この世での一番の宝探し  独り言



人気ブログランキングへ 

「この世での一番の宝探しは、人との出会いだと思った」。これは2006年4月17日から6月26日まで(毎週月曜日21:00 - 21:54)にフジテレビ系の「月9」枠で放送されたテレビドラマ「トップキャスター」での台詞。その誰が言ったかは既に記憶の外だが、言うべき事は解る。だから一々説明をするのも野暮と言うものだ。さて昨日は、まるで夢でも見ているかの如く、仕事等も、全てが破綻なく進んだ1日だったが、こんな事は一年に何回かある程度だろう。そんな1日だった。こんな話の枕だが、時事ネタも大したものはない。そこで趣味の話だ。こちらは相変わらずのカセットデッキだが、片やモーター、片や走行系のパーツ交換とレベル調整だ。それはメインにするPioneer「CT-400M(1979年製造)」の件だが、やはりテープにより、バイアスやら録音と再生音量のレベル調整が必要なようだ。元々が古いカセットデッキなので当時のスタンダードに合わせてあるのだが、しかしながら主に使うテープは、どんどん高性能テープが発売されたオーディオブーム真っ最中の時代の物ばかりだ。そこで、それ(バイアスも深めの高性能テープ)に合わさなければならない。(今日辺りからやってみよう。)それとまだ解決をしていないのが、何となく(聴覚上)感じるフラッター(回転ムラ)だ。しかしこれ、レベルメーターを見る限りではピタリとブレずに針を指す。つまりかなり細かいフラッターなのだ。そこで「もしや?」と思うのは、フライホイール軸のグリスが中途半端に乾いた事によるゴロの発生だ。なのでその辺の清掃もしてみよう。ちなみにピンチローラーは新品に交換済みだ。(しかし径が、やや小さいのが気掛かりではある。)ついオーディオ関連blogのようになってしまったが、これと言うのも時事への関心が薄いからだ。つまりそれだけ現政権に関しての関心も薄いのだ。それは与野党を含めて言える事だ。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなこんなだが「北京冬季五輪」が開催されるのは確実だ。然もコロナ禍の真っ只中でのデタラメ振りだ。(何せ、IOCのバッハ会長の銅像すら作る位だ。)だから各国の政治ボイコットも所詮は茶番で、米国とて政府関係者が行くのだから、バイデン政権とて、そんなものなのだ。(大体、大統領選挙での経緯自体がアレだ。)そんな中共政府だが、AFP通信によると「中国石油化工集団公司は25日、「当社の西北油田支社がタリム盆地に設置したメイン採掘井である『順北801X井』はこのほど、1日の原油採掘量が136.7トン、天然ガス採掘量が109万3000立方メートルに達する地層を発見した。順北8号断層帯は採掘潜在力が大きく、タリム盆地で新たな億トン級の石油・天然ガス田が発見されたことが分かった」と述べました」との事。思わず「そんな油田から億トン級の石油・天然ガス田が発見されたんだから尖閣(諸島)には、手を出すなや!」と言いたい位だ。新種株で騒ぐウイルスとて、その発生は中国武漢市ではないか?いつまで惚けるつもりだろう。

政府「佐渡島の金山」ユネスコに推薦する方向で調整
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f0cd07d347eef53ba54c4558f6be8278c0da268
新疆タリム盆地で億トン級の石油・天然ガス田が発見
https://www.afpbb.com/articles/-/3387092?act=all

クリックすると元のサイズで表示します

そうかと思えば、日本政府は「佐渡島の金山」をユネスコに推薦する方向で調整してるらしい。結局、韓国からのイチャモンを「一々相手にするな!」と総理OBや党内保守派から突っ込まれたからだが、現総理は、外務大臣時代には軍艦島の件で苦い経験もあり、怖気づいたのだろうが、もしや「韓国への配慮かな?」と思う節もあり、色々と信用ならん面もある。さっさと国を守れる人に総理の座を譲って頂きたいものだ。何もしていないのに報道機関が発表する内閣支持率が、異常に高いのも不可思議だ。早い話が利害関係が一致するのだろう。反日の連中と。

0




AutoPage最新お知らせ