逃げるから苦しくなる。  社会・政治



社会・政治blogランキング

「苦しいから逃げるのではない。逃げるから苦しくなるのだ」。これは米国の哲学者で心理学者であるウィリアム・ジェームズ(William James、1842年1月11日 - 1910年8月26日)氏の名言。氏は意識の流れの理論を提唱し、後年は『ユリシーズ』(ジェイムズ・ジョイス)等の米国文学にも影響を与えた人物。その名言だが、確かにそうで、面倒な事はサッサと済ませた方が良いだろう。そうやって物事は解決し、克服していくものだ。唐突だが、つなぎのつもりで買い、使う予定だった日立Lo-Dのカセットデッキ「D-400MKU」だが、思わぬ走行系の欠陥の為に結局、修理を手掛けている。とんだ誤算だが、どうやらサーボモーターの交換になりそうだ。御蔵入りしたTEACのカセットデッキのそれを使ってみよう。それで良ければ御の字だ。略同規格(仕様)なのでちょうど良い。試してみよう。

クリックすると元のサイズで表示します

さて明日は衆議院選挙の投票日だが、与党たる自民党の議員には、「気が触れたのではないか?」と疑うような行動を取った者が居る。山崎拓氏だ。事もあろうに立憲民主党の辻本清美議員への応援演説をしていた。それは27日だったが、産経新聞によると「大阪府高槻市で辻元氏の応援演説を行い、「小選挙区は辻元清美、比例区は自民党という立場だが、理解をいただきたい。辻元清美が当選すれば、日本の政治のためになる」などと訴えた」との事。それで「自民前職の大隈和英氏は28日、自民大阪府連に対し、党本部に山崎氏の除名処分を上申するよう求める申し入れ書を提出した」と。これは通りそうだが、テレビ向けのネタにはならなかったようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

そうかと思えば、公金横領の疑いのある芸能人が居る。近藤真彦氏だ。現在では起業家とした方が良いのかも知れないが「GoTo-Eat」で不正受給を受けていた。それは和歌山県南紀白浜のうどん店だが、名義貸しではなく経営者として関わっていた。だが店長へ丸投げ状態だったようだ。まだ立件はされていないが、そのクーポン券を架空計上していた。これは店長がやらかした事のようだが、近藤氏は経営責任があるだけに、このままと言う訳にも行くまい。それにしてもジャニーズ事務所の創業者が死去した後に追い出され、その挙げ句がこれだ。もう後ろ楯を失っているので揉み消しをしてくれる人も居ない。氏の事業についてはジャニーズ事務所在籍時にも、その資金の流れには問題があった訳だが、その辺の事が事務所を出た途端に明るみにされた。その手口の汚なさは、アノ金屏風会見から変わらないようだ。呆れた人である。

〈独自〉山崎拓氏の除名求める申し入れ書を提出 自民前職
https://www.sankei.com/article/20211028-YBYGU4P6HNNBFCEAURGYRK7OBQ/
日本を中国従属へと導く自公連立――中国は「公明党は最も親中で日本共産党は反中」と位置付け
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20211027-00265201
台湾総統、米軍駐留の事実認める これまで「公然の秘密」、中国反発
https://www.asahi.com/articles/ASPBX64VRPBXUHBI01C.html
近藤真彦「お詫びします」 経営のうどん店がGoToEatで不正受給
https://bunshun.jp/articles/-/49676?page=1

クリックすると元のサイズで表示します

さて政局だが、産経新聞のリポートに『日本を中国従属へと導く自公連立――中国は「公明党は最も親中で日本共産党は反中」と位置付け』と言うものがあった。それ自体が今更だが、公明党の支持母体である創価学会と言えば、言わずと知れた池田大作名誉会長が、中国とは深い繋がりがあり、その辺の思想も学会員に浸透をしている事から安倍政権時に日米軍事同盟にある「集団的自衛権」を明確化しようとした時には内部で分裂騒動もあった訳だが、それでも自民党との連立をやめないのは、自民党内部の親中派勢力が強いからだ。幸い自民党には政権運営能力がある事から、嘗ての民主党政権のようにはならないのは幸いだが、その親中派が中心となった政権になると、やはり国益をそこねる。それを目の当たりに見たのが、前内閣たる菅義偉内閣だった。「二階政権」とした方がしっくりとくる政権なので、親中派丸出しの自民党前幹事長の二階俊博氏には本当に参った。思えば武漢肺炎ウイルスの日本上陸の初期段階で、中共の習近平国家主席を国賓として招く予定があった為に入管は甘くなり、結果として感染が拡大した経緯がある。つまり中共に関しては前後の見境がなくなるのが、この政党の親中派なのだ。だからこの産経新聞のリポートは概ね合っており、今更でもあるのだ。

0




AutoPage最新お知らせ