最後の審判  ブログ



人気ブログランキングへ 



ネットでは、フジテレビの昨年末大晦日の瞬間視聴率が0%だった事が余程の事だったのか、話題に

なっているようだ。しかしこれは結果論だ。何故なら「フジテレビ=ライオン」デモ行進に発展した時点

で充分に危惧すべき案件であり、今更そうなっても自業自得としか言いようがない。だがこの案件に

ついては言及する気はない。精々「株主総会で責められるだろうな?」としか言えない。諦めなさい。

大沢樹生氏の子息のDNAが不一致した件も話題になっている。しかしこれは「余計な御世話」だろう。

リークは女性自身である。どうせ奥様向けの暇潰し週刊誌だ。やる事は汚くても当たり前だ。そんな

週刊誌だ。だからこの案件へのコメントも馬鹿馬鹿しい。「韓国の反日は嘘だ。」との記事も発見した。

これは女性セブンである。これも領事館前のデモに参加する人は同じ顔触ればかりと記事では指摘を

している。だがそれとてどうでもいい。私は商売で韓国人に関わった事が在ったが、その案件を一々

書き出すのも憂鬱になる程懲りた。後は何か在ったか?麻生財務相が安倍首相の靖国参拝について、

中国と韓国との関係悪化は今更で今回の靖国参拝なんてなくても以前から悪いと発言していたのだが、

その件に関しての異論はない。頭を下げるのは外交ではない。ようやく自国の主張を通す、日本の姿

が此処にある。確かに自己犠牲外交で得られるものなんて、何もないのだ。思えば戦後に日本が結ん

だ条約の殆どは、自己犠牲条約である。だがそれで解決した案件はなく、日韓基本条約の結果がアレ

なら譲歩するのも馬鹿馬鹿しい。テキサス親父で知られるトニー・マラーノ氏が起こしたカリフォルニア州

グレンデール市に建立された従軍慰安婦像撤去に関するホワイトハウスへの署名運動なのだが既に

10万件を越えて米国政府に嘆願出来る条件が整ったそうだ。実は韓国の市民グループがやっている

事は米国の古傷を晒し、旧連合国の意図を晒す事になり、結局は韓国に跳ね返る事案なのに理解して

いない。そろそろ旧連合国にも「最後の審判」が下る時代だとも考えられるのだが如何なものか?

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