こちらから何かを  社会・政治



社会・政治blogランキング

「人に何かをして貰いたいと思えば、こちらから何かをしてあげる。人に愛されたいのなら、こちらが愛する。人を従わせたいのなら、まず、人に従ってみる」。これは小説家(歴史小説・時代小説作家)宮城谷昌光(1945年2月4日 - )の名言。つまり、この人なりの「『隣人を愛せよ』なのかな?」と思う。だが世の中は無情が蔓延る。北朝鮮がまたミサイル発射だ。もう今年に入って7度目だ。「そんな処に国家予算を投入する暇が在ったら国民に還元せよ」とは思うが、これが外交戦略の一環とでも思っているのだろう。しかし現状は「またやってら?」で効果はない。とは言え、着弾させたら“北朝鮮が終わる”事位は理解をしているようで、だからこそ、こんな事の繰り返しなのだ。日本政府もどうせ「遺憾の意」だ。国交はないので、そこと繋がりがある国が経済制裁をされるのもパターンなの。然も慣れているのだ。そして回避の方法も心得ているようにも思える。それが(中共の方の)中国で、これこそ世の中のデタラメだろう。だから『北京冬季五輪』は難なく開催される。武漢市で発生し、世界に拡がったウイルスについて「『第3次世界大戦』は細菌兵器が引き起こした」との論説も在るが、それで各国が何をする訳でもなく、形だけの外交ボイコットも呆れた茶番だ。国際経済に深く関わる中国だからこそ、手も出せないのだろうが、こんな事になる直前まで、ODA(政府開発援助)を続けていたのだから、その責任は各国が取らねばなるまい。「豊かになれば、民主主義化する」なんて思う事自体が甘かった。結果、援助した国の自業自得だが、なればその元を絶たねばならないだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

それと韓国だ。日韓関係は既に疎遠だが、対日工作費を3倍にまで引き上げ、国民感情に反して「日韓友好」をアピールするのは訳が解らない。と言うのも、そうしながらも“反日教育”をしているのだ。これこそ「何をしたいのだ?」だが、テレビを観れば、見境なく韓国ネタをねじ込んだ番組ばかりで嫌になる。そこはやはり「過ぎたるは猶及ばざるが如し」だろう。また日本の世界遺産登録に対し、韓国が妨害行為をしている。だから「こんな国」だが、政府の取り組みはまたしても優柔不断だ。慰安婦問題にしても、既に解決済みの筈だが、結局は元の木阿弥だ。思わず「あの10億円は、どうなった?」だ。するとこんな記事だ。レコードチャイナによると、25日の韓国・世界日報の記事を引用し「鄭義溶外相が「元慰安婦らは両性平等基金による支援を望んでいない」と発言したことについて、野党「国民の力」の趙太庸議員が「元慰安婦らが拒否したことはない。政府は希望拷問(希望を持たせた後に落胆させる)をやめなければならない」と反論した」と伝えた。呆れたものだ。つまり解決させる気はないのだ。こんな国と付き合う事自体が馬鹿馬鹿しい。さっさと断交せい。しかしながら現政府の外交は色々と不甲斐ない。

佐渡金山の世界遺産登録阻止のためのTFが発足…駐韓日本大使を招致=韓国報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/b8ffdfad95673bf506543af1afd1c2347434b95e
「元慰安婦に支援断られた」韓国外相の発言がうそと判明し韓国ネット激怒「日本の10億円は…」
https://www.recordchina.co.jp/b888587-s39-c100-d0191.html

0

時が来れば上手く  独り言





「大切なのは、決して不安になり過ぎない事。 全ての事は、時が来れば上手くいく」。これは米国の小説家、ヘンリー・ミラー(Henry Valentine Miller, 1891年12月26日 - 1980年6月7日)氏の名言。まるでミラー氏なりの「全ては時が解決してくれる」だが、つまりはそう言う事だと思う。しかしながら付け加えると、上手くいくキッカケを作るのも自身の想いだ。それがないと何も進まず、解決すらしないだろう。さてそのミラー氏だが、三島由紀夫氏に関し、作品や思想に対して一目を置いていたのか、1970年11月25日に三島氏が市ヶ谷の陸上自衛隊駐屯地に立てこもり、割腹自殺を遂げた事件についてのコメントを残している。曰く「三島は高度の知性に恵まれていた。その三島ともあろう人が、大衆の心を変えようと試みても無駄だということを認識していなかったのだろうか」。「かつて大衆の意識変革に成功した人はひとりもいない。アレクサンドロス大王も、ナポレオンも、仏陀も、イエスも、ソクラテスも、マルキオンも、その他ぼくの知るかぎりだれひとりとして、それには成功しなかった。人類の大多数は惰眠を貪っている。あらゆる歴史を通じて眠ってきたし、おそらく原子爆弾が人類を全滅させるときにもまだ眠ったままだろう」。「彼らを目ざめさせることはできない。大衆にむかって、知的に、平和的に、美しく生きよと命じても、無駄に終るだけだ」と。(Wikipediaより)文面から無念さを感じる。誰しも「なんでそこまで?」と思った事件だ。「かつて大衆の意識変革に成功した人はひとりもいない」とは要を得たコメントだ。

