幻想に憑りつかれて  独り言




人気ブログランキングへ 

「若い女子に悲しみを感じるのは無駄な事だ。彼女らは、今幻滅を感じているかと思えば、その次の瞬間には幻想に憑りつかれている」。これはフランスの作家で、コレット (Colette) と言うペンネームで活動。「性の解放」を叫び、同性も対象とした華麗な恋愛遍歴で有名だったガブリエル・コレット( (Sidonie-Gabrielle Colette, 1873年1月28日 - 1954年8月3日) なる御仁の名言。まるで「女心は秋の空」だが、何処の国でも似たような考えはあるものだ。さて昨日は自分の用事やら家の用事やらで、大して自身の事は進んではいない。カセットデッキのレベル調整を再チェックした程度だ。古いテープを整理するのに、そんなテープからデジタルデータを取っているが、それでもアナログテープに残す必要があるので結局は、アナログテープを買っている。そうして残しておくと、デジタルデータの保護になる。些か面倒なようだが、実際にデジタルデータがエラーを起こして出力が出来なくなった事は何度もあるので、やはりそうする。そんなこんなで観れなくなったり、聴けなくなったものは結構あるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

現在の仁左衛門が十五代を襲名したおりに『勧進帳』で富樫を演じた事があったが、これ程まで見た目も美しく、充実した富樫は、そうザラに観れない程の名演技だったのだが、それを録画したDVDが突然、再生不能になり、残念な思いをした経験がある。(此処でその舞台の感想を述べるとキリがないのでやめておくが、)そんな事もあるのだ。そこでYouTubeにでも上げてくれる「奇特な方でも、いらっしゃらないか?」と待ってはいるのだが、そこでは現海老蔵と團十郎の親子共演のものばかりで観る気も失せる。(海老蔵襲名披露時のものだ。)なのでそれ以来は「幻の勧進帳」になってしまった。だから「そんな想いはもうしたくない」と言う事で、バックアップを常に取る事にした。そう言う事なのだ。だが最近の歌舞伎はあまり興味はない。だから成田屋さんの襲名に関してもそうで、十二代目さえ、その大名跡の型が定まらなかったのに、現在の十一代目(海老蔵)が十三代目を襲名するのは反対だ。その海老蔵さんと言えば、身から出た錆で、そこも問題視をされているが、それを差し引いても、まだ團十郎襲名には、演技や格も無さ過ぎる。勿論、格は素行面だ。然も海老蔵の名跡にさえも及ばないのに、そこを飛び越えてはいけない。と思うのも『團菊左』が不在の時代も(過去に)あったので、令和の世になったからと言って、無理に襲名をさせるのは本人の為にはならないと思う。松竹も、その辺の事位は解ってほしいが、「背に腹はかえられぬ」と言う事か?ネットでもなければ、この人の素行も知らずにいられたのだろうが、私生活も荒事ではガッカリである。

さて最近は、此方のblogでも韓国を話題にする事も大して無いが、今や米国にも見限られては、世論上、自然と国際的にも見限られても当然だろう。何せ日本とて、あの岸田総理でさえも「非常に厳しい日韓関係を健全な関係に戻すために尽力してほしい」と韓国新大統領の尹錫悦氏に言う始末である。これは、28日夜(日本時間29日未明)にマドリードで開かれたスペイン国王主催の晩餐会での事だった。日韓関係も、既に終わったようなものだろう。(記事元:読売新聞)それにしても韓国政府は物事の本質さえも理解していない。朝鮮日報によると「韓日関係最大の懸案である日帝時代の強制動員賠償問題の解決のため、韓国政府が300億ウォン(現在のレートで約32億円。以下同じ)台の韓日共同基金の設立など、さまざまな案を検討していることが28日までに分かった」とある。そこで「今更なんだ?」と思ったのが「韓日共同基金の設立」だ。だからそこは「1965年の『日韓請求権協』で終結したんだよ」と。恐らくその案は過去に慰安婦問題でごねた時の「アジア女性基金」等が元ネタだろうが、いけしゃあしゃあと「何を言いやがる」だ。だから「決めた事をサッサと履行しなさい」としか言いようがないのだ。

韓国大統領「参院選後に懸案を早急に解決」…日韓首脳、初めて対面しあいさつ
https://news.yahoo.co.jp/articles/5703e39ba38705c9a91de5df90fdbac72b1d08d1
徴用問題を話し合う民官協議会、韓日企業が参加する共同基金の設立を検討
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/29/2022062980003.html
ノルク握手?ユン・バイデン、夕食会の挨拶はどうだった
https://n.news.naver.com/mnews/article/023/0003700507?sid=100

