がいるが、具体的に法案も出して先手先手で提案してきた。審議拒否を続けて対案もないのは今の政府だ」と。もちろん国民は、その言葉が嘘なのは知っている。コロナ対策について議論を交わし、最良な対応を取り決めをして行かなければならなかった時には「桜」の真っ最中。それだけでは足りず「もりかけ」でさえも蒸し返そうとしていた。おまけに国会を途中退場をしてまでの審議拒否。いやはや呆れたものだ。正に「その口で何を言う」だ。

立民・枝野代表が来県 衆院選応援演説
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/516749
福山哲郎・立憲民主 @fuku_tetsu
https://twitter.com/fuku_tetsu/status/1452627061525278720?s=19

クリックすると元のサイズで表示します

尚、福山哲郎氏は自らのTwitterでこの始末だ。「各メディアの情勢調査で違和感のある表現があります。「自民党単独過半数をうかがう」とか「単独過半数確保の勢い」とありますが、それはすでに40数議席以上も減らすということですよ。勢いがあるわけないでしょう。真実は「自民党現有議席を大幅減、単独過半数は微妙」です。勢いはこちらにあります」と。支持率3%が何を言う?こんな事ばかりをしてては国民からの信用すら得られないのも当たり前だ。民主党時代からの最大の支持母体である連合からもトヨタ労組からも見捨てられたばかりなのに「よくそんな事が言えるな!」だ。然もこの政党は最悪な失政をした「民主党政権」時の物がそのままの顔触れだ。

0




AutoPage最新お知らせ