クリックすると元のサイズで表示します

つい頭から話が重くなってしまったので趣味の話でもしよう。小生の趣味は、元々はレコード鑑賞と写真だったが、写真の方は本職になってからはやめてしまった。(現在、廃業)それでレコード鑑賞が残ったのだが、こちらは現在、趣味にしているカセットデッキの修理には、とても役立つ。そのオーディオチェックのソースになるからだ。主に使うのはピアノ曲だが、最近は「オルガン曲もいいのかな?」とも思う。何せ重低音から超高音までのチェックが出来て回転ムラも然りだ。つまりそれがマトモに録音なり、再生が出来れば、大概のものは聴けるからだ。いつだったか古い話で恐縮だが、それは松任谷由実さんが荒井姓の時に行ったライブの事だ。会場がNHKホールだった事から、そこのパイプオルガンでライブの前奏曲として演奏された。これはNHK-FMで放送された、それを中学生の時分にサンヨーのラジカセで録音をしたテープが在るのだが、かなり残念な事になった。テープもスタンダードタイプなので尚更だ。それで今更ながら、YouTube で見つけて、ようやくマトモな状態で聴けたのだが、これがオーディオチェックのソースには最適なのだ。そこでそんな事が浮かんだ次第だ。早速、カセットデッキの調整に使ってみよう。現在ならば、それなりの知識も在るし、機材も遥かにマシだろう。高級テープを使って録音でもしたいものだ。

さて未だに猛威を振るう武漢肺炎ウイルスだが、当初の武漢株から2年も経過すると、その変異株の特性が変わるのは当たり前の話ではある。最近のそれは、確かに感染力は高いのだが、その変わりに死亡リスクは減っており、今となっては風邪扱いにしても良い位だ。(実際に風邪でも死ぬのだ。)そこで英国やデンマークでは風邪扱いにしたのだが、問題は何処に基準を置くかに掛かるだろう。その節目を計るのが政府の役目だが、日本の政府は「どうするやら?」と気掛かりではある。現総理には、その決断力はあるだろうか?しかしながら散々見てきた風見鶏振りには呆れた事もあり、大体の予想はつく。

来月から規制全面解除 新型コロナ「危険と分類せず」―デンマーク
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022012601123&g=int
“アベノマスク”に2億8000万枚の希望 安倍元首相が明らかに
https://news.yahoo.co.jp/articles/789022a67f0b7ba35003b9e0d6ce81ab447006be
菅直人元首相は「見識ない議員」 国民・玉木代表、「ヒトラー」投稿に不快感あらわ
https://news.yahoo.co.jp/articles/05c0d8473bda8cf0b8df363fb64362052a3a3bb7
「日々の矛盾や疑問寄せて」 立憲が参院選公約を一般公募へ
https://mainichi.jp/articles/20220127/k00/00m/010/080000c

クリックすると元のサイズで表示します

此処で野党の話だが、ネットでは何かと「国民民主党」を偽保守扱いだ。実は、その代表の玉木雄一郎氏も結構、風見鶏だった。だが、共産党との決別を境に政党の方向性は定まった感がある。そこで野党の存在意義について、その玉木代表が、こんな事を言っていた。曰く「ただ、相手をおとしめて何かをやっていくという政治手法そのものが、私は、我が党の考え方とは相いれませんし、そういう政治は結果として誰も幸せにしないと思いますので、世界の中で今、まん延しつつある、相手を強い、ときに汚い言葉で罵りながら、自らを上げていくような、そういったやり方や手法から我々は一線を画したい」と。これは元総理の菅直人氏がtweetして騒動になっている「ヒトラー発言」についてだが、そこまで言えれば立派なものだ。どうも現政府が、あんな状態では、その受け皿になる政党が必要になる。だがこの調子ならば、何とかなりそうである。片や立憲民主党は「日々の矛盾や疑問寄せて」と、参院選公約を一般公募するそうだ。こんな政党なんぞ潰れてしまえ。選挙公約すら決められない政党なんぞは要らないのだ。