0

店の方を空っぽにしておく商人  社会・経済



社会・経済 ブログランキングへ

「学問のある女性の大抵は、商品を全部ショーウインドウに並べて、店の方を空っぽにしておく商人に似ている」。これはオーストリアの歴史家(中世史)であるオットー・ライクスナー(Otto Brunner、1898年4月21日 - 1982年6月12日)氏の名言。そこで気になるのが「学門のある」との下りだ。一見、皮肉のようにも取れる。つまり良く言えば策略家であり、悪く言えば何も考えていないとも取れる。その解釈も千差万別だが、小生は前者を取りたい。さて今日は休みだが、午前中は用事があり、帰宅後は母が用事で出掛けるので、父の介護である、なので分解したプッシュスイッチの修理は後回しだ。ちなみにそれは先日少し調べたのだが、バネが弱っており、どうやら買い換えが必要なようである。在庫のバネに同じサイズの物が無いか探してみよう。そこで「巷では?」だが、まだコロナ禍ではある。しかし当初とは、全く環境が違うので「実は既に終息しているのかも?」なんて事を思ってみたりする。その最中に岸田総理は外交の真っ最中だが、また海外に金をばら蒔くだけの外交だ。それを国内で使えば良いとは思うが、そのお金に関しても、在住外国人には手厚く、当の国民からは逆に接収する。これじゃあまるで植民地である。当然、国民は痩せ衰える。電気不足の為にこんな措置が取られた。一定の節電家庭に「2000円相当ポイント支給検討」だなんて下らない事を官房副長官が言っていた。思わず「そんな事よりも」と呆れてしまった。なんでこんなに姑息なのだろう?これが外国の国の話ならば、無視しても良いが、国民には死活問題ではそんな呑気な事は言ってられない。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしてもだが、たぶん少子高齢化対策の答えは、政府が解っていながら知らんぷりをしているだけだと思う。つまり知ってて傍観しながら、そこで使う予算を他に廻しているのだ。勿論、策もある。外国人研修生制度を見よ。国民の雇用が悪化する原因でもあるのに、何故、そこを外国人に頼る?おまけに審査もガバガバなのだ。奨学金の考えにその意図が見える。元来、奨学金制度と言うものは勉強なり、したいのに出来ない層に援助をするものだ。しかし今や日本人には貸し付け。外国人には額面通りの援助で返済の必要がない。そんな考えだから生活保護まで変な方向になっている。在住外国人には条件が低く、日本の国民には厳しい。つまり頼れる身内が居れば、そちらに頼れと言う。しかしその身内が手一杯ならばどうなる?それで餓死する国民が居る。その一方で更に権利を求める外国人が居る。結局はそこだ。(しかし共産党員が身内に居れば、何故か簡単に通る。父の知り合いがそうだった。)そんな感じなので庶民層の暮らしは本当に苦しい。それにしても何故、バブル前の水準に経済を戻せないのだろう?だがその疑問も、その間に出来た数々の制度のデタラメさに「政府は国家を潰すつもりか?」と怒りを禁じ得ない。何が観光大国だ。その前に日本の技術が海外に流出しない制度を作れ。『技術大国』だった時代と現在を比較し、名にかと言えば「多様化」と言う言葉で「時代が違う」と片付けるが、答えにもなってはいない。これこそ支離滅裂だ。小生がしている趣味は、オーディオ全盛期のカセットデッキの修理だが、その時代の日本の工業レベルは素晴らしいかった事を改めて認めざるを得ない。「それが今や?」である。とても悲しい。

官房副長官 一定の節電家庭に「2000円相当ポイント支給検討」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220624/k10013686531000.html
「領土は実効支配されたら返ってきやしません」自民・高市氏 [自民] [参院選2022]:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASQ6S75XHQ6SUTFK025.html
「国際社会はのぼせ上がった日本に冷や水浴びせる必要がある」と中国共産党系紙
https://www.recordchina.co.jp/b896477-s25-c100-d0059.html
ほんこん @hong2010kong
https://twitter.com/hong2010kong/status/1539839824269832193?s=09

