精力と思考  社会・政治



社会・政治blogランキング

「諸君の精力と思考とを、自分の使命に集中させよ!」。これは米国の実業家であるアンドリュー・カーネギー(Andrew Carnegie:1835年11月25日(英) - 1919年8月11日(米))氏の名言。則ち「使命を達成するには、やはりその位の気構えがないとダメだ」と言う事だ。さて今回は土日に連休を取ったので有意義に過ごせた。そこでしていたのはNECの「GT-2000」なるビデオプロジェクターのプリズムやら液晶の色ズレを直すべく、清掃をしていたのだが、それから映写をしてみたら画面の汚れは8割方だが取れた。これで星空の場面もすっかり抜けた画面で見る事が出来た。残るは(マゼンタの)液晶のズレを直す事だ。参考に画像を貼ったが、この通りである。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで注意をして、その映写画面を見ると、どうやら浮いてるようで片側のズレが酷い。そのズレを直すべく、参考に光学系の部分を写真に残したので、それを元に調査をするが、この手の事は、ある時に急に原因が解る場合が殆どだ。のんびり作業をしよう。それはプリズム周りの基板を全部外す必要があるので作業に時間を充分に空けれる日じゃないと出来ないのだ。次はいつ出来るかだ。その前に音響機材を片づけなければならない。カセットデッキもそうだが、ベルト切れとスイッチの不良で部品交換をすると復活が可能なオープンデッキがある。そんな作業をしながら撮った画像が溜まったので、趣味系blogでも、それをネタに更新を久々にしてみよう。停電の際でも使える電池式のスマホの充電器も作った。懲りずにカセットデッキの方も修理をしながら使う予定だ。

クリックすると元のサイズで表示します

さて「巷では?」だが、やはり現内閣は不甲斐なく、前任者が「日本学術会議」に煽てられて、手がつけれなくなった環境省大臣のポストは、結局、レジ袋有料化見直しを求める世論を無視するようだ。どうやらそこにも利権が発生したようだ。ちなみに原発は、利用可能な限り低減する方向性で、そこは理解は出来る。バランス良くやって頂きたい。それと特定野党の野合だが、国民民主党の玉木雄一郎代表は、まるで花びら占い状態だ。今回は支持母体の連合新会長の芳野友子氏が、立憲民主党代表の枝野幸男氏が進める野合について批判をしている事から10日放送のフジテレビ「日曜報道 THE PRIME」に於いて「共産党との閣外協力は、我々もあり得ないと思っている」と発言。更には「立憲民主党が今のままであれば合流はない。我々は独自に衆院選をしっかり戦いたい」と見解を述べていたのだが、何せ意思の弱い人だ。これは選挙まで、どうなるか解らないのではないか?どうせまたフラつくだろう。そうかと思えば産経新聞には「立憲民主党の小沢一郎衆院議員は8日、国会内で記者団に、自民党政権を倒せる野党議員が不在であるとの認識を示し、政権交代を果たすまで衆院議員を続ける意向を示した。「政権をもう1回取るまで(議員を)やる」と語った」てな記事があった。それこそ「まだそんな事、言ってら?」だ。今まで立ち上げた政権(や政党)を幾度も潰した張本人が「何を言うやら?」だ。

テレ朝・玉川徹氏のヤフコメ“8割ネット右翼”に門田隆将氏反論「貴番組を早急に是正せよ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac1b56163dbad261ecd6f56a10b0caea07f76ed8
テレ朝コメンテーター玉川徹さんは”ヤフコメ”に「社会の役に立っているのか…一部の人の巣窟、考え直したほうがいい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a8330ec93927d78d2b61bf362c767b1192d77a39
ほんこん 小泉進次郎氏の涙に「政治家が泣くのは日本だけ」「アメリカでは信用失う」
https://news.yahoo.co.jp/articles/d269d043788e5562047c2815fb48e673382ffc51
山口環境相、原発利用可能な限り低減 レジ袋有料化見直し慎重―新閣僚インタビュー
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100701050&g=pol
立民・小沢一郎氏「政権取るまで」議員続ける
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f05c18a7e4477b516853b69e75bd29c21356132
国民・玉木代表「共産の閣外協力あり得ない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/4be83c4acb8643ad77445b9be3094d4eb9238941

クリックすると元のサイズで表示します

唐突だが「ネトウヨ」と言う言葉がある。Wikipediaでは「ネット右翼(ネットうよく)とは、ネット上で右翼的な言動を展開する人々のことである。インターネットの「ネット」と「右翼」を合わせた造語」。としており、その上で「略語は「ネトウヨ」など。対義語として「ネット左翼」がある」としている。ちなみにその定義には諸説あるが「保守的で排外主義的な書き込みや情報発信を行うユーザーのことを指すといい、排外主義的な傾向が薄いものを「ネット保守」と呼んで「ネット右翼」と区別する向きもある」との事。そこで小生の私見だが、これは「街宣右翼のネット版」だと思っていた。つまりエセ右翼だ。街宣右翼がしている事は、軍歌や君が代、または日の丸に関し、故意に騒ぎ立てる事で、その印象を蔑ますのが目的だ。だから皇室にまでそれが及ぶ。どうも日本の場合は、戦後にGHQが投獄されていた共和党員を釈放した辺りから、息を吹き返した党員を多数、報道機関に引き入れた為に何やらおかしな事になった。当時の米国が民主党政権だった事で、そんな事態になったのだろうが、それは自虐史観を政治プロパガンダにより、国民の思想に植えつけるには効果的だったと言えるだろう。なので現在の(日本の)媒体も、こんな状態なのだろう。そこでテレビ朝日だ。「羽鳥慎一モーニングショー」で同局解説員の玉川徹氏は、その「ネトウヨ」を頻繁に発言に引用をするのだが、普段から思想が左に振り切った人が言うと、見えてくるものも在るだろう。つまり左翼を隠れ蓑にした、その手の野党と「レベル的には変わらない」と言う事だ。そこでフリージャーナリストの門田隆将氏がこんなコメント。東スポWebによると「この人は2013年5月に共産党中央委員会が32万人党員にTwitter開始指令を出し、以来“共産党”を隠した上での組織的ツイートで世論を誘導する“新・階級闘争”が展開されている事を知らないのだろう」と。それは表向きには「カクサン部」が知られているが、ネットの裏工作も然りだろう。プロパガンダとはそう言うものなのだ。その玉川氏だが、武漢肺炎ウイルス関連の情報を散々かき回して世論を混乱させ、政府に警告を受けていながら何がネトウヨだ。それこそ何処かの工作員紛いである。それ以前にやかましい男だ。

0




AutoPage最新お知らせ