意地の悪い人の慰め  社会・政治



社会・政治blogランキング

「悪口は意地の悪い人の慰めである」。これはフランスの道徳主義者で随筆家のジョセフ・ジューベル(1754年〜1824年没(享年70歳)) ジョゼフ・モラリス氏の名言。まあ、その通りだろう。慰めとは佳く言ったものだ。この人ならではの嫌味だろう。さて明日は休みなので、Lo-Dのカセットデッキのレベル調整を終わらせようとは思うが、折角、ヤフオクで落札したVictorとTechnicsの1976年頃のカセットデッキの修理点検が進んでいない。しかし此処は、慌てず慎重に順番を決めて進める事としよう。そんな予定だ。昨夜、帰宅後にLo-Dの方を仕上げようとスイッチを入れたら突然、モーターが暴走した。どうやら後付けした抵抗がモーターに干渉しているらしい。それでゴムでホールドしたら、簡単に直ってしまった。今日は帰宅後に時間があったら“レベル調整でも”とは思うが体力次第だ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

またどうでもいい話題から始まったが、政治関連に関しては、どうも現内閣が不甲斐なく、だからと言って、野党があんなでは受け皿にもならない。一時は維新の会に期待を寄せたが、最近は首を傾げるような事が続き、もう少し、この政党の実態を「観察してみようか?」てな状態。となれば「国内民主党かな?」とも思うが、代表の玉木雄一郎氏がブレやすく、それさえ無ければ「支持してもいいかな?」とは思っている。その特色だが、一応は、穏健保守からリベラルまでを包摂する改革中道政党のようだ。(実は当初は「維新の会」も、そんな政党だと思い、支持をしようと思ったのだが、大阪市がヘイト条例を可決してからは意識が変わった。どうも一方的に日本人を取り締まらないと駄目なようだ。)それにしても現内閣の外交面での不甲斐なさにはガッカリだ。そう危惧するのも、総理の岸田氏が外務大臣だった時の仕事振りが「なんだかな?」だったからだ。(大きな失態も晒している。)連日のニュースが示すようにウクライナ有事の真っ最中だ。そのロシアは、御存知の通り北方領土問題がある。

そんな事から決してウクライナの件は「対岸の火事」ではないのだ。北海道民も、だからこそ他人事だと思わないでほしい。明日の事までは解らないからだ。突然、ロシアからミサイルが飛んでこないとも限らない。と言うのも、既にロシア議会では示唆をしているからだ。そこで最近の元首相の安倍晋三氏が各地の講演で行っている発言を取り上げよう。東京新聞が「「核共有」「防衛費倍増」「日銀は子会社」…安倍元首相の相次ぐ持論発信に党内から戸惑いの声」と題した記事がある。箇条書きだが、並べると、こんな感じだ。

「安倍元首相の最近の主な発言」

【防衛費】
「防衛費 GDP比2%は、5年くらいで達成していく目標を示していくことが大切だ」 (2022年4月21日、安倍派の会合で)

【敵基地攻撃】
「中枢を攻撃することも含むべきだ」 ( 22年4月3日、山口市内での講演で)

【核共有】
「日本は非核三原則があるが、 世界はどのように安全が守られているのかという現実について議論していくことをタブー視してはならない」 (22年2月 27日、フジテレビ番組で)

【防衛】
予算のための国債発行「道路や橋は次世代にインフラを届けていく 「建設国債」が認められている。 防衛予算は次世代に国や祖国を残していく」 (22年4月14日、安倍派の会合で)

【憲法】
「今こそ9条は議論してもらいたい」 (22年4月21日、都内の講演で)


クリックすると元のサイズで表示します

以上だが、とてもマトモな事を言っている。思わず「その何処が問題?」と言いたい位だ。だが東京新聞の村上一樹記者は、その記事の〆で「法政大の山口二郎教授(政治学)は安倍氏が政府や自民党を軍事的強硬路線に引っ張る役割を果たしていると指摘。ハト派の派閥「宏池会」を率いる首相は穏健派とされていたが「自民党の政治の本質は全く変わっていない」と批判した」。としているが、それで「自民党の政治の本質は全く変わっていない」とは、辻褄が合わない。「今までそうだったのか?」と。寧ろ親中で国防すら蔑ろにしていた国政だったのではなかろうか?それこそ「何を今更?」だ。その安倍元総理も「何故それを在任中に言わない?」なんて批判もあるが、思想はあまり変わっていない。何かと言うと安保理に関しては、特定野党や各社媒体から批判をされていたではないか?

「核共有」「防衛費倍増」「日銀は子会社」…安倍元首相の相次ぐ持論発信に党内から戸惑いの声
https://www.tokyo-np.co.jp/article/177518
【速報】麻生副総裁「ロシアが東の北海道に行かない保証ない」
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-361994
フランスで公共放送受信料の撤廃へ、マクロン大統領が選挙時の公約果たす(BBCに続き...狭まる“NHK包囲網”)
https://sakisiru.jp/27604

0




AutoPage最新お知らせ