0

凶暴性や利己的な考え  社会・政治



社会・政治blogランキング

「昔ね、俺の凶暴性や利己的な考えを恐れた馬鹿な医者どもが、俺を分析したんだよ」。「ミステリー小説の謎を解くような、嬉しそうな顔をして!何か昔にあったんじゃないか、悪い影響を与えるものに触れたんじゃないかって、無い頭で一生懸命に推理してたなぁ!まったくくだらない」。「片っ端からバラバラにしてやりたかったよ!」。これは漫画『ソウルイーター』の登場人物、シュタイン博士の御言葉。これこそが疑心暗鬼だろう。つまり何でも勘繰るのも、それを証明するものがないと決めて掛かるのは危険なのだ。陰謀論なんてものは特にそうだ。しかしながら疑うべきものが明らさまにある場合は別で、その場合は疑問点の点と点を線で繋げて考える必要があるだろう。だがそこにオカルト的な思い込みは不要だ。武漢肺炎ウイルスに関しては、反ワクチン派とワクチン肯定派に、それが言えるだろう。実は昨日、日本経済についても取り上げたかったのだが、そこまでは及ばなかった。その前に参議院選挙について触れよう。朝日新聞が、まだ結果も出ていないのに「自民党圧勝!」なんて記事を上げた。これは結果を示す事で投票率を下げるのが目的だろうか?確かにそうなれば、固定票が優先される。なので「そこが狙いだろう?」てな穿った考えも浮かぶ。特に今回は、新興政党も幾つか在るので、そこがどうなるのかも興味がある。それだけ万年与党の「自由民主党」が飽きられてきているのだ。そんな時に本来ならば、与党経験のある民主党が、あの失政の後始末さえ、きちんと出来ていれば、そこそこまで政治的にも成熟した政党に成長をしたのだろうが、結局は政局に明け暮れ、「もりかけ」「桜」で自民党を倒す筈が、それで国民から見限られてしまった。おまけにテレビでも連日、朝から晩までやらかしていたので、その結果は逆効果だった。何だかソッチ系は前後の見境がないようだ。そして今や分裂。「立憲民主党」と「国民民主党」に袂を分けたのだ。おまけにその立憲民主党が共産党と共闘した為、(民主党政権が、本当に悪夢だった事を体感した国民からは見捨てられ)散々好き勝手やっていたツケを払っている。なので今や存続の危機であり、これこそ自業自得だ。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし自民党も笑ってはいられない。国民は「悪夢の民主党政権」で懲りて、左翼アレルギーなのだ。だから安倍内閣時も菅義偉内閣でも、親中派丸出しの二階幹事長(当時)が批判されたし、挙ってその状態の岸田内閣の評判も冴えない。然も評価がテレビや新聞等のオールドメディアとネットでは、180度も違えば、国民もいい加減に勘づくと言うものだ。姑息な手は、もう国民にはバレバレなのだ。そこでネットでは評価が高い「参政党」と「日本改革党」だが、このような中道保守の政党が浮上するのも、この時代故か?ちなみに「参政党」は反ワクチン派だが、その主張には些かオカルト的な思想があり、非科学的な主張ばかりをしていると、折角、有望視をされているのに、足元をすくわれる可能性がある。確かに小生、「参政党」には有望視をしているものの、武漢肺炎ウイルスの予防に関しては、非科学的で、これでは「御題目さえ唱えていれば、幸せになれる」と言っている宗教団体と大して変わりないのだ。オカルト論と言うのは、個人的に思うのは勝手だが、集団となると、とても危険だ。なので反ワクチンに関しても、「もしや?」と言う観点から物事を掘り下げるべきで、「何故、ワクチンの接種が始まってから原因不明の死亡率が上がっているのだろう?」てな疑問から、話を拡げてくれた方が解りやすい。賛同者を増やす事は地道な苦労だが、そこを飛び越えてはいけない。只の危ない人になってしまう。後は参議院選挙と言えば、芸能人の立候補だが、それが単なる票集めなのもバレバレで、然も国民は既に呆れて興味すらないのを与野党は、共に知るべきだ。そんな時代ではないのだ。国民は政治に有能な人物を望んでいる。

参院選の獲得議席、自民の圧勝が濃厚 野党第1党が維新に変わる転換点に?
https://dot.asahi.com/aera/2022053100018.html
立憲・福山氏vs.維新新人は野党第一党をかけた戦い 参院選の大激戦3選挙区を追う 〈dot.〉
https://news.yahoo.co.jp/articles/a64574772750c1ef53605d24ee79e349ef7b6ff2
杉村太蔵 “賃金を上げる”公約に「どうやってやるの?って聞きたい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f2ed4085b17ffb8c05c9eb7bc13bade4b9a8b7d
「ウトロ住民の要求に抗議、30億円減らした」全国比例・西村ひとし氏が宇治市役所・朝鮮総連跡地で演説 |日章新聞
https://www.nisho.biz/post/0406222216
元おニャン子生稲晃子氏を励ます会に城之内早苗登場「小金井市が私の原点。当選の花を」 - 社会 : 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/202206030001455_m.html?mode=all
反ワクチン政党に震える取材記者、マークする公安 | 週刊文春 電子版
https://bunshun.jp/denshiban/articles/b3371
梓まり新党くにもり千葉代表 @azutarou3
https://twitter.com/azutarou3/status/1541025954465992705?s=09

クリックすると元のサイズで表示します

さて経済だが、現総理が、自民党総裁選で掲げた「令和版 所得倍増計画」は結果、言いっぱなしで、その担当大臣が就任早々に否定をした為に、何の意味を為さない計画になった。しかし批判されると「資産所得税倍増プラン」と言い換えた。この感覚のズレが酷い。そんな投資信託の話よりも、単純に国民は所得を充実させたいだけだ。そこで元衆院議員でタレントの杉村太蔵氏が、22日放送のテレビ朝日「大下容子ワイド!スクランブル」で、こう言った。「賃金を上げるっていう政治家の公約ほど、“どうやってやるの?”って聞きたい」とコメント。続けて「皆さん働いてお給料もらっている」とした上で、「そこの会社の経営陣とあなたとで、納得しているかはさておき“これくらい払うので働いて下さい”。“それくらいもらえるなら働きましょう”と。これ自由主義で、岸田さんがなんぼ言ったってそこに介入しようがない」と。(記事元:スポニチ)そりゃそうだ。

0




AutoPage最新お知らせ