0

この世での一番の宝探し  独り言



人気ブログランキングへ 

「この世での一番の宝探しは、人との出会いだと思った」。これは2006年4月17日から6月26日まで(毎週月曜日21:00 - 21:54)にフジテレビ系の「月9」枠で放送されたテレビドラマ「トップキャスター」での台詞。その誰が言ったかは既に記憶の外だが、言うべき事は解る。だから一々説明をするのも野暮と言うものだ。さて昨日は、まるで夢でも見ているかの如く、仕事等も、全てが破綻なく進んだ1日だったが、こんな事は一年に何回かある程度だろう。そんな1日だった。こんな話の枕だが、時事ネタも大したものはない。そこで趣味の話だ。こちらは相変わらずのカセットデッキだが、片やモーター、片や走行系のパーツ交換とレベル調整だ。それはメインにするPioneer「CT-400M(1979年製造)」の件だが、やはりテープにより、バイアスやら録音と再生音量のレベル調整が必要なようだ。元々が古いカセットデッキなので当時のスタンダードに合わせてあるのだが、しかしながら主に使うテープは、どんどん高性能テープが発売されたオーディオブーム真っ最中の時代の物ばかりだ。そこで、それ(バイアスも深めの高性能テープ)に合わさなければならない。(今日辺りからやってみよう。)それとまだ解決をしていないのが、何となく(聴覚上)感じるフラッター(回転ムラ)だ。しかしこれ、レベルメーターを見る限りではピタリとブレずに針を指す。つまりかなり細かいフラッターなのだ。そこで「もしや?」と思うのは、フライホイール軸のグリスが中途半端に乾いた事によるゴロの発生だ。なのでその辺の清掃もしてみよう。ちなみにピンチローラーは新品に交換済みだ。(しかし径が、やや小さいのが気掛かりではある。)ついオーディオ関連blogのようになってしまったが、これと言うのも時事への関心が薄いからだ。つまりそれだけ現政権に関しての関心も薄いのだ。それは与野党を含めて言える事だ。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなこんなだが「北京冬季五輪」が開催されるのは確実だ。然もコロナ禍の真っ只中でのデタラメ振りだ。(何せ、IOCのバッハ会長の銅像すら作る位だ。)だから各国の政治ボイコットも所詮は茶番で、米国とて政府関係者が行くのだから、バイデン政権とて、そんなものなのだ。(大体、大統領選挙での経緯自体がアレだ。)そんな中共政府だが、AFP通信によると「中国石油化工集団公司は25日、「当社の西北油田支社がタリム盆地に設置したメイン採掘井である『順北801X井』はこのほど、1日の原油採掘量が136.7トン、天然ガス採掘量が109万3000立方メートルに達する地層を発見した。順北8号断層帯は採掘潜在力が大きく、タリム盆地で新たな億トン級の石油・天然ガス田が発見されたことが分かった」と述べました」との事。思わず「そんな油田から億トン級の石油・天然ガス田が発見されたんだから尖閣(諸島)には、手を出すなや!」と言いたい位だ。新種株で騒ぐウイルスとて、その発生は中国武漢市ではないか?いつまで惚けるつもりだろう。

政府「佐渡島の金山」ユネスコに推薦する方向で調整
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f0cd07d347eef53ba54c4558f6be8278c0da268
新疆タリム盆地で億トン級の石油・天然ガス田が発見
https://www.afpbb.com/articles/-/3387092?act=all

クリックすると元のサイズで表示します

そうかと思えば、日本政府は「佐渡島の金山」をユネスコに推薦する方向で調整してるらしい。結局、韓国からのイチャモンを「一々相手にするな!」と総理OBや党内保守派から突っ込まれたからだが、現総理は、外務大臣時代には軍艦島の件で苦い経験もあり、怖気づいたのだろうが、もしや「韓国への配慮かな?」と思う節もあり、色々と信用ならん面もある。さっさと国を守れる人に総理の座を譲って頂きたいものだ。何もしていないのに報道機関が発表する内閣支持率が、異常に高いのも不可思議だ。早い話が利害関係が一致するのだろう。反日の連中と。

0




AutoPage最新お知らせ