力ある者  社会・政治



社会・政治blogランキング

業田良家(本名:武井伸彦 1958年 7月27日 -と言う漫画家が居る。その代表作に「自虐の詩」「空気人形」「機械仕掛けの愛」等が在るのだが、此処で紹介するのは『詩人ケン (Mag comics)』なる作品にある名言。曰く「名付ける者が力ある者なり」と。この言葉、何となく覚えがあると思ったら【ルカによる福音書1章】に似たような1節があった。それが49節の「力ある方が、/わたしに偉大なことをなさいましたから。その御名は尊く」なのだが、これはバプテスマのヨハネの誕生に関わるもので、つまりマリアがヨハネを身籠ったエリザベトを訪ねた時の事だ。そんな1節が漫画の台詞に使われている。その業田良家なる漫画家の作品は、絵柄を見れば「嗚呼、これか?」と思うものだが、それを「所詮、権力とはそう言うもの」と解釈するのも、ひとつの解釈だと思う。そんなものだ。昨日だったか?テレビで岸田内閣の支持率を日本テレビ系の番組で「66%」としていた。しかしながらこの内閣が別に何もしている訳でもなく、現在、ワクチンを国内に行き渡らせたのは、前任者の菅義偉氏の産物であって、それを担当大臣だった河野太郎氏が接種の段取りを付けた。つまり菅義偉氏が内閣総理大臣時代に米国政府と調整を付けた事から、現在のような流れが出来た。なのに読売新聞の世論調査では「内閣支持上昇66%、コロナ対策に高評価」てな記事が上がっている。そんな事はないだろう。この支持率はありえない。「どんな調査をしているのか?」と不審でならない。

異常に不支持率も低い。なんと22%だ。そのコロナ対応とて、全て後出しなのにどうしてだろう?その読売新聞による調査だが、外交については何故かスルーだ。実は日米関係にも、日中韓関係にしても無視だ。思えば他の新聞社や通信社も何故かそこには触れないのだ。思えば韓国は、そんな岸田内閣とてスルーだが、未だに米国とは首脳会談すら、電話会談位しかないのだ。然も就任当時だけだ。なのに何かと言えば、中共政府との協調を優先している。それもあるのか、今回のコロナ対策については、実はそれ関連の特亜や東南アジアからの入国制限が甘いからこその結果も含まれるのに、テレビ等の媒体では、やはり問題視はしない。驚いたのは、こんなに国内での感染者が爆発的に拡大をしているのに朝日新聞の記事によると『政府、国費留学生87人の新規入国認める コロナ防疫措置のうえで』てな事を宣う。その記事では「新型コロナウイルスの水際対策で制限している海外からの留学生の新規入国について、松野博一官房長官は17日の記者会見で国費留学生87人の入国を認めると発表した。卒業や修了まで1年未満で、入国できないことで卒業時に支障がでる懸念があり、必要な防疫措置などの受け入れ準備が整っている人が対象となる」との事。狂気の沙汰だ。思わず「だめだこりゃ!」だ。これこそ中共政府への配慮だろうが、こんな事ばかりをしているので、ソッチ寄りの媒体にもウケが良いのだろう。

内閣支持上昇66%、コロナ対策に高評価…読売世論調査
https://www.yomiuri.co.jp/election/yoron-chosa/20220116-OYT1T50118/
政府、国費留学生87人の新規入国認める コロナ防疫措置のうえで
https://www.asahi.com/articles/ASQ1K3RGFQ1KUTFK009.html
NHK字幕問題、BPOが放送倫理違反の審議対象にするかの討議開始
https://news.yahoo.co.jp/articles/e44c5bfe8f40e69684b3274339915167f5179cc2

クリックすると元のサイズで表示します

その中共政府寄りの媒体だが、代表的な処で日本放送協会(NHK)だ。朝日新聞の記事によると「昨年末に放送されたNHK・BS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」に、取材内容と異なる字幕が付けられた問題について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、審議の対象にするかどうか討議を始めた」との事。「それはどんな内容?」と気になるが、「番組は、映画監督の河瀬直美さんらが東京五輪の公式記録映画を製作する現場に密着。匿名の男性を映した場面で「五輪反対デモに参加している」「実はお金をもらって動員されていると打ち明けた」と字幕で説明した」。「しかし男性はNHKの取材に対しては「これまで複数のデモに参加して現金を受け取ったことがあり、五輪反対のデモにも参加してお金を受け取ろうという意向がある」と話していた、とNHKは説明。制作した大阪拠点放送局の角英夫局長や前田晃伸会長が13日、それぞれ会見で陳謝していた」との事。しかし「何故、事実について陳謝するの?」と不思議だ。そのBPOの「小町谷育子委員長は「なぜ不正確なテロップが出てしまったのか、現時点で分からないことが多いので、事実関係を把握したい」と話した」。との事だが、此処まではっきりしている事実を「何故、隠蔽したいの?」と思う。つまり「これをBPOが認める事を許さない」と言う事だ。これはBPOには都合の悪い事実なのだろう。その番組は大阪局での制作だったが、東京への対抗意識が大きいのか、独自の視線の番組がよく作られる。関西はどちらかと言えば朝鮮系だろうか?何せ京都の「パッチギ」だ。

0




AutoPage最新お知らせ